型紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sewing pattern.jpg

型紙(かたがみ)とは、洋裁において衣服(洋服)を作るときにそのに合わせて布等の生地裁断できるように、部分の形を切り抜いたものや部分の形を印刷した[1]。裁縫用紙[1]、裁縫用型紙[1]パターンとも言われる。

デザインされた洋服縫製する際に作成する紙の型である。型紙には、縫製指示に関する事項が記載される。例えばタックをどのように倒すのか、などはタックの位置に倒す方向が書かれている。また、ステッチなどの指示も型紙に記載される。ポケットをつける位置やボタンホールの位置及び長さも全て記載される。また地の目の指示は必ず書かれている。型紙には縫い代がつけられるが、全て同じ幅ではない。

過去の服飾関係の型紙は時代ごとの服飾の流行を知る資料となることから貴重なものとされる[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 意匠分類定義カード(F3)「裁縫用紙」参照 特許庁
  2. ^ 昭和モノ事典 北名古屋市歴史民俗資料館

関連項目[編集]