綿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

綿(わた)は、繊維、または繊維状のものが絡まりあってひとまとまりの状態になっているもの。

現代日本では、通常、ワタアオイ科ワタ属の総称。ここでは、カタカナで書くときはこの意味で使う)から取られた木綿を意味する。しかし、戦国時代木綿綿が普及する以前の古代中世では、から作られた真綿を意味するのが普通である。

現代でも、布団座布団の詰め物は、繊維の種類を問わず「綿(わた)」と呼ばれる。

綿の種類[編集]

  • 木綿英語 cotton) - ワタの「わた」。布団の詰め物などに用いられる。
  • 木棉(きわた。英語 tree cotton) - キワタの種子から取る「わた」。
  • 真綿(英語 floss silk) - 繊維による「わた」。光沢があり、保温性・通気性・吸放湿性が良く軽い。高級詰め物に多く見られる。
  • パンヤ(カポック。英語 kapok) - カポック果実から取る「わた」。吸油性にすぐれる。
  • 麻綿 - 繊維による「わた」。吸放熱性が良く、さらっとした肌触りが特徴。夏用布団に用いられる事が多い。
  • 羊毛綿 - 羊毛繊維による「わた」。表面は鱗が重なり合ったような形状をしており、クリンプと呼ばれる独特の縮れを有する。ヨーロッパでは古くから用いられ、弾力性・保湿性・吸放熱性に優れている。
  • 合繊綿 - 合成繊維による「わた」。主にポリエステル製が多い。木綿綿の2倍のかさ高があり、保温性に優れて軽く、体に馴染み易い。木綿綿と混合されて使われる場合も多い。
  • 綿の代わりにガチョウ羽毛を使ったものが高級かけ布団の材料として用いられる場合もある。

綿に類するもの[編集]

  • 石綿 (英語 asbestos) - 天然の鉱物繊維状に変形したもの。耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などに優れる反面、その繊維が肺疾患を惹き起こすことが分かり社会問題にもなっている。
  • 岩綿 (英語 rock wool) - ロックウール。人工的に玄武岩や安山岩、鉱滓などを高温で溶融し、遠心力や圧縮空気でそれを細いノズルから噴出させて急冷し繊維状にしたもの。石綿より径が大きく。断熱材・吸音材などの他、園芸用土にも使われる。
  • 海綿 (英語 sponge) - 動物の一。繊維状の骨格がスポンジに用いられる。
  • スチールウール - の繊維による「わた」。非常に酸化しやすく、酸素中で激しく燃焼する。
  • その他「わた」の状態になったもの。綿菓子、綿毛など。