指輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
指輪の一例

指輪指環(ゆびわ)は、(まれに)のにはめる、環状の装飾品である。

素材[編集]

素材は主に金属だが、宝石を付したものもある。

よく利用されている金属は白金(プラチナ)などの貴金属や、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどの貴金属合金であるが、近年は、チタンタンタルイリジウムなどの希少金属を用いたものも見られる。

はめる指[編集]

はめる指によって意味が異なる。結婚指輪はその代表で、薬指には「聖なる誓い」の意味がある。

用途による種類[編集]

婚約指輪
婚約する際に、男性から女性に贈られる指輪。英語ではエンゲージメント・リング(engagement ring)。婚約指輪の金額の由来など詳細については婚約の項目を参照。
結婚指輪(ウェディングリング
結婚の証として、男女で交換し、日々身に着ける指輪。英語ではウェディング・リング(wedding ring)。「マリッジ・リング(marriage ring)」は和製英語。日本では左手の薬指が一般的だが、国や宗教によっては右手の薬指にはめることもある。
寡婦指輪
あまり一般的ではないが、 未亡人が身に着ける指環。英語ではウィドウ・リングまたはウィドウズ・リング(widow ring, widow's ring)。ドイツ語ではWitwereif。結婚指輪をはめてあるすぐ隣の指にはめる[1]

製造[編集]

現在の主流は鋳造法であるが、その中でも「ロストワックス法」(ロストワックス = 蝋を消失させる)と呼ばれる方法が一般的。

製法ごとの特徴は以下のとおり。

鋳造法
曲線や細かいモチーフなど繊細な指輪を作ることも可能なので、大量生産に向く製法。
金属を型に流し込むときにどうしても空気が入ってしまうので、ボリュームのある指輪を作ると、この空気がとして表面に出てしまうことがある。金属を鍛える(圧力を加えて、加工硬化を導く)工程が含まれないために強度的には低いが、コストダウンが図れる。流行に合わせてどんどん商品化する、低単価の指輪に適している。
鍛造法
加工硬化により金属の強度を引き出せるので、長く使用したい指輪に向く製法。
金属を鍛える(圧力を加えて、加工硬化を導く)工程はメーカーによって様々だが、大型のローラーや特殊機器を使い、何十トン - 100トン以上の圧力を加えるメーカーもある。工程自体が鋳造法やハンドメイドに比べて多く、技術や設備投資も大きくなるので、採用するメーカーは限られてくる。細かい装飾や大量生産には向かない。
切削法
鋳造も鍛造もできないチタンやタンタルなどの金属素材を用いる場合は、切削法で製作する。生産効率が最も低く大量生産には全く向かないが、ひとつずつをオーダーメイドでつくる結婚指輪など高単価の宝飾品の製作の場合に用いられることがある。

サイズ[編集]

指輪のサイズの表示は各国により異なっているため、国際標準化機構(ISO)により ISO 8653 として標準化が進められている。

日本では、1998年にISOに準拠した JIS S 4700 が制定された。2002年より普及が始まっているが、従来表記のものも併用されている。

ISO(JIS)規格表記は、指輪の内周を、最小41mm–最大76mmまでの1mm間隔で、最も近い整数で表す。

なお、指輪のサイズを決める際にはリングゲージ(サイズごとの金属環(リング)を一連に繋げたもの)などの測定具も用いられる。

指輪サイズ
ISO 従来表記 内周(mm) 内径(mm)
41 1 40.8 13.0
42 2 41.9 13.3
43 3 42.9 13.7
44 4 44.0 14.0
45 5 45.0 14.3
46 6 46.1 14.7
47 7 47.1 15.0
48 8 48.2 15.3
49 9 49.2 15.7
50 10 50.3 16.0
51 11 51.3 16.3
52 12 52.4 16.7
53 13 53.4 17.0
54 14 54.5 17.3
55 15 55.5 17.7

関連項目[編集]