六本木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 港区 > 六本木
六本木
—  町丁  —
六本木の風景
六本木の位置
六本木
六本木の位置
座標: 北緯35度39分46.21秒 東経139度43分53.19秒 / 北緯35.6628361度 東経139.7314417度 / 35.6628361; 139.7314417
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Minato, Tokyo.svg 港区
地区 麻布
人口 (2014年(平成26年)6月1日現在)[1]
 - 計 12,166人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 106-0032(芝局管区)
市外局番 03(東京MA)
ナンバープレート 品川
※座標は六本木駅付近[2]

六本木(ろっぽんぎ)は東京都港区の地名。現行行政地名は六本木一丁目から六本木七丁目。

港区北部に位置し、北で南青山、東で赤坂、南東で虎ノ門、南で麻布台麻布永坂町麻布十番・南西で元麻布、西で西麻布と接する。東麻布とは僅かに接していない。旧・麻布区に属し、六本木一丁目、六本木二丁目、六本木四丁目、六本木五丁目の高台地域は番町市谷船河原町市谷砂土原町、そして赤坂の高台地区と並び特に六本木四丁目のフランシスカン・チャペルセンター周辺と六本木五丁目の鳥居坂周辺は1990年代前半頃までは独特の佇まいを残していた。

現在は繁華街というイメージが強い傾向にある。百貨店は存在しないが、1973年に誕生したロアビルがかつてはショッピングビルとして該当した。また、六本木ヒルズ泉ガーデンといったビジネス街や高級マンション、大使館も多くもあり、多面的な顔を見せている。

歴史[編集]

現在の六本木の町域は大半が武家地だった区域だが、江戸時代の「六本木町」は門前町で、現在の六本木交差点付近の狭い範囲を指していた。明治以降の「六本木町」は、寺院や大久保加賀守小田原藩主)家の下屋敷跡などを含む範囲になった。武家屋敷跡がお屋敷町になった。湧き水や地下水に恵まれ金魚の養殖が盛んであった。

六本木近辺には日本軍軍事施設が置かれ、兵隊の町でもあった。龍土町(現・六本木七丁目)には1936年(昭和11年)の二・二六事件にも参加者を出した歩兵第三連隊があり、隣接する赤坂区檜町(現・赤坂九丁目)には歩兵第一連隊があった。

六本木は、明治時代-昭和初期にかけて麻布区に属し、戦後麻布区から港区になったが、住居表示実施前の六本木五丁目と六本木六丁目、六本木七丁目の一部は「麻布六本木町」という麻布の筆頭町名であった。行政区分や警察署郵便局の管轄も、六本木は麻布管内となっている。

1967年7月1日に、この六本木町のほか、龍土町三河台町・今井町・材木町・鳥居坂町・東鳥居坂町・永坂町(約半分)・飯倉片町(の一部)・北日ヶ窪町など麻布地区北部一帯の住居表示が実施され、町名は六本木(六本木一丁目から六本木七丁目まで)に整理再編された。

地名の由来[編集]

地名の由来は、

などがある。

沿革[編集]

住居表示実施前後の町名町域対照地図

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(特記なければ、各町名ともその一部)
六本木一丁目 1967年7月1日 赤坂榎坂町(全域)、赤坂霊南坂町(全域)、麻布市兵衛町一丁目、麻布市兵衛町二丁目、麻布箪笥町、麻布谷町
六本木二丁目 麻布箪笥町、麻布谷町、麻布今井町
六本木三丁目 麻布仲ノ町(全域)、麻布市兵衛町二丁目、麻布箪笥町、麻布谷町、麻布今井町、麻布三河台町
六本木四丁目 麻布市兵衛町二丁目、麻布今井町、麻布三河台町
六本木五丁目 麻布鳥居坂町(全域)、麻布東鳥居坂町(全域)、麻布飯倉片町、麻布永坂町、麻布南日ケ窪町、麻布北日ケ窪町、麻布六本木町
六本木六丁目 麻布桜田町(全域)、麻布宮村町(全域)、麻布南日ケ窪町、麻布北日ケ窪町、麻布材木町、麻布六本木町、麻布霞町
1978年9月1日 麻布南日ケ窪町(全域)
六本木七丁目 1967年7月1日 麻布龍土町(全域)、麻布新龍土町(全域)、赤坂青山南町一丁目(全域)、麻布材木町、麻布六本木町、麻布霞町

繁華街[編集]

週末の繁華街

六本木近辺の軍事施設は太平洋戦争中の空襲で焼失。終戦に伴い、日本の占領にあたった連合国軍に接収される。そのため、外国人向けの商店飲食店が少しずつ出来るようになる。また、1950年代後半にはNET(日本教育テレビ、現・テレビ朝日)が開局し、この頃に六本木族が登場する。

1960年代に入ると日本料理の瀬里奈を始めとして中華料理の香妃園や魯山、イタリア料理のアントニオなどが芸能人やファッションモデル、来日した海外のスターらが出入りする店として徐々に知られるようになった。1960年代後半からは高台以外の住宅街へ押し入るように外国人や日本人向けの飲食店、若者向けのサパークラブ、ゴーゴークラブなどのオープンが続き、結果として住宅街から繁華街へと姿を変え、1975年昭和50年)以降は赤坂に代わる人気プレイスポットとして有名になっていく。

1980年代後半からのバブル経済期には六本木スクエアビルを中心としてディスコだけで数十軒が立ち並び、大衆化が進むとともに活況を呈したが、その後バブル経済の崩壊とともに1993年平成5年)以降は多くの店が閉店し、カラオケ店やキャバクラなどに衣替えした。

2010年平成22年)現在、平日は昼夜を問わずサラリーマンOLの姿が目立ちオフィス街としてのイメージも強くなった他、六本木一丁目にはスペイン大使館スウェーデン大使館などの外国公館や、六本木七丁目のアメリカ軍施設(ヘリポート、星条旗新聞社ほか)などもあり外国人の姿も目立つ。

週末の金・土曜夜になるとバークラブ、キャバクラなどが林立する繁華街の様相を呈する。クラブ目当ての若者や外国人のほか、キャバクラ嬢や外国人の客引きが街頭に出ている姿が見られる。また、傷害事件カジノ賭博麻薬密売等の違法行為も存在し、時折検挙等により明るみに出ることがある[5]。一例として、新宿歌舞伎町や六本木周辺に店を構える西アフリカ出身のナイジェリア人グループらが大掛かりで、泥酔客から暴利を貪る問題が見られる[6]。 さらに、新宿歌舞伎町などと同様に暴力団非行少年グループのOB団体、外国人マフィアといった犯罪グループ同士の抗争も垣間見られる[7][8]

これらの影響で六本木地区はアメリカ国務省、イギリス大使館、オーストラリア大使館によって旅行者向けの危険地域として警告されている[9][10][11]

六本木ヒルズ[編集]

江戸時代に、麻布日ヶ窪(現在の六本木六丁目)に長府毛利家長州藩支藩の長門府中藩)の屋敷がおかれた。長門府中藩長府藩共。現・山口県下関市の一部)出身の乃木希典もこの地で生まれている。1952年に、ニッカウヰスキー東京工場が建てられた。ニッカウヰスキーの後に1977年にはテレビ朝日本社が建てられた。2003年4月に「六本木ヒルズ」がオープンした。この再開発(通称:六六再開発)は、1980年代にスタートしたプロジェクトであり、オープンまでに実に約20年の歳月を要した。

東京ミッドタウン[編集]

陸上自衛隊檜町駐屯地赤坂九丁目)は2000年平成12年)5月に移転し、跡地には新たな複合施設「東京ミッドタウン」が2007年平成19年)3月30日にグランドオープン(街開き)した。正式な住所は、六本木ではなく赤坂九丁目である。

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

テレビ朝日アーク放送センター
スウェーデン大使館
スペイン大使館

六本木一丁目[編集]

六本木二丁目[編集]

六本木三丁目[編集]

六本木四丁目[編集]

六本木五丁目[編集]

六本木六丁目[編集]

六本木七丁目[編集]

六本木をテーマとした作品[編集]

楽曲[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 港区公式ホームページ/2014年(平成26年) 2014年6月(町丁目別人口・世帯数(麻布地区総合支所管内))より。2014年6月7日閲覧。
  2. ^ Google Earthより
  3. ^ 同年7月17日、自治省告示第121号「住居表示が実施された件」
  4. ^ 同年10月6日、自治省告示第177号「住居表示が実施された件」
  5. ^ 『スポーツ報知』2006年10月12日版 六本木で違法カジノ摘発
  6. ^ “【衝撃事件の核心】「不夜城」に巣くうナイジェリア人グループ 強引な客引きで泥酔客から10億円をぼったくり”. 産経新聞. (2013年1月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130102/crm13010212010000-n1.htm 2013年1月4日閲覧。 
  7. ^ 『朝日新聞』2007年2月13日版 2月5日、西麻布で暴力団幹部射殺事件発生
  8. ^ “襲撃実行は元幹部ら9人=「関東連合」元メンバーら-六本木クラブ暴行死・警視庁”. 時事通信. (2013年1月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013011200043 2013年1月15日閲覧。 
  9. ^ アメリカ国務省 Welcome to Travel.State.Gov
  10. ^ アメリカ国務省「日本への渡航は十分注意してください」と警告 - ロケットニュース24
  11. ^ 「薬物で意識不明にさせ高額請求」、外国人ねらい六本木で急増 米大使館警告 AFPBB News

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分36秒 東経139度43分48秒 / 北緯35.66000度 東経139.73000度 / 35.66000; 139.73000