ふんどし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ふんどし)は、日本の伝統的な下着。褌には概ね帯状の布を身体に巻き付けて身体後部で完結するものと、紐を用いて輪状として用いて完結するものに大別されている。同様のものは世界各地に見られる[1]

概要[編集]

「褌」の漢字は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来する。昔はが高価であったことから、戦国時代では戦死者身分は褌の有無で見分けを行っていた。当時はが主流であったが、江戸時代に入り木綿に代り、武士の他に一般庶民にも普及するようになった。一部の上流階層は縮緬などを用いていた。 第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていたが、第二次世界大戦後、洋装化が進んだことや、ブリーフトランクス等の新しい下着が出現したことで、急速に廃れた。

褌の由来は南方伝来説と大陸伝来説があるが、定説はない。南方伝来説の根拠は、東南アジアポリネシア南米地区で六尺褌とほぼ同形状のものがあることから言われる説であり、一方、大陸伝来説は、中国大陸に「特鼻褌」(とくびこん、たふさぎ)と呼ばれる、男性の局部が牛の鼻のように見える褌が日本に伝来したとの説がある。日本の祭事に六尺褌が多いのは、南方伝来の六尺褌が根底文化にあり、大陸文化との折衷が始まり、時代を経て簡略化された越中褌が生まれたとの説が一部で唱えられている。

語源[編集]

「踏通(ふみとおし)」「踏絆(ふもだし・馬や犬を繋ぎ止める綱)」「絆す(ほだす・動かないよう縄等で繋ぎ止める)」から由来するという説が一般的である。また古語においては「犢鼻褌(たふさぎ)」といった。これの由来についても「股塞ぎ(またふさぎ)」「手ふさぎ(陰部を手で覆って隠す)」「布下げ(たふさげ)」「タブ(樹皮布)裂き」など諸説ある。室町時代には「手綱(タズナ)」、江戸時代初期からは「下帯(シタオビ)」とも呼ばれており、「ふんどし」との名称が確立したのは江戸時代初期と言われる。各地方で名称が異なり、関西地方では「フドシ」、関東地方では「フンドシ」、仙台では「ウチオビ」、盛岡では「コバカマ」、常陸地方では「テコ」、徳島地方では「テテラ」、高知地方では「フゴメ」、長野地方では「モッコ」と呼ばれていた。[2]九州方言で「兵児帯」(へこおび)と呼ぶのは「へのこ(陰茎の俗称)」からくる。元来日本語には「ん」という発音言葉がなかったことから、漢語の「褌衣」を韓国語化した「Hun-t-os,(フントス)」からくるという説[3]、逆に日本統治時代にふんどしが伝わり、その名称が韓国語化したものが「フントス」であるとの説[4]もある。アイヌ語では「テパ」(tepa)と呼ばれる。

材質[編集]

一般的には木綿晒しが多く使用される。他に、新モススフ(シルク)、等も使用される。着装感は生地の目が粗いものが柔らかく、生地が細かいものは硬めの感触となり、下着には目の粗い生地が用いられている方が多い。色は白色が多いが、赤、青などの色生地も使用されている。、他に柄物などもある。

種類[編集]

赤の六尺褌(前面から)
赤の六尺褌(背面から)

褌の種類は六尺褌越中褌、畚(もっこ)褌、割褌、黒猫褌などの種類があり、締め方や形状が大きく異なる。柄や色のある物も多い。医療用の下着であるT字帯も褌に含まれる。

六尺褌[編集]

六尺褌は、長さ約180cm~300cm程度、幅約34cm~16cmのさらしの布を用いた日本人男性用の下着臀部が露出していることに特徴がある。現在では、下着に用いられるよりも、主に祭事水着などで使用されることが多い。詳細は六尺褌を参照。

越中褌[編集]

越中褌は、長さ100cm程度、幅34cm程度の布の端に紐をつけた下着。一部では和製英語クラシックパンツ、サムライパンツとも呼ばれている。医療用の下着であるT字帯越中褌の一種。の時に使われる場合が多い他、一部の裸祭りでは六尺褌に代って、こちらが使われる場合がある。詳細は越中褌を参照。

畚(もっこ)褌[編集]

長さ70cm程度、幅34cm程度の布の両端に紐を通したもの。土木工事等で土を運ぶ畚に形状が似ているためこの名がついたといわれる。歌舞伎女形は、普段から、これを着用。

割褌[編集]

六越褌、とも呼ばれる。長さ150~160cm幅30~40cm程度の布を使用し、片一方の布端を約55~60cm程真中から切って、切った部分を腰に巻く方式の褌。六尺褌越中褌の中間的な物。戦国~江戸時代に掛けて一部の武将大名に愛用された。

黒猫褌[編集]

戦前の水泳の授業などで使われた子供用の水褌(水着としての褌)。広島県、長崎県では「キンツリ」、「三角兵子」と呼ばれる。畚(もっこ)褌の一種でTバックになる。大人はサポーターとして用いる場合が多い。

昭和初期頃より登場し、簡易褌と呼ばれる。生地は黒色の麻が用いられていた。名称の由来や出現は不明であるが、「黒猫」の名称は生地の黒色に由来している。国民皆泳が叫ばれ水泳が学校の教科として取り上げられたことで、幼児~小学生用の水着として全国に普及し、昭和30年代頃まで各地で散見されていた。

廻し[編集]

廻しは、日本国技相撲や一部の裸祭り、奉納相撲に使われる特殊な褌。色・材質・締め方が他の褌とは異なる。詳細は廻しを参照。

締め込み[編集]

福岡市博多区で毎年7月に行われる博多祇園山笠や、その他の裸祭り装束として使われる褌。締め方や材質は、博多では廻しに近い(但し、生地の厚さは廻しの中間くらい、薄めの帆布や重ねた木綿の洋服地)が、前垂れを出す場合が多い。博多以外では5mの、さらし廻しと同様に締め込む場合が多い。何れの場合も横褌の幅を広くし(7~12cm)、後の結び目を廻しと同様にする。廻し六尺褌九尺褌晒一反を指す場合もある。

晒一反[編集]

下帯、とも呼ばれる、さらし1反分(10m)を、丸ごと使うふんどし。1枚の布で褌と腹巻きを兼ねる。着物用の下着として使われる他、玉せせりや、愛知県等の真冬の裸祭りで使われる場合が多い。褌と兼用せず、越中褌締め込み半タコと併用する場合も多い。

九尺褌[編集]

長崎県雲仙市(旧・国見町)の伝統芸能鳥刺し踊り」に使われる褌。股間を通したを胸まで引き上げて締める独特の形をしている。本来は漁師が着用したふんどしで、廻しと同様に着用。

サイジ[編集]

石川県舳倉島海女が身につけていた褌。非常に布面積の小さい越中褌の一種で現在のTバックに近い形状。前垂れ、前袋にあたる部分は3角形の刺し子で、残りはロープ状。横褌を巻きつけたあと、前垂れの部分を外から横褌に巻きつける。

下がり[編集]

歌舞伎時代劇の衣装(股道具)として作られた、最初から見せることを目的に作られた特殊なふんどし。歌舞伎ではマタギ素人歌舞伎ではキン隠しと呼ばれる。越中に似ているが、前垂れと股間の布(晒し)が別々になっている。前垂れは武士役は白の方形の羽二重縮緬、「粋な江戸の色男」役では赤の方形の羽二重縮緬、町人役は白の三角形の晒しとなる。荒事や繻子、等、勇猛な男性の役では伊達下がりと呼ばれる化粧廻しに似た豪華で重厚な下がりになる(一部の祭り・郷土芸能でも着用)。肉襦袢、または下着の褌の上に着用。 また着用する役者俳優によって二重に仕立てた下がりの下の部分の左右に鉛のおもりを入れて(五円玉が適当な重さ)、きれいに垂れ下がるように見せたり、形も少し「丸み」ができるように「分銅状」の形にしたりと、股を割ったとき、いかに下がりがきれいに見えるかという様々な工夫が見られる。 時代劇のふんどしも参照。

半タコ[編集]

半タコは褌ではないが、ここで取り上げておく。日本版トランクス猿股ステテコ木股とも。明治以降に一般化した。時代劇や素人歌舞伎で使われる場合が多いが、時代考証上は誤りとされる。裸祭り(褌を着用しない場合)で多用される。祭りによっては、御輿の担ぎ手に褌を禁止し、半タコ着用を指示する場合もある。

六越褌[編集]

平成になってから、発明された褌。主にインターネットでの通販のみに用いられ、六尺褌を縦に真ん中まで裂いた形になっている。尻が六尺様に、股には下がりがつく。上記、割褌と同様の形状の褌。

通過儀礼[編集]

日本の一部の地方では、通過儀礼として、一定年齢に達すると、成人を迎えた証として初めて褌を締める「褌祝」と言われる私的祭事がある。褌は陰部を覆うことから性的機能を持ったものの象徴として扱われ、歌舞伎の演技の中で、着物の裾をはしょり、見得を切る場面などは、陰部臀部を見せて褌を締めていることを表すことで、自分は成人した者であるとの証を象徴したものである。昔から、褌は成人の下着として位置付けられており、一定年齢に満たない幼児や子供が下着として褌を使用することはなかった。幼児や子供は金太郎のような腹掛けが一般的だった。但し、福岡県では厄除けで7歳で男児は「へこかき」、女児は「ゆもじかき」(湯文字)、と言う成人仕様の下着を初めて身につける地区がある。時代が洋装化に向かったことで、子供はパッチ(猿股)を使用するようになったが、第二次世界大戦前までは、成人してからは褌に代えるのが一般的だった。

近代に入り、明治政府徴兵令を制定し、国民皆兵が義務付けられ、徴兵検査を受けることが成人男子の証として社会的に認知されるようになった。この徴兵検査の際に白い越中褌の着用が指導されることで、擬似的な「褌祝」に相当するようになった。軍隊に入隊すると、白い越中褌が支給され、使用を強制したことで、当時の日本人成人男子通過儀礼として誰もが「褌」を締めなければならない環境下に置かれた。

水着としての褌[編集]

戦前までは日本人男性の水着は、褌が一般的であり、ほとんどが六尺褌であった。六尺褌#水着としての六尺褌も参照。

時代劇の褌[編集]

かつて無声映画といわれた頃の時代劇映画では、ふんどしを露に見せての剣戟が盛んだった。当時の人気スター、市川百之助による意識的にふんどしを見せるサービスに女性ファンは大喜びし、「フンドシももちゃん」と呼ばれた。同様の立ち回りは、若い頃の市川右太衛門や、片岡千恵蔵阪東妻三郎羅門光三郎なども行った。特に市川右太衛門の「浄魂」の大剣戟シーンのふんどしを露にしての剣戟や、阪妻の「決闘高田の馬場」の尻はしょりのふんどし、最近ではテレビ映画「森の石松」で中村勘九郎(現・勘三郎)がふんどしを見せての剣戟が知られる。

女性の褌[編集]

一般に女性と褌は縁がないと思われがちだが、決してそうではない。古くは『日本書紀』にも女性が褌を着用した記述を確認することができるし、一部では腰巻も含めた下穿きの総称として「褌」という言葉が使われていた。 女性用の褌は前垂れの有無に特徴がある。世界的に前垂れがある褌が男性用であり、前垂れがない畚褌などが女性用として性差を示す形が前垂れの有無であると言われている。歌舞伎役者の女形が畚褌を着用しているのもこの理由によるものとされる。[5]

タンポンナプキンなどの生理用品が普及する以前は、越中褌やもっこ褌が「お馬」と呼ばれ生理帯として長い間使用されてきたという歴史もあるが、当時は生理中の女性を穢れたものとして忌み嫌う風習があったことから、あまりおおっぴらに語られることがなかった。[6]

また江戸時代から戦後にかけては見世物としての女相撲興行が盛んに行われており[7]、大衆演劇の世界では男装した女役者が着物をはしょり、内股に白粉を塗ってふんどしを見せながら剣戟を演じて客の喝采を浴びた[8]という。サイジのように一部の海女が身につける褌も存在する。[9]

1980年代になると当時の人気アイドルであった武田久美子宮沢りえがふんどしを締めたことが話題を呼び、以降は女優やグラビアアイドルがふんどし姿を公開するのも一種のトレンドとなった。近年では益戸育江がTV取材に対して『手製のふんどしを愛用している』と発言し[10]木口亜矢壇蜜が日本ふんどし協会から「ベストフンドシスト」を受賞している。

近年では女性を対象にした越中褌やもっこ褌が市場に現れている。パンツとは異なりゴムでそけい部のリンパ節を圧迫することがなく、通気性が良く蒸れないため美容や健康に良いと言われ好調な売上を記録した。「ふんどし」という呼び方に抵抗を感じる女性に配慮して「パンドルショーツ」「ななふん」といった名称で呼ばれている。「パンドル」とはフランス語で、「垂れる」と言う意味。

団鬼六の作品等に代表されるようにSMにおける羞恥プレイで女性に褌を締める行為は古くから行われている。中でも六尺褌はきつく締め上げることで圧迫による性的快感があり、男装したような倒錯感を醸し出す。これが女性にとっては羞恥心とナルシシズムが結びつきマゾヒズムを刺激する[11]

くノ一忍法帖 影ノ月』、『真田くノ一忍法伝 かすみ』といった時代劇Vシネマでも女優が着物の下にふんどしを締めているのが確認できる。

文学・テレビ番組[編集]

古典落語[編集]

古典落語では、褌を締めていた時代なので褌に関連した話題には事欠かないが、『錦の袈裟』『蛙茶番』などが挙げられる。

川柳[編集]

江戸庶民の暮らしを生き生きと描写した川柳にも褌はよく登場する。代表的なものをいくつか例に挙げると、

  • 庶民の日常生活を詠んだもの
    • 「越中がはづれて隣りの国[12]を出し」
    • 「ふんどしをひねくり廻し一分出し」
  • 褌に絡めて関取の暮らしを詠んだもの
    • 「褌の強いはやがて幕になり」
    • 「褌を故郷へ飾る角力取」
  • 褌が「お馬」と呼ばれ生理帯として使われていたことを詠んだもの
    • 「越中を女房がすると事(房事)を欠き」
    • 「十三四 姫はお馬をのりならひ」
    • 「雪隠で手綱捌き(月経帯)をする女」

などがある。

文学[編集]

  • 夏目漱石は、『虞美人草』の中で夏の風物詩として褌を取り上げている。「夏は褌を洗う」など、夏の季語のような用法を使用している。
  • 堺利彦の『獄中生活』では、堺が巣鴨監獄(のちの巣鴨プリズン、巣鴨拘置所)に入獄したおりの官給の褌の感想がある。「いずれも柿色染であるが、手拭と褌とは縦に濃淡の染分けになって、多少の美をなしているからおかしい。」(三 巣鴨監獄)
  • 泉鏡花『いろ扱ひ』は、作者の少年時の乱読癖を振り返った私小説。厳しい塾の下宿から、貸本屋へ外出する方便として、「褌を外して袂へ忍ばせて置く」裏技を開陳している。「何のためだと云ふと、其塾の傍に一筋の小川が流れて居る、其小川へ洗濯に出ましたと斯(か)う答へるんです。さうすると剣突を喰つて、『どうも褌を洗ひに行きますと云ふのは、何だか申上げ悪(にく)いから黙つて出ました。』と言ひ抜ける積りさ。」
  • 芥川龍之介『玄鶴山房』では、肺結核の床に就いている主人公・玄鶴が、褌で縊れ死ぬことを夢想する。「玄鶴はそっと褌を引き寄せ、彼の頭に巻きつけると、両手にぐっと引っぱるようにした。/そこへ丁度顔を出したのはまるまると着膨(きぶく)れた武夫だった。/やあ、お爺さんがあんなことをしていらあ。」/武夫はこう囃(はや)しながら、一散に茶の間へ走って行った。」(五)
  • 「死ぬときはきれいな身なりで」という美意識は、近代社会において、人口に膾炙していた。芥川龍之介『追憶』にはこうある「この「お師匠さん」は長命だった。なんでも晩年味噌(みそ)を買いに行き、雪上がりの往来で転んだ時にも、やっと家(うち)へ帰ってくると、「それでもまあ褌(ふんどし)だけ新しくってよかった」と言ったそうである。」(一九 宇治紫山)
  • 小林多喜二蟹工船』では、密閉空間に置かれた船員達の、荒れた風景の小道具として描かれる。「夢精をするのが何人もいた。誰もいない時、たまらなくなって自涜をするものもいた。――棚の隅にカタのついた汚れた猿又や褌が、しめっぽく、すえた臭いをして円められていた。学生はそれを野糞のように踏みつけることがあった。」(四)
  • 小林多喜二独房』では、政治犯としての入所体験において、外界との違いを褌に見つける。「青い着物を着、青い股引(ももひき)をはき、青い褌(ふんどし)をしめ、青い帯をしめ、ワラ草履(ぞうり)をはき、――生れて始めて、俺は「編笠(あみがさ)」をかぶった。だが、俺は褌まで青くなくたっていゝだろうと思った。」
  • 高村光太郎『回想録』には、近世の風俗の名残が、近代の流れに洗われてゆく風情を描く。「祖父は丁髷(ちょんまげ)をつけて、夏など褌(ふんどし)一つで歩いていたのを覚えている。その頃裸体禁止令が出て、お巡りさんが「御隠居さん、もう裸では歩けなくなったのだよ。」と言って喧(やかま)しい。そしたら着物を着てやろうというので蚊帳(かや)で着物を拵え素透(すどお)しでよく見えるのに平気で交番の前を歩いていた。」
  • 坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』では、性別役割分業として「褌を洗う女=私」を登場させている。
  • 三島由紀夫の褌姿は有名だ。市谷駐屯地での割腹事件の数年前から褌姿で切腹する写真や映画『憂国』を残している。
  • 三島由紀夫と交流のあった稲垣足穂は、ふんどしをしめた上での奇行で有名。三島同様に男色趣味のあった足穂はふんどしでインタビューに応じたり、若い男をくどいたりしている。

漫画・アニメ[編集]

褌を下着として常用している主なキャラクターとしては

などが挙げられる。

また、博多を舞台にした青春劇画『博多っ子純情』(長谷川法世)では、博多祇園山笠が重要なイベントとして描かれている。『六尺ふんどし』(青柳裕介)、『匠のふんどし』(山崎大紀)、『ふんどし刑事ケンちゃんとチャコちゃん』(徳弘正也)、『赤褌鈴乃介』(永井豪、『赤胴鈴之助』のパロディ)といったタイトルに使用している作品もある。

テレビ番組[編集]

その他[編集]

  • ハウス食品のインスタントラーメン『うまかっちゃん』は、博多祇園山笠の舁き手のイラストがパッケージデザインに使用されている。
  • ナムコの3D対戦型格闘ゲーム『鉄拳4』では、ボスキャラクター・三島平八が廻し型の褌姿で登場する。後発の作品『鉄拳6』でも、褌が平八用のキャラクターカスタマイズアイテムとして登場する。
  • 高田延彦PRIDE統括本部長だった頃、PRIDE男祭りのオープニングで褌姿になって太鼓を敲いていた。その影響で、外国のPRIDE参戦選手は褌のことを『タカダショーツ』と呼んでいた。

褌に関する言葉・都市伝説など[編集]

  • 褌を含むことわざ
    • 「褌を締めてかかる」
    • 「義理と褌欠かされぬ」
    • 「人の褌で相撲を取る」
    • 「帯に短し襷に長し褌には丁度良い」
  • 褌を含む地口
    • 「見上げたもんだよ屋根屋の褌」
    • 「川流れの褌で、食い(杭)にかかったら離れない」
  • 褌を含む四字熟語に「緊褌一番」がある。
  • 雅楽にも褌が付く曲がある。何れも相撲の時の曲らしい。
  • 「褌担ぎ」は、下位の相撲取り。
  • 成人を意味する褌親(へこおや)がある。
  • カニの腹節は俗に褌と呼ばれている。北陸地方ではカニの(食用に不適)を指し、茹でカニの甲羅を開けたのちに先ず取り除く。
    • 食卓にカニを出された男性がカニではなく自分の褌を外す、という民話がある。
  • 昔から妊婦に関して「夫のふんどし(六尺)(地方によっては裸祭り参加者のふんどし)を腹巻にすると安産できる」と言う言い伝えがある。
  • 徳川家康は倹約家で自身は浅黄に染めたふんどしを常に使用し、家臣にもそれを勧めていたが、いかに骨太の三河武士でも下帯だけは真白のものを使用したとされる。
  • 飛脚のふんどしという都市伝説もある。
  • 将棋において、桂馬で両取りをかけることを「桂馬の褌(けいまのふんどし)」という。

脚注[編集]

  1. ^ 平凡社 『世界大百科事典』
  2. ^ 服装文化協会 『服装大百科事典』
  3. ^ 雄山閣 『卑語考』
  4. ^ PHP研究所 『「衣」の文化人類学』
  5. ^ 平凡社 『世界大百科事典』
  6. ^ 講談社 『実用版 下着おもしろ雑学事典』
  7. ^ 慶友社 『女相撲民俗誌 越境する芸能』
  8. ^ 心交社 『新・ふんどし物語』
  9. ^ 自由国民社 『海女のいる風景』
  10. ^ “家では“裸”の秋吉久美子と“フンドシ”の高樹沙耶”. http://news.livedoor.com/article/detail/3555302/ 
  11. ^ 河出書房新社 『SM博物館』
  12. ^ 「越中」の隣にあるから、という意味で男性器の包茎を指す「越前」という隠語があった。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ふんどしの種類・締め方[編集]

水褌[編集]

女性の褌[編集]