ケープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケープ
ケープを着たユーグ・カペー
同時代に描かれたケープのユーグ
インバネス・ケープ

ケープ (cape) は、を覆う、のない外衣マントの短いものといえる。下半身まで届くものはケープではなくクロークという。前が閉じていないものは肩掛けにも分類できる。

フランス語ではカプ (cape)。またカペー家の由来ともなっている。ユーグ・カペー合羽のユーグとして知られるが、現代、ケープのユーグとしたほうが適切である。
ポルトガル語のカパ (capa) も語源は同じだが、こちらは外套を意味する。カパは日本語に入り合羽(かっぱ)となった。

現在は主に婦人用だが、中世・近世にはむしろ男性用が主だった。

基本的なケープとして、円形の布の中央をくりぬいた「サーキュラー・ケープ」が挙げられるが、他にもさまざまなものがある。

ケープの例[編集]

イブニング・ケープ
婦人の正装の上に羽織るケープ。イブニング・パーティに着たことから。
インバネス・ケープ
スコットランドのケープで、インバネス・コートと組み合わせて着る。コートとケープを合わせて二重回しともいう。
オペラ・ケープ
婦人の正装の上に羽織るケープ。オペラの観劇に着たことから。
サーキュラー・ケープ
の布の中央をくりぬいたケープ。
タルマ
19世紀に男女ともに使われた肩掛け。フランスの俳優フランソワ・ジョゼフ・タルマから。
トライアングル・ケープ
三角形または正方形の布の角を背中に垂らしたケープ。
パラティン
レース(本来は毛皮)でできた、婦人用の小さな肩掛け。17世紀ドイツのバヴィエール侯女パラティンから。
ペルリーヌ
婦人用の長い丈の肩掛け。元は巡礼者(ペルリーヌ)が用いた。