ワタ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワタ属
Feld mit reifer Baumwolle.jpeg
綿花畑
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
: ワタ属 Gossypium
  • 本文参照

ワタ属Gossypium spp.、: cotton plant)は、アオイ科の属の一つ。約40種の多年草からなる。世界各地の熱帯または亜熱帯地域が原産。子房が発達して形成される朔果 (boll) の内部の種子表面からは白い綿毛が生じ、これを繊維として利用するため栽培される。この繊維は綿木綿)として利用される。

また、繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用される。油の絞りかすにはポリフェノールゴシポールが含まれており、有毒であるが、中国では男性用の経口避妊薬として用いられている。

種類[編集]

栽培種には4大種と呼ばれる相互に異なる野生種に由来する栽培種の系統がある。これらは相互には交配できないとされる。

  • オーストラリア野生綿 G. sturtianum n = 13 オーストラリア
  • アジア綿 G. arboreumG. herbaceum n = 13 アジアおよびアフリカの野生種と栽培種
  • アメリカ野生綿 G. armourianum n = 13 北米西南およびガラパゴス島
  • アメリカ栽培綿 G. hirsutum n = 26 北米、南米、アフリカ、太平洋諸島

栽培環境[編集]

生育には高温(平均気温25℃程度)が必要。アメリカ合衆国のコットンベルトとよばれる綿の栽培地帯は北緯37度~39度。年降水量は1000~1500 mmを要する一方、開花期には乾燥が必要。

春に播種し、2ヶ月程度で着蕾、開花する。開花40~45日後に朔果が割れ、中の繊維質が出てきて収穫時期となる。

遺伝子組み換え[編集]

ワタの遺伝子組換え品種が多数開発され、遺伝子組換え品種の栽培面積が急激に広がっている。2003年度においては世界のワタの総栽培面積のうち21%が遺伝子組み換えワタであったにすぎなかったが、2012年度においては81%となっている(ISAAA報告[1])。

アメリカにおいては、2009年度の組換えワタの栽培面積は綿の栽培面積の88%(約320万 ha[1])であった[2]。2010年度では、93%である[3]

中国においては2003年度は58%が遺伝子組み換えワタ[4]で、2009年度は60%で370万 ha以上であった[1]

インドにおいては、2008年度のワタの栽培面積の76%(約695万 ha)は組換え品種であった[1]。なお、上記のデータと多少の誤差があるがISAAAの調査によると[5]、インドの各地方に適した様々な品種が開発され、2009年度には87%(約840万ha)がBtワタになっており、2009年度には560万人の小農がBtワタを栽培している。

導入された遺伝子は2種に大別される。ひとつは殺虫効果のある結晶タンパク質を作るBacillus thuringiensis (BT) という真正細菌の遺伝子、もうひとつはラウンドアップなどグリホサート系の除草剤に耐性を持つ遺伝子である。これら両方の遺伝子を導入した品種も作られている。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Genetically modified plants: Global Cultivation Area Cotton
  2. ^ Acreage 2009
  3. ^ Acreage 2010
  4. ^ Global Status of Commercialized Transgenic Crops: 2003, page 4, ISAAA
  5. ^ ISAAA Series of Biotech Crop Profiles: Bt Cotton in India: A Country Profile, Bhagirath Choudhary and Kadambini Gaur著, July 2010, ISBN: 978-1-892456-46-X

外部リンク[編集]