袖口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

袖口(そでぐち)は、の端の手首が出る部分。「カフ」とも称される。ボタン、カフリンクス、スナップで留める。

シャツのカフ[編集]

シングルカフス
一重のため折り返しがないタイプ。ボタンが2つついてフィット感を調節できるものは、アジャスタブルカフスと呼ばれる。
テニスカフス
カフリンクス専用なのでボタンは付いていない。ウィングカラーのワイシャツに多い。
ダブルカフ
両側にボタン穴があり、袖口が折り返されて二重になったもの。これをカフリンクスで留める。ドレッシーなシャツに多い。
ターンナップカフ
シングルカフに装飾用の折り返しがついたもの。カフリンクスは使わないが、エレガンスな雰囲気漂うディテールである。
コンパーチブルカフス
ボタンでもカフリンクスでも留めることが出来る。
ツインボタン
袖口に二ボタンがあるタイプ(アジャスタブルカフとは別)。上記や下記のカフスと組み合わせる事も多い。

袖口の形[編集]

スクエア
四角い袖口で特に加工はされていない。
ラウンド(大丸・小丸)
丸く加工された袖口。
バレル(角落とし)
角を無くした袖口。

関連項目[編集]