DJ OZMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DJ OZMA
基本情報
別名 OZMA
出生 4月26日
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2006年 - 2008年
2011年 -
レーベル EMIミュージック・ジャパンエイベックス
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト DJ OZMA OFFICIAL WEB SITE

DJ OZMA(ディージェイ オズマ、4月26日[1] - )もしくは尾妻野 純直(おずまの すみただ、Sumitada Ozumano)は、日本歌手所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツ。本名、生年、出身地は未公表。

氣志團」のヴォーカル兼リーダーの綾小路翔と同一人物であると2013年11月17日放送のトーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)にて自ら告白した[2]。 告白以前は「友人」であるとしていた。

矢島美容室のナオミ・カメリア・ヤジマと容姿が酷似しているが、本人は「偶然似ている」と主張している。

メンバー[編集]

DJ OZMA(ボーカル)
金髪アフロヘアーに大きめのサングラス姿がトレードマーク。名前に「DJ」とついているが、OZMAは演奏行為においてディスクジョッキー及びラップ(トースト)を行うことはない。

主なバックダンサー(I PARTY PEOPLEより)[編集]

PANCHOと夜王はほとんどの楽曲においてボーカルも行っており、ミュージシャンとしてのDJ OZMAは事実上、OZMAにPANCHOと夜王を加えた3人によるプロジェクトとなっている。

PANCHO(ボーカル・バックダンス)
筋肉質な肉体にB系ファッションがトレードマーク。氣志團の早乙女光に酷似している。
夜王"KING"純一(ボーカル・バックダンス)
ホスト風の容姿がトレードマーク。微熱DANJIの星屑輝矢に酷似している。
  • 男性
    • MC MAJI
    • MC Korea
    • KAZUKI
    • MAMORU
    • TAKUYA
    • HIROKI
    • MINE
    • Choleste(コレステくん)
  • 女性
    • AYAMI
    • CHIHARU
    • MIKI
    • MARIKO
    • YUKKO


来歴・人物[編集]

出身地は千葉県木更津市、幼少時は蔵の中に入れられ、鉄仮面を19年間かぶり続けて育ったと自称している。

「世界の夜はOZMAに任せろ!」をキャッチコピーに台湾を中心として活動していると自称する、生粋の日本人。自ら音楽制作、イベントなどのプロデュースも手掛けており、ウエアやグッズなどの制作・販売を行うブランド「SMILE LOCOMOTION」をプロデュースしている。

漫画家の長尾謙一郎のファンを公言しており、『ギャラクシー銀座』の帯では「発想の源」といった推薦文を書いている。

ももいろクローバーZのファンである。

デビュー、初の全国ツアー[編集]

紅白出場、翌年の活動[編集]

そして引退へ[編集]

  • 2008年11月27日、同年をもって引退、二代目に襲名することを発表した[4]。ちなみに、二代目DJOZMAは、初代DJOZMAの顔見知りの後輩ら17名でじゃんけんをして勝ち抜いて選ばれた。
  • 引退発表から26日後の12月22日には、大晦日開催の「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」(TBS系)のスペシャルプロデューサー就任を発表。同大会でOZMAはボブ・サップキン肉万太郎の試合をプロデュースした[5]。なお、同試合開始前にOZMAがパフォーマンスを披露、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」などを披露した。奇しくも、紅白歌合戦ニュース中断している21時25分から21時30分の間にパフォーマンスが行われたが、その間の視聴率に関しては不明。

引退後[編集]

引退後の2009年の動向は依然謎とされているが、OZMAが着用した衣装300着を2月18日Yahoo!オークションに出品することが2月16日、明らかになった[6][7]

なお、同一人物と言われ、活動休止中と言われていた氣志團の活動は2009年に再開された。 自身がプロデュースした『矢島美容室』は2009年以降も活動を続けた。

3年ぶりの復活[編集]

2011年12月、氣志團の挑戦を受け、これを受ける形で約3年ぶりの新曲となる『珍魂歌』を12月7日にリリースし“復活”を果たす。同日リリースされる氣志團の10周年記念シングル『MY WAY』に“対抗”する形となった。さらに、氣志團のメジャーデビュー10周年を記念ライブツアー『極東ロックンロール・ハイスクール』最終日となる12月21日Zepp Tokyo公演の対バン相手として、氣志團側がOZMAを指名。これに対し、OZMA曰く「もう引退して3年もたつこの俺を担いでツアーのファイナルをやらなきゃいけないなんて、氣志團もいよいよヤバいな…。くんの時代はもう終わったし、もう古いんだよ。だから、この俺が氣志團のとどめを刺すことに決めたんだ。俺の方がセールスで勝利したら、氣志團には潔く解散してもらうぜ!!」と息巻いた[8]。当日、その最終公演にて『おれがあいつであいつがおれで』を引提げ、氣志團との対バンを挙行。なお、この対バンの模様は氣志團のフォトブック『極東ロックンロール・ハイスクール 氣志團VS』(東京ニュース通信社刊)に収められている[9]

エピソード[編集]

紅白騒動とその後[編集]

2006年12月31日、『第57回NHK紅白歌合戦』に初出場。事前のスポーツ紙の取材に対し、脱ぎパフォーマンスを行うことを窺わせる発言をした。これに対して北島三郎に「歌で勝負しろ」と窘められていたことがスポーツ新聞などで報じられていた。当日のステージは、通常のダンサーメンバーに加え、ピエロが加わり、夜王がマジックを披露。OZMAは演奏途中で消え、ワイヤーに吊るされ、最後は北島三郎と入れ替わるというイリュージョンパフォーマンスを披露した。この時、OZMAと一緒に演じた女性バックダンサーが、カーニバル風衣装の下の水着まで脱ぎ、裸体の描かれたボディースーツで踊るという演出を行った。ボディースーツであると気付かない視聴者も多くいたため、視聴者から「本当に裸ではないか?」との問い合わせが即時に寄せられ(放送内で対応できた分が約250件、放送以後1800件。対応できなかった分を含めると数千件以上)、番組内で総合司会のNHK三宅民夫アナウンサーが「裸ではない」と説明する事態となった。後日、NHK側は記者会見を行い視聴者へ謝罪した(衣装に関してOZMA側からは説明されていなかった、リハーサル時は水着を脱がなかったなどと説明)。また、オズマ自身はブリーフ姿になり、ブリーフの股間部分に、男性器を模した模型をつけていた。所属事務所と東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)はNHKに出向き経緯を説明した。なお、このパフォーマンスのため、紅白歌合戦を録画放送しているハワイ地上波放送局KIKU-TVでは、DJ OZMAの出演部分をカットして放送した(NFLスーパーボウルでのジャネット・ジャクソン胸出し事件で問題になったように、アメリカ合衆国では一般向けテレビ番組放送コードは日本の比にならないほど厳しいため)[要出典]

この時使用されたボディースーツは、WAHAHA本舗が舞台で使用していたものからアイデアを得たものであった。WAHAHA本舗に所属しているタレントである久本雅美は、このパフォーマンスを賞賛した。

2007年1月1日未明、NHKより移動しTBS系『CDTVスペシャル』に出演、紅白歌合戦と同様のパフォーマンスを披露した。同年1月4日に、NHK会長橋本元一が新年の挨拶で、この件に触れ謝罪。1月11日に定例記者会見を行い、橋本元一会長がDJ OZMAに対して「現場で使いにくい状況だと思う」と述べた。また、1月10日までにコールセンターへ1,796件苦情があった。

自身のブログで、ファンに対してパフォーマンスの経緯等の説明がなされ、また、NHKの対応に対する怒りを露にし、自身が不満を抱いているNHKの関係者の実名を挙げた。

2007年3月1日に行われた「第44回ゴールデンアロー賞授賞式に出席し、騒動後初めて公の場に姿を見せた。その際インタビューで、NHKに対する本音を述べた。同年9月29日に「DJ OZMA "I PARTY PEOPLE" TOUR2007 THANK-TUARY」の渋谷C.C.Lemonホールでの最終公演の際に、OZMA本人曰く、開演前の会見で「隣のNHKホールを借りに行ったけど、断られた」と告白している[10]

2008年9月26日、DJ OZMAととんねるずがプロデュースするユニット『矢島美容室』デビュー発表の会見において「目標は紅白出場と東京ドーム7日間公演」と発表。OZMAは「今年の紅白プロデューサーの石原さんにわびを入れたい」と頭を下げた。同じく紅白歌合戦をきっかけにNHK出入り禁止状態であるとんねるず[11]も「まずはNHKと和解したい」「紅白みたいなことがあったら謝ります」と語った[12]

氣志團についてもこの騒動以降はNHKの番組に直接出演できない(NHKが企画・制作した番組だけでなく、NHKが密着取材した外部主催のライブでも出演部分をカットされる)状態が続いているが、2012年2月19日にはNHKホールで単独ライブを実施している他、『NHKのど自慢』で出場者が持ち歌を歌うことがある他、ラジオ番組でレコード演奏されることがある等、楽曲に関しては締め出されていない。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士(2006年3月22日、オリコン4位)
    韓国の歌手のDJ DOCの「Run to you」(原曲はボニーM「Daddy Cool」)のカバー
  2. 純情 〜スンジョン〜(2006年7月12日、オリコン8位)
    韓国の3人組混成グループkoyote1998年の楽曲「純情」のカバー。オリジナルの韓国語の歌詞を空耳で日本語の歌詞に当てている。この曲は千葉ロッテマリーンズ応援団がチャンステーマに使用しており、PVではマリーンズファンがタオルを回すようにおしぼりを振り回すシーンがある。DJ OZMAが発表する前に氣志團の【氣志團学園ツアー】の劇中にて、「純情100%」としてS4が披露していた。カップリング曲は氣志團「朝がくる度」のカバー。
  3. One Night(2006年9月27日、オリコン5位)
    DJ DOCの2004年の楽曲「One Night」のカバー。カップリング曲は氣志團「恋人」のカバー。
  4. 疾風迅雷〜命 BOM-BA-YE〜(2007年4月25日、オリコン14位)
    韓国のSide-Bの楽曲のカバー。アントニオ猪木のテーマ曲をサンプリングした。
  5. E.YO.NE!!(2007年6月13日、オリコン14位)
  6. Lie-Lie-Lie(2007年8月1日、オリコン18位)
    劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝』主題歌
  7. Spiderman(2007年9月19日、オリコン12位)※初回限定盤はDVD付き
    MARK FOSTERの同名ユーロビート楽曲のカバー。(原曲はVIP MEGA EUROSTAR 3rd Stageなどに収録)TBS系全国ネット『スーパーサッカーPLUS』テーマソング
  8. TOKYO BOOGiE BACK/For You(2007年11月14日、オリコン33位)
    初の両A面シングル
  9. 人気者で行こう! (2008年4月16日)
    東宝配給映画「クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」主題歌
  10. MASURAO(2008年12月3日)
    松竹配給映画「特命係長 只野仁 最後の劇場版」主題歌
  11. I RAVE U feat. DJ OZMA(2008年12月17日)
  12. 珍魂歌(2011年12月7日発売)

アルバム[編集]

  1. I PARTY PEOPLE(2006年11月15日、オリコン4位)
  2. I PARTY PEOPLE 2(2007年12月5日、オリコン7位)
  3. I PARTY PEOPLE 3(2008年12月31日)
  4. SINGLE COLLECTION -2006 - 2008- 〜A-side trax〜(2008年12月31日)

DVD[編集]

  1. アゲ♂アゲ♂ENDLESS☆騎士(2006年7月12日)
    『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』のミュージッククリップ(通常版、メイキング、他2バージョン)のほか、ダンスマスター、『Roots of AGE♂AGE♂』台湾編・六本木編の全7本を収録。
  2. LUV-XURY(2007年4月4日)
  3. 六本木ツンデレラ(2008年3月26日)

テレビ出演[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日

他多数

ライブツアー[編集]

関連項目[編集]

  • 氣志團
  • koyote
  • hide memorial summit
  • 郷野聡寛 - PRIDEで活躍する総合格闘家。OZMAは以前から彼のファンであり、2006年に彼が入場時に「DJ GOZMA」を名乗り、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」を入場曲にダンスを踊りながら入場をしており、2006年11月5日にはOZMA本人が入場に登場している。
  • まちゃまちゃ - 綾小路の同級生であることを公言している。
  • 矢島美容室 - DJ OZMAととんねるずがプロデュースする母娘ユニット。OZMA自身はプロデュースその他を行うためにavexへ移籍している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日刊スポーツの紹介記事による。
  2. ^ 綾小路翔、ついに「自分はDJ OZMA」認めた ネットでは「楽になったなw」の声も”. AOLニュース (2013年11月18日). 2013年11月19日閲覧。
  3. ^ DJ OZMA紅白勝手に辞退「これ以上オファー待てない」
  4. ^ 関連記事→DJ OZMA引退 二代目はビデオ店の店員? - 日刊スポーツ 2008年11月28日付
  5. ^ 関連記事→打倒紅白! DJ OZMAがリングでポロリ - サンケイスポーツ 2008年12月23日付
  6. ^ DJ OZMA超レアモノ大放出!高値必至 - サンケイスポーツ 2008年2月17日
  7. ^ DJ OZMA、衣装300着一掃セール! - サンケイスポーツ 2009年2月17日付
  8. ^ “DJ OZMA:氣志團の挑戦を受け3年ぶりに“復活””. 毎日新聞デジタル. (2011年11月1日). http://mantan-web.jp/2011/11/01/20111101dog00m200002000c.html 
  9. ^ TVガイド増刊 TVガイドMUSIC[MG] Vol.1」より
  10. ^ 関連記事→OZMA「NHKホール断られた」裸スーツ騒動で? - 産経新聞 2007年9月30日付
  11. ^ とんねるずが「情けねえ」によって第42回NHK紅白歌合戦に出場した際、裸にボディペインティングした姿で登場したことを指すもの。実際にはとんねるずはユニット「野猿」により1999年2000年の2回にわたり紅白歌合戦に出場しており、木梨憲武1996年に「憲三郎&ジョージ山本」として出演している。
  12. ^ 関連記事→OZMAらNHK出禁トリオが紅白目指す - 日刊スポーツ 2008年9月26日付
  13. ^ 2008年のみ矢島美容室として出演

外部リンク[編集]