ローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Max F. Frommel.jpg
Talár advokáta.JPG
Talar soudce.jpg
Talár.JPG
Talár soudce 1897.png

ローブ(robe)とは衣類のひとつである。主に上下が一続きになっており、袖のついているワンピース形式のゆったりとした外套を指す。ガウンの一種。

語源[編集]

ゲルマン語でroubとは「戦利品、略奪品」の意味であった。それがフランク王国時代にラテン語に取り入れられ、衣服の意味へと変化を遂げた。フランス語ではrobeとはドレスやガウンを指すが、それを語源とする英語のrobe聖職者法衣など特殊な用法でのみ使われる場合が多い。日本語のローブは多くがこの英語から来ている。

英語におけるローブ[編集]

キリスト教の聖職者が羽織るガウンをローブと呼ぶ。また、裁判官法服や、主に日本のキリスト教系の学校卒業式などで生徒が羽織るガウン(アカデミックドレス)など、神聖な儀式などで使われるガウンもローブと呼ばれている。また、中世ヨーロッパを舞台としたファンタジー作品において魔法使いなど神聖なキャラクターが羽織るものもローブと呼ばれている。

女性におけるローブ[編集]

ローブは本来、男女ともに着用されていたが、近世ヨーロッパでズボンが独立して聖職者などの例外を除いてはツーピースの男性衣服が一般的になると、女性が着用する細胴とそれを強調する緩やかなスカートで構成されたワンピース形式の衣装のことを指すようになる(フランス語の「ローブ」はこの意味で用いられることが多い)。18世紀にはフランス宮廷を中心にローブ・ア・ラ・フランセーズローブ・ア・ラ・ポロネーズローブ・ア・ラングセーズローブ・ヴォラントなどの様々な形式のローブが流行してヨーロッパの社交界で愛用された。今日でも礼服として用いられることが多い。

関連項目[編集]