シティボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティボーイズ
メンバー 大竹まこときたろう斉木しげる
結成年 1979年
事務所 ASH&Dコーポレーション
活動時期 1979年 -
出身 劇団「表現劇場」
出会い 俳優小劇場付属養成所
現在の活動状況 舞台
芸種 コント
過去の代表番組 知ってドーするの!?
同期 風間杜夫
公式サイト 公式HPトップ
受賞歴
1983年お笑いスター誕生!!10週勝ち抜きグランプリ獲得
1986年第6回花王名人大賞最優秀新人賞
テンプレートを表示

シティボーイズは、大竹まこときたろう斉木しげるの3人で構成するコントユニットである。1979年結成。ASH&Dコーポレーション所属(デビュー当初はプロダクション人力舎)。

メンバー[編集]

   1949年5月22日- 双子座・A型

   1949年11月18日- 蠍座・O型

   1948年8月25日- 乙女座・O型

サポートメンバー

来歴[編集]

劇団「表現劇場」のメンバーだった3人で1979年に結成。当時の劇団仲間には風間杜夫がいる。名前の由来はつかこうへい劇団にあった野球チームである[1]

1981年から『お笑いスター誕生!!』に出場し、10週勝ち抜きでグランプリを獲得したことで知名度が上がり、各方面で活躍することになる。各々のソロ活動については、それぞれ各人の記事にて説明されているためそちらを参照のこと。

近年は個人の活動が多いが、毎年ゴールデンウィーク前後に舞台公演(コントライブ)を行っている。この舞台公演には中村有志がほぼ毎年参加しているほか、親交の深いいとうせいこうなどさまざまゲストを迎えている。また2000年までは三木聡が常に演出をしていた。最後の2000年に舞台と共に上映した「まぬけの殻」は三木の初映像作品である。

コントの内容は、不条理性を中心に据えたものから、社会状況を風刺したものまで幅広い。後者に分類されるものとしては、殺人事件の犯人の容疑者として逮捕された人間に退去を迫る団地住人や、暴れる犯人から逃げた警官の逃避行を描くものなどが挙げられる(しかし、彼らが"実際に起きた事件"をそのまま題材にするのは非常に珍しい例である)。

これらのライブは、WOWOWがテレビ放送を行っている(生放送の場合もあれば、録画放送の場合もある)。地上波のテレビ番組より表現内容がシビアであり、発言内容に一部ノイズが乗せられることも多い(具体例として、商品名や放送コードにかかるようなものなど)。しかしながら、地上波では放送できない内容のコントが放送されることは多い。

舞台公演(定例)[編集]

  • シティボーイズ・ショー 思想のない演劇よりもそそうのないコント!!

(1983年1月22日、会場:渋谷ジァン・ジァン) 

  • シティボーイズ・ショー シティBの他ではできない大人の遊び、Adult Shopping

(1983年5月8日、会場:渋谷ジァン・ジァン)

  • シティボーイズ・ショー 照れ屋の宮沢くん

(1983年9月4日、会場:渋谷ジァン・ジァン)

  • シティボーイズ・ショー おおいばりの宮沢君

(1984年1月18日・19日、会場:渋谷ジァンジァン)

  • シティボーイズ・ショー ハワイの宮沢君

(1984年5月18日・19日、会場:渋谷 ジァンジァン)

  • シティボーイズ・ショー コズミックダンスへの招待

(1984年12月17日・18日・19日、会場:渋谷 ジァンジァン、1985年2月22日、会場:大阪なんばプランタン・フォーラムエイトホール)

  • シティボーイズ・ショー サイバワーで、ゴー!ゴー!ゴー!

(1985年4月19日・20日・21日、会場:渋谷 ジァンジァン)

  • 『スチャダラ』1986年・2月公演
  • 『未知の贈り物』1986年・11月公演
  • 『亜熱帯の人』1987年・6月公演
  • 『コズミックダンスへの招待・REMIX』1987年・12月公演
  • 『最後の正月』1988年・12月公演
  • シティボーイズ・ライブ1989年公演『さまよえるオランダ人』
    演出:三木聡
  • シティボーイズ・ライブ1989年公演『サイパン』
    演出:三木聡
  • シティボーイズ・ライブ1990年公演『ワニの民』
    演出:三木聡
  • シティボーイズ・ライブ1991年公演『14Cの記憶』
    演出:三木聡
  • シティボーイズ・ライブ1992年公演『鍵のないトイレ』
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    音楽:小西康陽ピチカート・ファイヴ
  • シティボーイズ・ライブ1993年公演『愚者の代弁者、西へ』
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    音楽:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
  • シティボーイズ・ライブ1994年公演『ゴム脳市場』
    ゲスト:布施絵里大堀浩一藤岡太郎、グリマンデル、工事現場2号
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    音楽:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
  • シティボーイズ・ライブ1995年公演『愚者の代弁者、うっかり東へ』
    ゲスト:中村有志いとうせいこう
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    テーマ曲:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
    音楽:Fantastic Plastic Machine
  • シティボーイズ・ライブ1996年公演『丈夫な足場』
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ、中村有志、いとうせいこう
    音楽:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演『NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ』
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ、中村有志、いとうせいこう
    音楽:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)、Fantastic Plastic Machine、LOUIS PHILIPPE ほか
    演出助手:大野慶助久留蝶丸
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演『真空報告官ピー(P)』
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ、中村有志、いとうせいこう
    音楽:金子隆博BIG HORNS BEE
    演出助手:鈴木隆信本田久就
  • シティボーイズ・ライブ1999年公演『夏への無意識』
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    音楽:小西康陽(ピチカート・ファイヴ)
    演出補:大野慶助
    演出助手:鈴木隆信、本田久就
  • シティボーイズ ライブ 2000年公演『ウルトラシオシオハイミナール 』
    ゲスト:野宮真貴(ピチカート・ファイヴ)、本田久就
    演出:三木聡
    作:三木聡、シティボーイズ
    音楽:LOUIS PHILIPPE、皆川勝
    演出助手:坪田塁金井純一
  • シティボーイズミックス Presents『ラ ハッスル きのこショー』(2001年)
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう
    作・演出:坪田塁
    作:細川徹、シティボーイズ、中村有志、いとうせいこう
    音楽:小椋悟
    選曲:坪田塁、いとうせいこう
  • シティボーイズミックス PRESENTS『パパ・センプリチータ』(2002年)
    ゲスト:中村有志、犬山犬子
    作・演出:坪田塁
    作:細川徹、会沢展年丸二祐亮、シティボーイズ、中村有志
    音楽:石野卓球
    映像監督:中野裕之
  • シティボーイズミックス PRESENTS『NOTA 〜恙無き限界ワルツ〜』(2003年)
    ゲスト:中村有志、YOU五月女ケイ子
    作・演出:細川徹
    作:坪田塁、丸二祐亮、シティボーイズ、中村有志
    音楽:西寺郷太NONA REEVES
  • シティボーイズミックス PRESENTS『だめな人の前をメザシを持って移動中』(2004年)
    ゲスト:中村有志、チョップリン
    作・演出:細川徹
    作:坪田塁、丸二祐亮、シティボーイズ、中村有志
    音楽:PE'Z
    映像監督:番場秀一
  • シティボーイズミックス PRESENTS『メンタル三兄弟の恋』(2005年)
    ゲスト:中村有志、のろま会
    演出:細川徹
    音楽:金子隆博(BIG HORNS BEE)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『マンドラゴラの降る沼』(2006年)
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう、銀粉蝶
    作・演出:細川徹
    作:丸二祐亮、平元建太、シティボーイズ、中村有志
    作・構成:いとうせいこう
    音楽:SHINCO(スチャダラパー
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『モーゴの人々』 (2007年)
    ゲスト:中村有志、大森博史ムロツヨシ
    作・演出:細川徹
    作:シティボーイズ、中村有志
    プロットアシスタント:丸二祐亮、平元建太
    音楽プロデュース:坂口修
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『オペレッタ ロータスとピエーレ』 (2008年)
    ゲスト:中村有志、ピエール瀧
    作・演出:細川徹
    脚本補:本田久就、丸二祐亮
    音楽:TUCKER
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『そこで黄金のキッス』 (2009年)
    ゲスト:中村有志、細川徹、ふじきみつ彦春山優
    演出:細川徹
    作:細川徹、ふじきみつ彦、シティボーイズ、中村有志
    音楽:カジヒデキ
    ポスター・フライヤーデザイン:ON
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『10月突然大豆のごとく』 (2010年)
    ゲスト:中村有志、高佐一慈・尾関高文(ザ・ギース)、飛永翼・大水洋介(ラバーガール
    演出:細川徹
    作:細川徹、ふじきみつ彦、向田邦彦、シティボーイズ、中村有志
    音楽:沖井礼二FROG
    ポスター・フライヤーデザイン:ON
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『動かない蟻』(2011年)
    ゲスト:中村有志、辺見えみり荒川良々
    作・演出:天久聖一
    音楽:坂口修
    ポスター・フライヤーデザイン:ON
  • シティボーイズミックス PRESENTS 『西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』(2013年)
    ゲスト:中村有志、いとうせいこう、戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)、笠木泉
    作・演出:宮沢章夫
    音楽:高田漣
    映像:高橋啓祐ニブロール

舞台公演(その他)[編集]

映画上映・トークショー[編集]

  • まぬけの殻」(2000年の舞台の後放映された映画)
    監督:三木聡
  • シティボーイズのFilm noir〜トーク祭り〜」(2010年5月・7月24日-8月6日)
    上映作品
    • 「マジメくん」(監督:福田雄一
    • 「俺の切腹」(監督:沖田修一
    • 「ダーク オン ダーク」(監督:大竹まこと)
    • (おまけ)「ドキュメント中村有志」(監督:きたろう)

ディナーショー[編集]

テレビ[編集]

ほか多数

CM[編集]

ビデオ[編集]

CD[編集]

  • 20世紀のシティボーイズ 〜20th Century cityboys〜 (2005年3月9日、PSC International)
    1992年から2000年までの定例公演のサウンドトラック集。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山中伊知郎『テレビお笑いタレント史』(ソフトバンククリエイティブ

外部リンク[編集]