ブリーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラーブリーフ

ブリーフ: briefs)とは、男性用の下半身の下着 (underpants) の一種である。股下を省略した下着であることから、(衣服が)短いという意味の「ブリーフ」と呼ばれる。多くの場合Y字型をしており、トランクスとは異なって体に密着する下着であり、伸縮性がある綿などの素材が使用される。スポーツ用に特に機能性を重視して作られたものを、サポータージョックストラップ、或いは、スポーツブリーフと呼ぶ。尚、欧米では女性用の深穿き及び浅穿きのパンティーもブリーフと呼ぶ場合がある。

来歴[編集]

1935年1月19日シカゴの下着メーカーのクーパーズ社が同地のマーシャルフィールズ百貨店で売り出したのが最初である。販売初日の正午までには600着、翌週には1,200着以上、さらに3ヶ月で30,000着を売り上げる大ヒット商品となった。[1][2]

クーパーズ社の被服デザイナー 、アーサー・ナイブラー(Arthur Kneibler) が前年の1934年デザインしたもの[3]で、それまでの運動用の下着(サポータージョックストラップ)から派生させ、その機能を訴求するために乗馬用の下着から名を取り、ジョッキー(Jockey)という名で販売した。なお、ジョッキーの名前は120カ国以上の国で登録商標として登録されている。

当時の大不況の影響で倒産寸前だったクーパーズ社は、この売れ行きで経営を立て直した。米国ではジョッキーの名前はブリーフの代名詞となる程になり、後にこの商品に肖り、ジョッキー社に社名を変更した。第二次世界大戦後、同社はヘインズ社と並ぶ全米大手男性下着メーカーとなり、1982年には女性下着の製造販売を始めた。1936年にはマンシングウェア社がカンガルーポケットに似せた水平状の前開きのあるブリーフを発表した。

1938年イギリスでも、ブリーフ型の下着が売り出された。間もなく3,000着が毎週売れる[2]ほどまで市場は成長し、1948年ロンドンオリンピックではイギリス代表チームが支給品の1つとして、男性選手にブリーフが1着ずつ配られるほどだった。イギリスでは、ジョッキーという名前ではなく、Yフロント(Y-fronts)として知られている。一方、ドイツ語圏、フランス語圏やスペイン語圏などの欧州大陸では、これに当たるものをスリップと呼ぶ。こちらでは男性用も女性用もスリップということから、女性のショーツ(パンティー)から、ひもパンと呼ばれるものまですべてスリップになるので、ブリーフは、「男性用スリップ」と呼ばなければならない。

ナイロンレーヨンなどの合成繊維の開発や立体裁断などの縫製技術も進歩したことから、下着に防縮加工が行われたり、1960年頃には伸縮性を持つスパンデックスの生地がブリーフにも導入されるようになり、その後のビキニブリーフの登場につながった。[4]Y字型でないブリーフとしては、トランクスに似た形状のボクサーブリーフ、三角形で女性のビキニショーツに似たビキニブリーフがある。

日本国内においては、1950年代中頃(昭和30年代)より登場し、流行に敏感な青年層を中心に爆発的に浸透した。その身体に沿った斬新なデザインとこれまでの下着にはなかった穿き心地や機能性から、若年層を中心に、それまでの既存の男性下着(トランクス猿股)を駆逐した。その後、カラーブリーフビキニブリーフ等の派生商品も登場し、1970年代には全盛期を迎えた。ちなみに、グンゼYGブランドは1972年に誕生している。

1980年代中頃から青年層を中心にトランクス着用者が増加し始めた。これは「メーカーがトランクスの普及に力を入れたこと」、「ブリーフのデザインがより過激化して、前開きもない窮屈感を覚えるようなスーパービキニまで行き着いてしまい、逆に、よりリラックスした下着が求められるような環境になったこと」、「スポーツの普及により、人前で着替える機会が増加して下着姿を他人の目に晒す機会が増えて他者との差別化が求められたこと」、「ブリーフの着用が幼年層から老年層まで満遍なく普及して、下着を自分で選ぶ購買力を持った流行に敏感な青年層が他の世代との差別化を求め始めたこと」、「ズボンを穿いた時に下着の線が露出しないこと」、「女性の発言力が増して、女性からの視点で下着選びの選択肢が増えたこと」、「トランクスがブリーフと違い、下着然と見えにくく部屋着として使用できること」などから、これまでの男性下着として画一化したブリーフとの差別化を進める上でトランクスが普及し始めた環境となっていた。他に、1981年6月17日に起こった深川通り魔殺人事件で、白いブリーフにハイソックス姿で連行される犯人の男の異様な様子がテレビ中継や新聞の一面で写真入りで報道され、世間の耳目を集めたことで、これまでの日本でのブリーフ人気に終止符を打つことになった。犯人が着用していたBVD社の白ブリーフは特徴のあるデザインで当時の若い男性の人気ブランドとなっていたが、事件後、男性誌の記事や投稿欄ではこの事件について溢れ、犯人がブリーフ姿で連行される姿が異様に見えて、自分のブリーフ姿をオーバーラップさせて、その嫌悪感からカラーブリーフやビキニブリーフ、または、トランクスに変える若い男性が急増したとの報道も流れた。BVD社の白ブリーフを「(犯人の名前)パンツ」と代用しても当時の世間で通用するようになったほどの社会的な影響を与えた大事件であった。

2000年以降[編集]

かつてはコンビニエンスストアなどでも販売されていたが、近年ではほとんど見かけなくなり、衣料量販店などからは売り場面積が減少する傾向がある。現在ではカルバンクラインのボクサーブリーフなどの男性用高級下着が認知され、ブリーフも海外のデザイン性、ファッション性の高いものがネットを中心に販売されており、グンゼ、BVD(富士紡績)といった日本の大手企業も相次いで若者向けの商品を販売している。現在はクラシックな形状からローライズブリーフ、セミビキニブリーフなどが主力になりつつある。また子供用でもかつての「白ブリーフ」ではなくカラーブリーフやプリント柄物などが多く流通するようになった。

下着の種類も増えて選択の幅が広がる近年ではブリーフを選択することが少なくなるその一方でブリーフが再注目されるケースがある。

トランクス着用の小中学生が増加したことで一部の自治体では小中学生にブリーフの着用を勧める活動が組織的に行われるようになっている。2000年代前半頃より東京都足立区の一部の小中学校で性教育の一環として行われた小中学生の下着指導から広まった。[5][6]

その他

  • インターネットショッピングの普及で、よりニーズにあった商品を購入できる様になった。
  • アルマーニのコマーシャルでベッカムがブリーフ姿を披露した。
  • 海外でのブリーフの普及。
  • トランクスが全年代に普及し、かつてのブリーフ離れの時と逆に、流行に敏感な青年層が他の世代との差別化を求め始めたこと。
  • 細身のズボンや男性用のレギンスなど、より体にぴったりするファッションが流行している。
  • 消臭加工など機能性を持たせたブリーフの登場。

などが挙げられる。

種類[編集]

白ブリーフ[編集]

シャルレのスタンダード・ブリーフ

名前の通り生地が白いことから名付けられた。正式な商品名として使用されることはほとんどない。米国ではブリーフを俗語で "tighty-whities" とも呼び、白色がブリーフの標準色だった。

元々ブリーフといえば白ブリーフを指すことが多くメーカーの生産も白色が主力商品としていた。これは、清潔感を求められる下着は汚れがすぐ判るよう白色とする社会的暗黙知が存在していたからである。

時代が下着にもファッション性を求めるようになったことから、画一化された白ブリーフからの乖離が始まるようになった。大手男性下着メーカーのグンゼが1985年より男児用トランクスの出荷を始め、下着の種類が多様化したことで、YGブランドを開始した時のようなブリーフの積極的な販促活動は行わなくなった。カラーブリーフやトランクス等のカラフルな下着が普及するようになると、日本の多くの若い女性の間では白ブリーフは母親が息子に買い与える下着として、白ブリーフを着用する男性は「性的に未熟な男性」であるとの偏見が広まるようになった。このため、「白ブリーフ」は自らの下着を自分で選択できない性的に成熟しない男性であり、「童貞」のステレオタイプなイメージを与えることや、ファッション感性のない実用一点張りの中高年男性の象徴のような存在として侮蔑の意味を持つように思われるようになったことで、異性の目を気にする若い男性の間では白ブリーフ離れが著しくなり、現在では小学校低学年以下の小児の下着としての利用が主であることから、子供っぽいイメージが定着して売り上げが激減した。 白ブリーフは、お笑い芸人がパンツ一丁になったときに、笑いがとれるアイテムとして使われたり、AVで、M役のAV男優が穿くなど恥辱の対象として扱われることが多い が、一方では、ペニスを上向きに維持しやすいこと、穿き心地がいい、清潔感があるなどごく一部の成人男性には根強い人気があり、フィット感、安定性を求め、中にはKG肌着のような子供用の白ブリーフを愛用している者もいる。

白ブリーフには、皮脂尿などで、ブリーフの前後にシミや黄ばみの汚れが目立つなどの欠点があるため、汚れが目立たないカラーブリーフも開発されている。

一部メーカーで柄物タイプも存在する。股間の部分にワンポイント柄がプリントされたタイプ、若しくはおの部分に大きく柄がプリントされたり、トランクスと同様に全体に柄がプリントされた総柄タイプなどが市販されている。

また、子供用の白ブリーフは上記の原因や子供の新陳代謝により汚れやすいという点から、白物専用の塩素系漂白剤ハイターブライト)や、洗濯用洗剤アリエールなど)のテレビコマーシャルで、漂白や洗濯の対象として登場している。

カラーブリーフ[編集]

第二次世界大戦中、前線に送られた兵士用の下着として、洗濯物を干す際に敵からのカモフラージュでオリーブ色のブリーフが製造されたが、一般に商用化されたのは1950年にジョッキー社がマーケティング手法として、それまで白色のみのブリーフのカラー化戦略を打ち出し、下着のファッション化の販促キャンペーンを行ったことから始まった[7]

従来のブリーフとはスタイルなどが大きく異なることはなく、生地が灰色などのカラーであることと、そのため汚れていても汚れが目立たないことが特徴であり、日本ではブリーフが登場した頃より存在していた。当時の社会では、まだ下着は白色との意識が強く、広く普及するまでには至らなかった。

1970年代末頃よりビキニブリーフなどが登場し、下着にも実用性からファッション性が加味されるにつれて、ピンクなどの大胆な色彩を用いたブリーフなども登場するようになり、カラーブリーフも市場で容認されるように至った。子供用では幼児用を除いてごく少数であるが、成人用では多く販売されている。

白ブリーフと同様に、多くの場合Y字型をしているが、ボクサーブリーフやビキニブリーフにはカラーブリーフが多い。

「白ブリーフ」の名称と異なり、商品名に含まれていることがある。

洗濯時に色落ちする難点がある。

ビキニブリーフ[編集]

ブリチラ[編集]

パンチラの俗語と同様ブリチラなる俗語が誕生している。

主なメーカー、ブランド[編集]

脚注[編集]

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]