キャミソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下着用のキャミソール
キャミソールを着た女性

キャミソール(仏語:Camisole)は、細い肩紐で吊るしを露出する形状の袖なしの女性用の上半身用下着ないし上衣。トップラインは、バストの上でほぼ水平な直線的である(キャミソールトップライン)ことを特徴とするが、前側は、ブラジャーと同様な二つのゆるやかな山形ラインをもつものもある。また、背側が大きく開いたベアバックタイプのスリップで、首の後ろで紐を結んで吊るすホルターネックのものもキャミソールと呼ぶ場合がある。

下着としては、丈はウェストから腰丈までの短めのものが多い。上着としては、キャミソールドレス、ないしキャミドレとよび、キャミソールトップラインをもつドレスのことで、丈は下着の場合と異なり、通常のワンピース丈のものまでさまざまである。

インナーとしてのキャミソール[編集]

インナーウェアとしては、ランジェリーまたは肌着(アウター調インナー)に分類される。身生地としては、ランジェリーの場合は、フィット感や肌触りの優れたポリエステルナイロンキュプラなどのトリコットが多いが、セクシーないし繊細なテーストでは、ジョーゼットチュールネットサテンなど、「透け感」や光沢感のある素材が用いられる。また、ファンデーションのような補整力を与える場合は、パワーネットも部分的に利用される。肌着(アウター調インナー)としては、保温性や吸汗性の高いストレッチ天竺フライスリブスムースなどが使用される。

キャミソール下着のバリエーション[編集]

ロングキャミ
丈が長めのキャミソール。スリップ。
ダブルストラップ
二組のストラップをもったキャミソール。装飾的。
ひも結び
前後のストラップが分かれていて、肩口や前で結ぶタイプ。
ホルターネック
前の左右のストラップを首の後ろで結ぶタイプ。
ブラキャミ
ブラジャーの機能をもったキャミソール。肩のストラップの本数を減らしてすっきりさせる。
カップつき
胸部をカップ成型して、ブラジャーの一部機能を併せもつもの。
胸二重
胸部をクッション性のある素材で二重にしたもの。

ブラキャミソール(ブラキャミ、思春期乳房発達中用はジュニアブラキャミソール)・カップつき・胸二重は思春期以降の女性や女性化乳房が生じている男性でブラジャーやハーフトップを下に着用しない場合向けに乳頭の形が浮き出すのを防いだり、乳頭・乳輪の引きつりや痛みを和らげる目的も持っている。

キャミソール下着の定義の別説[編集]

下着のキャミソールの定義の別説として、丈が短めのミニスリップ全般の意味でキャミソールと呼ぶことがある。この場合、細い肩紐を持たず、身ごろをそのまま上に伸ばしたラウンドタイプのミニスリップもキャミソールに含まれる。他方、キャミソールトップラインをもっていても丈の長めのロングキャミソールは、スリップに分類される。商品をキーワード検索する際には注意が必要である。

アウターとしてのキャミソール[編集]

アウターウェアとしては、ドレス、またはカットソーに分類される。キャミソールドレスは、フォーマルなドレスとして、シャンタンオーガンジーサテンなどが利用される。カットソーのものは、カジュアルな衣服として、天竺を中心に、シャーリングスラブストレッチなどのアレンジが加えられる。

上着と下着の境界の不明瞭化[編集]

元来は、日本では、TPOの限られたフォーマルドレスを除いて、下着の意味に用いられてきたが、下着のテーストをもつ下着風ルックを街着として使うファッションの流行から急速に上衣としての用途が広まった。同じ仕立てのキャミソールを重ね着するなど、上着と下着の境界そのものが不明瞭になりつつあり、アウター調インナー(ニューインナー)として分類されるようになっている。

一覧[編集]

関連項目[編集]