本しゅす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本しゅす(ほんしゅす、本繻子、サテンとも)は、ナイロンポリウレタンアセテートポリエステルなどの糸を使って作ったしゅす織り織物

非常に光沢があり、豪華な雰囲気を持つのためドレス、裏地、地、ハンドバッグに使われる。帯地に使われるものは特に太い糸を使って厚く編み上げる。チャイナドレスに使われている本しゅすを特にタンタンピースと呼ぶ。

主に衣装生地として使用されることが多く、特に女性の衣服に使用されることが多い。「本しゅすの衣装」または「本しゅすの衣装を身につけた女性」に対してのフェティシズムを持つ男性が存在する。 男性の衣服ではスカジャンの生地として多用されている。

欠点[編集]

  • しゅす織りなので、使用の際は立爪の指輪やハンドバッグの金具など、尖った物に注意をしないとすぐに引き攣れてしまう。
  • 熱を通しやすいため、冬場は生地が冷たくなりやすい。
  • 吸水性がない。
  • 洗濯に弱い。
  • 表の生地と裏の生地で性質が異なってしまう。
  • アセテートのサテンについては、原料に酢酸塩を使用していることから、以前は酢の臭いがしていた。

関連項目[編集]