農地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

農地(のうち)は、耕作の目的に供される土地のことである。これ以外の土地で、主として耕作もしくは養畜の事業のための採草または家畜放牧の目的に供されるものは、とくに採草放牧地とよばれるが、広義にはこれを含む。広い意味での農地は、屋内で飼育する農場などの農業施設も含む。

概説[編集]

家畜農作物を育てるためには土地が必要である。農作物とはいえそれらは全て植物であり、基本的に地面から養分を吸収し、それらから作り出されるものである。そのため農地は養分が多く含まれていること、つまり肥えていることが求められるほか、十分な雨量が必要であるなど、求められる条件は多い。

しかし肥料の開発により痩せた土地に養分をやることができるだけでなく、井戸による地下水の利用や水道の普及により水が人為的に入手できるようになったため、農地に求められる条件と言うのは大きく緩和された。とはいえ、地中に有害物質が含まれているなどするのは好ましくない。

また、家畜を育てるための土地には放し飼いならば牧草地帯が最適である。

関連項目[編集]