アノラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アノラック(Anorak)とはウィンドブレーカーの一種。山岳登山などでよく利用される防寒性に優れたフードつきの上着。元はアラスカ先住民イヌイットが着るアザラシ皮の上着だった。

イヌイットの衣装[編集]

イヌイットのパルカ

パルカ(Parka)とも呼ばれる。

植物がほとんど生育しない極地に住む狩猟民イヌイットの衣装は、すべてのパーツが動物由来の素材でできているのが特徴である。

衣服に用いられるアザラシ鹿類の革は機能性を高めるために、ナイフなどで肉をこそげとった後、女性が自らので丹念に噛んで柔らかくするという独特ななめしの工程を経て衣料品に供される。

上着に当たるアノラックはたいていアザラシの皮をなめして毛を裏に貼り付けて作られており、テニスラケットに使われるガットの要領でアザラシのを糸に用い獣骨製の針(貴重品)で縫うフードつきの短い防寒着である。

この民族服を模して作られた「アノラック」とは違って(「アノラック」は雨が服の中に入り込まないように裾を中に入れない)防寒のために裾をズボンに入れ込んで帯で留める。

男女ともに上の要領で作った皮ズボンを穿いて、ズボンの裾はカミックと呼ばれる皮のブーツの中に入れ込んでがブーツに入り込まないようにするなど実に機能的な衣装だが、基本的には防寒着の扱いで家の中ではもう少し軽装であるらしい。[要出典]

英語でのスラング[編集]

イギリス鉄道マニアに着用者が多いことから、スラングで鉄道マニアをこのように呼ぶ。アメリカの「ナード」や日本語の「おたく」同様、多少侮蔑的な意味を含む。

関連項目[編集]