イブニングドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒色のイブニングドレス

イブニングドレス: Evening dress)は、女性の夜間の正式な礼装。夜間(18時以降)の集会、観劇、晩餐会などで着用され、「夜会服」とも訳される。

概略[編集]

女性の正装とされ、男性のテールコートと対をなす。欧米では、昼と夜の礼服が区別されている。これは、欧米の晩餐会、夜会舞踏会演奏会演劇オペラバレエミュージカルの夜の時間が日本に比べて遅く、歴史・文化上細かな行事による服装上の区別が厳格であった経緯による。

ワンピース型の衣服で、スカート丈はくるぶしまでの総丈か、靴のつま先が完全に隠れる長さ、あるいはそれ以上の長さである。装飾性が高いドレスや舞踏会、また厳粛な行事などの場合は裾を床に長く引くこともある。

原則として袖は無いベアトップキャミソールホルターネックなどのデザインになっており、腕と胸元や背中が大きく露出するようになっている。しかし、1987年のアメリカ大統領主催の日本国皇太子歓迎晩餐会に於けるナンシー夫人と美智子妃(当時)のイブニングドレスのように、晩餐会という夜の場で、同伴男性がタキシードという夜用礼服でも、長袖で襟が詰まっているイブニングドレスも有り、これは個人の好みや地域性、またデザインとして様々なバリエーションがある。

首元はネックレスなどで装飾され、屋外の場合は薄手のストールやケープをはおることもある。

素材はサテンクレープカントンクレープタフタジョーゼットシフォンベルベットブロケードオーガンジーレースなど装飾性の高いものが用いられる。

、銀革、繻子などの装飾性の高い色素材のもの、または服と共布の夜会靴が履かれる。 オペラ・グローブと呼ばれる肘上まで至る長い手袋を併せて着用することが多く、その長さは淑女としての品格指標となる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 國土潤一 著「これがオペラだ 上手な楽しみ方とその知識」音楽之友社
  • 渡辺和 著「気軽に行こうクラシック・コンサート チケットから服装まで」
  • 渡辺誠 著「もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学」角川ONEテーマ21新書
  • JTBパブリッシング 「タビトモ」(「ニューヨーク」「ロンドン」「北京」「上海」「ソウル」) - ミュージカル・演劇(京劇、雑技を含む)の開演時間について。

外部リンク[編集]