ズボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルージーンズ

ズボンとは衣服ボトムスの一種で、2本に分かれた筒に片脚ずつを入れて穿く形のものを指す。下半身の下着を身に着けたその上に穿くものである。着用中にずり落ちてこないように、ベルトサスペンダーなどで留められる。

名称[編集]

同様のものは、場合によって、スラックストラウザーズパンツなどと呼ばれることも多い。また、種類ごとにジーンズチノパンカーゴパンツなどとも呼ばれる。

現在は、ファッション業界を主として、英語圏内で現在主に流通している「pants」(「pant」の複数形 )に即してパンツという呼び方も勢力を増しつつあるが、一般的な日本語としては「ズボン」という呼び方のほうが今なお根強い。例えば、「パジャマのズボン」、「スウェットズボン」、「子供用ズボン」、「半ズボン」などという使い方が主となっている。

「ズボン」の語は、フランス語で「ペチコート」の意味の「jupon」から来ているといわれる。ほかに、江戸時代末期に、穿く時に鳴る音の擬音「ズボン」から名称ができたという説もあり、これは『トリビアの泉』にて取り上げられた[1]。ただし、正確な由来はまだ分かっていない。

歴史[編集]

ドイツ・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のThorsberg沼で発見された4世紀のズボン
フランスにおける初期のズボン-ボワイイ作のサン・キュロット(労働者)

構造は単純であり、古代から存在した。世界最古のズボンは、中国タリム盆地の墳墓から見つかった3,300年前のもので、遊牧民が馬に騎乗する際に着用していたものと考えられている[2]。同様のズボンは、イラン人スキタイ人(アケメネス朝ペルシア人も含む)のようなユーラシア大陸の放牧民が着用し、後にハンガリー人オスマン人によって近代ヨーロッパに伝達されることになる。

古代中国では騎兵だけが着用していた。紀元前307年に武霊王が、北方の遊牧民族の習慣をまねする形で乗馬に適したズボン式の服装を初めて取り入れた。

日本でも3世紀頃より直垂というズボンと同じ形式の着物が存在した。

古代からヨーロッパの文化に歴史上の要所で紹介されたが、用いるのは貴族階級に限られ、一般人にまで普及したのは16世紀以降の近世からである。

ズボンの英名であるTrousersという単語は中世アイルランドのtriubhas(体にぴったりとしたショートパンツ)から来たゲール語を起源としている。

男性のズボン[編集]

英語のTrousersが単数形ではなく複数形なのは、15世紀に男性たちが着用していた別々のホース(hose:中世貴族が着ていたタイツ)がその起源だからである。ホースは作成が容易で、上部にあるポイントと呼ばれるダブレット(Doublet)に紐で固定しやすかったが、時を経るにつれ2つのホースは結合されていった。最初は後ろが結合され、表側も結合されていったが、衛生的な機能のために大きな開放部がまだ残されていた。元々はダブレットがほぼ膝まで届く長さとなっており、陰部を効果的に覆い隠すことができたが、流行が変化してダブレットが短くなり、男性は生殖器をコッドピース(codpiece)で覆う必要が出てきた。

16世紀末になるとコッドピースはホースと一体化していた。この筒は現在では通常ブリーチ(breeches)と呼んでおり、だいたい膝までの長さがあり、フライフロント(比翼)やフォールフロントといった開閉機能を有していた。

フランスの男性はフランス革命当時、上流階級の膝丈のブリーチの代わりに、足首までの長さのあるズボンやパンタロン、今日では登山などの時にはくニッカーボッカーのようなキュロットという膝丈あたりまでの衣服といった、労働者階級の衣装を着ていた。

このスタイルは19世紀初期にイングランドへと伝わった。伝えたのはジョージ・ブライアン・ブランメルと推測されている。19世紀中頃までファッションストリートの流行服としてブリーチに取って代わった。ブリーチは若い学生によりプラスフォアーズ(plus-fours)や運動着とするためのニッカーズ(knickers)として1930年代を生き延びた。

水兵は世界中のファッションとしてのズボンを普及させる役割を担ったと推測される。17世紀から18世紀にかけて、水兵はガリガスキンズ(galligaskins)と呼ばれるだぶだぶのズボンを着用していた。水兵はまたデニムで作られたズボンであるジーンズを最初に着用した人々でもあった。これらはがっしりとしていて頑丈だったため、19世紀後半にアメリカ西部でさらに一般的になった。

女性のズボン[編集]

ウィガンの炭鉱で働く女性

20世紀後半になるまでズボンは女性のファッションアイテムにならなかったが、100年前には屋外作業用として男性のズボンを、サイズを直して着用し始めた。

ヴィガンのビットブローガールズ(pit brow girls)は危険な炭鉱での仕事のためにズボンを着用し、それがヴィクトリア朝の社会を憤慨させた。彼女たちはズボンの上にスカートを着用し、それをめくりあげてウエストで固定した。

19世紀アメリカ西部の牧場で働く女性もまた乗馬のためにズボンを着用し、また20世紀初期には女性飛行士などの女性もよくズボンを着用していた。女優のマレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)とキャサリン・ヘプバーン(Katharine Hepburn)は1930年代からズボンをはいた格好で写真をとり、ズボンが女性にも受け入れられる一助となった。第二次世界大戦中には女性が工場で働いて戦争のために男性の仕事を行うときに、その作業内容によりズボンを着用していた。そして戦後になるとガーデニングやビーチなどのレジャーや娯楽のためのカジュアルウェアとして容認されるようになった。

ズボンの種類[編集]

ズボンの構造[編集]

スラックス、ジーンズ、カーゴパンツなどのズボンには共通の構造があるのでここに紹介する。

ファスナー[編集]

ズボンのファスナーや前ボタンは以下の二通りが存在する。

  • ボタン式
    • ボタンの方がより正装に近い。
  • ファスナー式

タックの種類[編集]

下に行くほど多くなる。タックが多いほど太くなり、クッションを長くする必要がある。

ノータック
タックのないもの、ノークッション、ハーフクッション向き。
ワンタック
タックが1本入っているもの、ハーフクッション、ワンクッション向き。
ツータック
タックが2本あるもの、ワンクッション向き。
インタック
内倒しのタック。
アウトタック
外倒しのタック。

裾丈の長さ[編集]

下に行くほど長くなる。クッションが短いほど細くなり、タックを少なくする必要がある。 スラックスの裾は踵から1~2cmの上辺りで、必ず靴を履いた状態で測って貰う。

ノークッション
スラックスの裾が靴の甲に当たらない長さ。 立っているときは臑が見えないが、座ったときに見えるおそれがある。ノータック向き
ハーフクッション
スラックスの裾が甲に僅かに当たる長さ。 ノータック、ワンタック向き
ワンクッション
スラックスの裾が靴の甲にしっかりとあたる長さ。ワンタック、ツータック向き。

股上の高さ[編集]

レギュラー
ウエストにベルトを締めるとき、もっとも身体に合った位置。
ハイ・ライザー
股上が深い。チョッキを用いないとき、ベルトの上でズボンがあまるのでよくない(サスペンダーを用としては最適)。
ヒップハングローライズ
腰骨のところにベルトがかかり、股上が浅い。

シルエットの種類[編集]

普通型
流行によって細くなったり太くなったりするが、あまり変化はない。
テーパード
裾口に向かって、先細りになっている。
スリム・スラックス
  • スキニー
テーパードを細くしたもの。
パイプド・ステム
煙突のように、上から下まで同じ太さのもの。
膝までぴったりしており、膝から下がベルのように広がっているもの(ヒップの下から広がったものは、セーラー・パンツ)。
裾の広がりがブーツカットよりも大きいもの。
オックスフォード・バックス(バギーパンツ
極端に、太いシルエット。

裾の種類[編集]

モーニング・カット(アングルド・ボトム)
前を短く、後ろを長く仕立てたもの(靴にかかるのを防ぐため)。シングルより改まったもの。
カフレス(シングル)
シングルのほうが、ダブルよりも正式(昔は、裾はただ折り曲げただけのものであった)。
ターンナップ(ダブル)
裾口を長く折り曲げて、ダブルにしてあるもの。ダブルの裾口の折り目は4cm~5cm位が目安(身長が178cm未満の人は4cm~4.5cm位で、178cm以上の人は5cm位)
カット・オフ
裾口を切り離したままにしているもの。ジーンズなど。
レース・アップ
作業用として紐でしばっていたのが、のちに1つの飾りとなったもの。

ポケットの種類(後)[編集]

後ろポケットはボタン付きの方が型くずれを起こしにくい。
スリット・ポケット
切れ目が入ったポケット、礼服に用いられる改まった仕様。
フラップ・ポケット
蓋付きのポケット、スーツに用いられる。
アコーディオン・ポケット
膨らんだ蓋付きのポケット、カジュアルに用いられる。
パッチド・ポケット
貼り付け式のポケット、同じくカジュアルに用いられる。。

ポケットの種類(脇)[編集]

バーティカル・スリット・ポケット
脇経線利用したもの、正装に相応しい。型くずれを起こしにくい。
ホリゾンタル・スリット・ポケット
前脇を横にカットしたもの、正装に相応しい。
フォワード・セット・ポケット
脇よりななめ前にポケット口を寄せたもの、カジュアルに好まれる。
ウォッチポケット(フォブ・ポケット)
フォブは時計隠しの意味。懐中時計やコインを収納する為のポケット

ベルトのディテール[編集]

セパレート・ウエストバンド(スプリットウエストバンド)
腰帯が身頃と別になっている仕様のパンツ、ベルトに用いる。
ベルトレススラックス(カリフォルニア・ウエストバンド、ハリウッドウエストバンド、ワンピースウエストバンド)
腰帯と身頃が一体になっている仕様のパンツ、サスペンダーに用いる。アジャスターベルトという金具が着いていて、ウェストを調整できる。礼服に多いスタイル。1個から2個のボタンで腰帯と身頃を閉める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『トリビアの泉』2005年1月26日放送(トリビアの泉データベース第7集”. 2014年3月6日閲覧。
  2. ^ “タリム盆地で世界最古のパンツ発見、3300年前の遊牧民族が乗馬で着用か―中国”. レコードチャイナ (レコードチャイナ). (2014年6月5日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=89205 2014年6月6日閲覧。 

関連項目[編集]