織物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

織物(おりもの、英語:textile)とは、を経緯(たてよこ)に組み合わせて作った地である。英語風にテキスタイルまたはテクスタイルとも呼ばれる(ただしテキスタイルには不織布も含まれる)。専門的には「染織」という用語を用いる。織り方には何種類もあるがほとんどの織物の基礎となる平織り綾織りしゅす織りを特に三原組織(さんげんそしき)という。 使う糸によっても性質は違う。

繊維の混用[編集]

異なる繊維を使い布を作ることを繊維の混用(こんよう)といい、糸の段階で混ぜることを混紡(こんぼう)と呼び、縦糸と横糸を異なる繊維にして織ることを交織(こうしょく)と呼ぶ。

織物の名前[編集]

  • 原料による名称 原則使った糸名+織物とあらわされる。
  • 染色法による名称
    • 先染め織物
    • 後染め織物
    • 友禅
  • 色や柄による名称
    • 白地織物
    • 無地織物
    • 霜降り織物
    • 縞織物
    • 織物
    • 染め模様織物

織物の産地[編集]

関連項目[編集]