アスワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスワーン
أسوان‎
Aswan
エジプトの旗
Aswan,NE.jpg
位置
の位置図
座標 : 北緯24度05分 東経32度56分 / 北緯24.083度 東経32.933度 / 24.083; 32.933
行政
エジプトの旗 エジプト
  アスワン県
 市 アスワーン
人口
人口 (2008年現在)
  市域 275,000人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3

アスワンアスワーン(Aswan)、もしくはシエネ(Syene)は、エジプト南部、ヌビア地方の都市で、アスワン県の県都。エジプトの国家の一大事業であったアスワン・ハイ・ダムの近く。

市内には、アガサ・クリスティが『ナイルに死す』を執筆し、その舞台となったことで知られる名門ホテル「オールド・カタラクト」がある。フィラエ神殿は、世界遺産に登録されている。アブ・シンベルへの観光拠点でもある。1951年1978年にかけて、世界最少の平均降水量(0.5mm)を記録した。エラトステネスは、この都市とアレクサンドリアとの太陽南中高度の違いから地球の全周長を求めた。

歴史[編集]

アスワンに位置するナイル川
アスワン市街

アスワンは、スウェネト(Swenet)と呼ばれるた古代都市であった。古代エジプトの言語でスウェネトとは「交易」の意味である。古代エジプトにおいて南の辺境の町であった。スウェネトという言葉は、エジプトの神に由来すると考えられている。この神は、エジプトがギリシアローマに占領された後、ギリシアにはエイレイテュイア(Eileithyia)、ローマにはルキナ(Lucina)として伝わった。エイレイテュイア、ルキナは共に「出産(多産)の女神」を表している。

交通[編集]

観光[編集]

近郊の都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]