メンズブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メンズブラ(メンズブラジャー)とは男性がブラジャーを着ける行為、あるいはそのために男性専用に作られたブラジャー(後述)のことを指す。女性化乳房についての解説は同項参照。

ブラジャーをする男性を指してブラ男と呼ぶことがある[1]。近年、着用する男性が増えている[2]

目的[編集]

ブラジャーは女性の乳房を支えることが基本目的であり、本来男性にはブラジャーは必要ない。しかし、クロスドレッサーの異性愛男性や同性愛男性などの間で、ブラジャーを着用するケースがある。

下記のような理由で男性がブラジャーを着用するケースが考えられる。

性同一性障害
本来、女性なのに男性の身体に生まれて来てしまった人(MtF)が、性別適合手術を済ませる前の男性の身体の時に着用することがある。
トランスベスタイト
男性の服装に違和があり、女性の下着を着けたいという願望がある人が着用する(異性装女装)。クロスドレッサーともいう。アウターもインナーも全て女装する人、インナーだけ女装する人など様々なタイプがいる。同性愛者とは限らず、異性愛者や両性愛者もいる。
フェティシズム
性的嗜好としてブラジャーの触った感触や着けた感触、デザインの違いを楽しむ者もいる[3]。また色にこだわったりレースが好きな者、逆にシンプルなシームレスを好む者もいる。
生理的な理由
乳腺の異常発達による女性化乳房 でブラジャー(乳頭を保護するパッド等)を付けないと生活上不便な場合。

その他、下着通販会社の土屋将之は個人的見解として、「購入客の多くは機能性を重視し、女装や性的興奮を得るために着けるわけではない」としている[4]国際日本文化研究センター井上章一は、「表面とは違う自分がいることを、自分だけにひそかにアピールしたい。そんな心理が働くのでは」と分析している[1]

着用[編集]

男性が女性用のブラジャーを着用しようとすると、思春期初期の男性を除いてアンダーバストが足りないことがある。そのため、ゴムひも等でホックを引っかけて留めている人やホックがかからないまま放置している人、伸び縮みするスポーツブラを使う人、外国人に合わせて作られた輸入品のブラを使用している人、アンダーを長くする製品を使用する場合がある。この問題が発生しないよう男性用に独自に製作されたメンズブラが、2008年11月に東京の「ウィッシュルーム」から発売され[5]楽天のランキングで1位となった。2012年現在、1日6枚程度のペースで売れている[4]

ブラジャーを着け、下着やワイシャツが白いものだと外に透ける。しかし現在メンズブラは市民権を得ておらず[6]、これは通常の生活をしている男性の場合は不都合なので、一般に上にグレイや紺などの下着を着ける人もいる。

店頭での購入に抵抗がある場合、通販で購入する人がいる。また店頭でも試着は困難で、自分に合うサイズを見つけるのが難しい。

報道[編集]

中国政府系ウィブメディア、毎日中国経済(XINHUA)は2014年1月19日の配信記事で「日本で急増とウワサの“ブラ男”ってなに?驚愕の事実に『オネエ化した日本じゃ戦争はムリだね』―中国ネットユーザー」(編集翻訳 恩田有紀))において、「変態民族か」、「変態民族は長年の米国の抑圧によって自信を失い、さらに変態になった」、「ここまで低俗なの、日本ぐらいだろ」、「キモい」、「日本人の考えって普通じゃないな」、「あと何年かすれば日本人の男はみんなオネエ化する。戦争不要」などと報道した。

出典[編集]

  1. ^ a b 大木隆士「オレ 実はブラ男 ひそかに増殖中?」『読売新聞』夕刊、2008年2月23日
  2. ^ 商談には勝負ブラ着用! ブラジャー男子が急増中のワケ2013年9月14日 週刊プレイボーイのニュースサイト-週プレNEWS)
  3. ^ 青山まり 2005, p. 42.
  4. ^ a b ふんどし女子、メンズブラ・・・ 下着 薄れる性差 『中日新聞』2012年2月1日
  5. ^ Toshi Maeda (2008年11月21日). “Bra for the boys an online bestseller in Japan”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2008/11/21/us-men-bra-idUSTRE4AK20620081121 
  6. ^ 青山まり 2005, p. 14.

参考文献[編集]

  • 青山まり 『ブラジャーをする男たちとしない女』 新水社、2005年ISBN 978-4883850723

関連項目[編集]