ワンピース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑色のワンピース
ミニのワンピース

ワンピースone-piece)は、上衣スカートが一緒となり繋がった形状の女性向けの衣類である。略称は「ワンピ」。

概要[編集]

日本で「ワンピース」と言った場合は、アウターウェアドレスのことを指す。 また、ワンピースに対して、上衣とスカートに分かれたものを「ツーピース」、上衣とスカートとベストなど3つに分かれているものを「スリーピース」と呼ぶ。

英語ではワンピースドレスone-piece dress)と言い、「one-piece」自体は、水着・子供服・スポーツウェアレーシングスーツなどの「つなぎ服」全般を意味する言葉である。

また、1枚布でできているという意味もある。たとえば「ワンピーススカート」は1枚布でできたスカートであり、「ワンピーススリーブ」は1枚布で出来た袖のことである。

ウエストにゴムの入ったワンピースなどもある。

特徴[編集]

ワンピースの形状は、上衣とスカートが一続きとなっているものだが、1枚のから出来ているものとは限らず、上下が縫い合わせられていても全体として一続きならば、それはワンピースである。

また、原則としてそれ1枚だけを着れば服装として成り立つものが「ワンピース」であり、別のトップスの上に着る「ジャンパースカート」や、別のボトムスと合わせて着る「チュニック」などは、形状が同様であってもワンピースとは区別される。

歴史[編集]

ワンピースは女性の服装として長い歴史を持ち、その時代の流行を取り入れながら、スカート丈の長さなどデザインを変化させつつ、現在も着用され続けている。20世紀に入ってからはツーピースやパンツルックも女性の服装として認知されるようになったが、依然ワンピースが女性の正装とされる傾向は強く残っている。

関連項目[編集]