ララスカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ララスカートを着用したバージニア・ユニオン大学のチアガール

ララスカート(またはラーラースカート、英:rah-rah skirtまたはra-ra skirt)とは、フラウンス(大きめのひだ飾り)の入ったスカートのこと。

歴史[編集]

元々はチアガールのスカートとして制作され、1980年代のティーンエイジャーの間で流行した。「オックスフォード新語辞典」によると、1960年代に流行したミニスカートのリバイバルとしては初めて成功した試みであるとのこと[1]。1980年代終わりには、レザーデニムレースなどを用いたララスカートも登場した[2]

1990年代に入ると、ララスカートのようなフリルを持たない本来のミニスカートがファッション界で復権を果たした。しかし近年のイギリスで再びララスカートが注目されている。2008年の「ロンドンライフ」の記事によると、"80年代風ファッションは全てra-rave(rave:夢中、熱中する、熱狂する)である"とのこと。[3]

ララスカートの例としては、ネーナの『99 Luftballons』(1983)やストロベリー・スウィッチブレイドの『Since Yesterday』(1984)など、80年代のレコード・CDのジャケットで女性ロック歌手がよく履いている。

語源[編集]

「Rah-rah」の語源は、応援を意味する「hurrah」(フレー)の省略形「Rah」[4]の繰り返しである[5]

参照[編集]

  1. ^ The Oxford Dictionary of New Words, 1991
  2. ^ See, for example, Daily Telegraph, 19 March 1991
  3. ^ London Lite, 12 June 2008
  4. ^ Merriam-Webster: Rah
  5. ^ Merriam-Webster: Rah-rah