コム・オンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯24度28分 東経32度57分 / 北緯24.467度 東経32.950度 / 24.467; 32.950

コム・オンボ
Kom Ombo

كوم أمبو
コム・オンボ神殿
コム・オンボKom Omboの位置(エジプト内)
コム・オンボKom Ombo
コム・オンボ
Kom Ombo
エジプト内の位置
座標: 北緯24度28分 東経32度57分 / 北緯24.467度 東経32.950度 / 24.467; 32.950
エジプトの旗 エジプト
アスワン県
等時帯 EST (UTC+2)

コム・オンボ(Kom Ombo, アラビア語: كوم أمبو‎)は、農業が盛んなエジプトの町。ナイル川沿いにアスワンから北約50kmに位置する。元々はヌブトと呼ばれた町であり、ヌビアからのナイル川の通商路としてあった。町の名は、古代ギリシア人が“オンボス”と呼んだことに由来する。

現在は、サトウキビトウモロコシの生産が盛んである。ワニの頭のセベク神とハヤブサの頭のハロエリス神(ホルス神の地域名)に捧げられた、珍しい二重構造をもつコム・オンボ神殿がある。

関連項目[編集]