ファイユーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイユーム
الفيوم‎
Faiyum
座標 : 北緯29度18分 東経30度50分 / 北緯29.300度 東経30.833度 / 29.300; 30.833
行政
エジプトの旗 エジプト
  ファイユーム県
 市 ファイユーム
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)

ファイユーム(Faiyum)は、エジプトの都市。カイロから南東に130km離れたファイユーム・オアシス英語版にあり、同地方最大の都市。ファイユーム県の県都である。

ファイユーム地方はナイル川の支流のひとつが注ぎ込んでできたカルーン湖の近くにあり、肥沃な農地が広がっていたため、エジプト古王国時代から人が住み着いていた。現在のファイユームの町ができたのはエジプト中王国時代であり、当時はシェデト(ギリシア語・クロコディポリス)という名だった。中王国時代にはファイユームは墳墓の地として多数のピラミッドが作られ、現在も多数残存している。その後、プトレマイオス朝時代にはアルシノエ県(: Arsinoe[1])という名で知られていた。

現在でも肥沃な農地と豊富な水に恵まれており、その水を分配していた水車は現在でもファイユームの名物となっている。近隣で取れた綿花小麦などの集散地となっており、また、カイロからの交通の便もよく、ナイル河谷からは鉄道も通じている。

脚注[編集]

  1. ^ en:Arsinoe (Gulf of Suez)とは異なる。