サブリナパンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サブリナパンツ

サブリナパンツとは、八分丈・九分丈で細身の女性用ズボンのこと。カプリパンツの一種。

映画麗しのサブリナ』で、主演のオードリー・ヘップバーンが着用したことからこの名で呼ばれる。

腰から裾までがぴったりと体の線に沿ったふくらはぎ丈のパンツで、活動的なヘップバーンの魅力を存分に発揮したことから1950年代当時の女性たちに爆発的に流行した。映画では黒いパンツだったが、普通は色、柄は問わない。

ふくらはぎまでをぴったりと覆いながら裾から下にいくらか素肌を見せる、カジュアルで活動的な印象が特徴。裾を折り返したりドローコードなどでシャーリングせず、基本的にシンプルな形のものを呼ぶ。