花山薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花山薫(はなやま かおる)は板垣恵介の漫画作品『グラップラー刃牙』シリーズに登場する架空の人物。『バキ外伝 -疵面 スカーフェイス-』、『バキ外伝 創面(きずづら)』では主人公を務める。

アニメでの声優は中田雅之。少年時代はくまいもとこ

プロフィール[編集]

  • 年齢:15歳(幼年編)、19歳(最大トーナメント編以降)
  • ファイトスタイル:素手喧嘩(ステゴロ)
  • 身長:190.5cm
  • 体重:166kg[1]

概要[編集]

暴力団花山組二代目組長。初代組長であった父親が13歳の時に抗争で早世したため、15歳にして花山組の二代目組長に就任した。非武装・非鍛錬の美学を持つ素手喧嘩(ステゴロ)の天才で、「日本一の喧嘩師」として全国のヤクザ・不良から畏敬の念を受けている。刃牙とは死闘を経て以後、固い友情で結ばれた。

五百円硬貨を指でひん曲げ、重ねたトランプの一部だけを千切るほどの握力を誇る。主な特徴は外伝のサブタイトルにもある、顔に大きく走った斬り傷痕と、背中に彫られた刺青。この絵柄は花山家の先祖の恩人であり、代々“漢(おとこ)の鑑”として言い伝えられている、名も無き博徒を描いた「侠客立ち(おとこだち)」と言われるものである。その刺青は縦横に背を切り刻む刀創で歪んでいるが、「傷のない侠客立ちは侠客立ちではない」という信念から、自ら父の仇である抗争相手の組に単身で乗り込み殲滅させた際に、傷をつけさせたもの。

普段は白のスーツに鰐皮靴、縁なしの眼鏡を着用し、無口であまり喋らない。上記のことから冷ややかな印象に見られがちだが、素の花山は優しく、面倒見の良い性格。また、義侠心にも厚く、基本的にカタギの人間には手を出さない。で寝たきりになった母親を見舞いに行くなど愛情深い面もある。その母も刃牙戦後に35歳の若さでこの世を去った。幼年編においては、出会い頭に北沢を恫喝し、ユリーの前に突如現れて腕を破壊するなど、理不尽な振る舞いが強調されていたが、シリーズが進むにつれてこのような描写は減っていった。

作者の板垣は、格闘技をテーマとするにあたり避けては通れない題材である、「ヤクザによる理不尽な暴力」を象徴するキャラクターとして登場させたと語る[2]

モデル[編集]

モデルは実在したヤクザ・花形敬。正確には本田靖春著のノンフィクション小説『疵』で書かれている花形敬がモデル。傷だらけの顔、縁なしの眼鏡、ソフト帽に白のスーツといった外見も花形をモデルにしており、花形敬像に出来るだけ近づけようとして描いているという[2]

板垣曰く花山の目は「女性の目」。切れ長の瞳は、イラストレーターであるペーター佐藤の描く絵を参考にしている[3]

趣味・嗜好[編集]

未成年だがバーボン・ウイスキーワイルドターキーを愛飲し、パーラメントを頻繁に喫煙。運転しているシーンはないものの、キャデラックV8を所有していた。『バキ外伝 -疵面 スカーフェイス-』においては、ナッツとチョコのクッキーを好み、行きつけの大衆食堂では決まって旗付きのオムライスを注文し、メロンソーダを飲むなどの年相応らしい一面がある。組員曰く、放浪癖があるらしい。

しばしば藤木組組長の釣りにつきあうことがあり、劇中ではたも網を用意しないままに40cm以上の大物の鯛を釣り上げている。プロの漁師にも「天性のもの」「ヤクザにしておくには惜しい」と言わしめた[4]

下記の通り、強くなるために体を鍛えることは否定しているが、スポーツ自体を嫌っている訳ではなく、年に一度の体育の日には「国が決めた日だ」と言い、皇居前で律儀にジョギングをする[5]、通学する倉鷲高校では刺青を競泳用の水着で隠すことまでして水泳の授業を休まずに参加する[6]といった一面もある。

また、『モンスターハンター3G』とのコラボ漫画である『バキ外伝 疵顔〜スカーフェイス〜 UltimateBlow4 仁剣 侠客立ち』では、例外的に自身がモデルとなった大剣仁剣【侠客立ち】を振るうシーンが存在。ただし戦闘で武器として使用した訳ではなく、ゴキブリを退治する目的で使用している。

ファイトスタイル[編集]

花山は特定の格闘技や武術の鍛錬を積んだ経験は無く、基本的には格闘の素人である。「強くなるために努力するのは女々しい事」(これは花山本人の弁ではなく、柴千春や愚地克巳の評)と断じ、策略や駆け引きを一切用いず、持って生まれた強靭な肉体と圧倒的なパワーのみで闘いに臨む。この自身への信仰にも近い非鍛錬の美学こそが花山の肉体と精神に神懸かり的な力をもたらしており、力比べを行ったピクルにトリケラトプスと同レベルの力を想起させた。ピクル戦では技とはそもそも弱者が強者と渡り合うために作られたものであり、強者として生まれたものが技を使う資格はない、という持論を披露した。この思想は範馬勇次郎にも共通しているが、武術や生物学に博識な勇次郎と違い、花山はそれらに対する探究すら行わない。

また花山には、一切の防御行動(技をガードする、避けるなど)をとらない大きな特徴がある。それでもなお刃牙戦(幼年編)や愚地克巳戦(最大トーナメント編)などで相手の攻撃を真正面から耐え切り、更に悠然と反撃に転じる驚異的なタフネスを見せ付けた。ただし、このノーガード状態はあくまで小手調べにすぎず、相手を確実に仕留める際には極端にアップライトに構えた独特のファイティングポーズをとる。この構えは一見ボディーががら空きという欠点があるが、実際は花山の圧倒的なタフネスと一撃必殺の破壊力を生む打撃力を最大限に生かした(花山に限っては)理想的なファイティングポーズである。

なお『バキ外伝 -疵面 スカーフェイス-』では、アクセルを目一杯踏み込んで走る車に追いつく凄まじい身体能力を見せている。

握撃(あくげき)
喧嘩師・花山薫の代名詞といえる絶技。相手の腕や足を両手で掴み、強大な握力によって筋肉を挟み込むように圧縮することで皮膚・血管・筋肉を破裂させる。技の特性上、仕掛けから完成までがほんの一瞬であり、さらに打撃より遥かに確実かつ致命的なダメージを相手に与えることが可能。また、これを利用して普通なら抜け出せない寝技、組技から相手にダメージを与えつつ脱出できる。
握撃のアイディアは板垣の友人の発案。「両方から挟むように握ったら破裂するんじゃないか?」という考えに実際にはありえないと思いながらも、漫画的には面白いと考え採用した[2]
ヤクザパンチ
異常に大きなテイクバックをとってのパンチ。「握力×体重×スピード=破壊力」という方程式から、強力な一撃を生み出す。その威力はかつて刃牙を数十m先まで殴り飛ばし、最大トーナメント編でも克巳を防御ごと吹き飛ばした。
アッパー
花山が繰り出す技の例に漏れず、非常に大振りなアッパーパンチ。破壊力も絶大であり、最大トーナメント編で対戦した稲城文之信は両腕ごと背骨を粉砕され、愚地克巳もダウンした状態から中空に跳ね上げられている。
ヤクザキック
体重を乗せて足裏を相手の顔面や腹部に叩き込む。広義における前蹴りだが、花山が放つそれは雑で力任せながら凄まじい力強さを誇る。観客の弁では「ホンモノのヤクザキック」。
胴廻し回転蹴り
克巳戦の初撃で使用。上述の鍛錬拒否から本人のセンスだけで成功させたと思われる。

作中での活躍[編集]

幼年編[編集]

朱沢江珠の部下、栗谷川から刃牙との対決を依頼される。ヘビー級タイトルマッチ直前のユリー・チャコフスキーの腕を握撃で破壊し、刃牙に宣戦布告。ゲームセンター(アニメ版ではライブハウス)で刃牙と対決、激闘を繰り広げるが惜敗。刃牙との間に友情が生まれるが、直後に範馬勇次郎が乱入。満身創痍で勇次郎に挑むも返り討ちに遭い、両手、両足の骨を複雑骨折する重傷を負う。この出来事は花山にとって生まれて初めて覚えた恐怖で以後トラウマとなり、窮地に陥る度に記憶がよぎるようになる。回復後は勇次郎との決戦に臨む刃牙のためにユーリらと共にトレーニングに付き合い、戦いを見守る。

最大トーナメント編[編集]

全ての格闘家に喧嘩を売るため、地下闘技場の最大トーナメントに参加。幼年編以降、幾度も抗争を行なったようで疵や弾痕が増え、体格も一際大きくなっている。Bブロック第1回戦で稲城文之信に前歯を叩き折られるが、意に介さず圧倒的破壊力で勝利。第2回戦で愚地克巳と一進一退の攻防を繰り広げたが、最後は克巳のマッハ突きの前に敗れる。その後、控え室でアレクサンダー・ガーレンと一悶着を起こすが、ガーレンに軽くあしらわれた柴千春に気を取られた一瞬の隙をつかれフロントスープレックスで倒されてしまう。

最凶死刑囚編[編集]

刃牙、愚地独歩、渋川剛気、烈海王と共に地下闘技場の代表の一人として死刑囚との戦いに参加。最大トーナメントでの成績は5人の中で最も劣るが、極道という身分からノールールマッチに対する適性を買われての選出であり、対決した死刑囚の一人、スペックも5人の中で一番自分たちに近いと認めている。銃弾を口に押し込まれたうえで、爆破され頬が破れる、ピストルで膝を打ち抜かれる、耳(外耳道)を中指で貫かれるなど重傷を負うが、それでも倒れることなくスペックの喉を握り潰して勝利する。その後に登場した際は、破れた頬のケガを隠すために覆面をしていた。一度スペックを倒して警察署に引き渡した後スペックが脱走し、再戦の末スペックを再度警察署に引きずってきた際(上記の重症もこのときのもの)には、ヤクザの身分であるにも関わらず「超VIP」待遇の治療を打診され、治療は断ったものの警察が用意した送迎用の車で帰っていった。

ピクル編[編集]

ピクル編において、花山はピクルが水商売店の前で複数名の神心会空手の道場生に絡まれている時に彼と邂逅し、交戦。力において互角の勝負を見せる。ピクルは自分よりも小さな身体しか持たない花山がかつての彼の好敵手達である恐竜と同等の力を有しているとして、待ち侘びていた己の全てをぶつけられる実力者との出会いに喜ぶも、実は花山の目的は刃牙が来るまでの足止めであり、刃牙が到着したことによって勝負は中断した。この時、ピクルと接した事で彼が自分が持つような「義理や人情といった、現代社会の人間が抱えるものを持っていない」と看破し、刃牙に「何もわからねえ小僧も同じ」と言い、戦い自体が妥当でないと否定的な見解を示した。この言は刃牙にとっても大いに当てはまるものであり、刃牙はかつての夜叉猿の悲劇を思い出してピクルと戦おうと考えた己を恥じるに至った。しかし、ピクルを前にした刃牙が闘争心を抑えられなくなって戦いを仕掛け、ピクルがこれを快諾したこともあって、これ以降は両者の戦いに水を差す真似はしなくなった。この時点では頬の傷は傷跡が残るもののほぼ完治しており、一緒に吹き飛んだはずの口元の傷部分(少年編の勇次郎戦で受けた切り傷)も再生している。

ピクル編終了後[編集]

刃牙の力を確認するため、柴千春に指示を出して喧嘩を売りに行かせる。その後、刃牙との喧嘩を終えた千春から「ゴキブリダッシュ」の話を聞き、加速の勢いを乗せた眼球で指を潰されたという報告を受ける。最初は「柔らかい眼球で指を潰せるわけがない」と疑っていたが「新幹線並みのスピードが出ていれば指を潰せるのでは」という千春の意見を聞き、何故か納得した模様[7]。 また、地上最大の親子喧嘩発生時は柴千春とバーからテレビ放送を通じて勃発を知り、親子喧嘩の会場まで赴く。千春に何度も「もうちょっと近くで見ますか?」と問われるが「いや、ここでいい」と返しながらも、結局最終的には最前列まで移動して親子喧嘩を見守った。

外伝-創面-(きずつら)編[編集]

花山薫自身の学生時代を描いた外伝。ヤクザでありながら高校に通う者として問題を起こさないように務めているが、周囲が放っておくワケでもなく問題をいろいろ起こしている。ただ勉学は苦手であり、国立大学を卒業していた木崎に頼んで勉学を教えてもらっている。ただ、成績の悪い通信簿を見せるのを嫌がり、旅に出ようとするなど、精神年齢が幼く設定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『バキ外伝 -疵面 スカーフェイス』第1話の紹介時には身長191cm、体重166kgになっている。
  2. ^ a b c 週刊少年チャンピオン1月25日増刊号『グラップラー刃牙Fighting』
  3. ^ 「謝男 シャーマン」1巻刊行、板垣恵介インタビュー - コミックナタリー
  4. ^ ただし、劇中では根がかりを起こす場面も見られた(「珍しい」とのことだが)。
  5. ^ 週刊少年チャンピオン 2010年 36,37合併号掲載のエピソード
  6. ^ 『バキ外伝 創面』「4時間目 水泳実習」のエピソード
  7. ^ 偶然だが、刃牙が「ゴキブリダッシュ」を発案したそもそものきっかけは「人間が生身で、新幹線と同じトップスピードで走るにはどうすればいいのか?」と考えた事であった。

関連項目[編集]