プランテーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーヒーのプランテーション(ブラジル

プランテーション (plantation) とは、大規模工場生産の方式を取り入れて、熱帯亜熱帯地域の広大な農地に大量の資本を投入し、先住民黒人奴隷などの安価な労働力を使って単一作物を大量に栽培する(モノカルチャー)大規模農園のことである。経営主体は、国営、企業、民間など様々である。経営する側をプランターと呼ぶ場合もある。

環境・人道上の問題[編集]

この「安価な労働力」は、かつては植民地の原住民あるいは奴隷であり、現在は発展途上国の農民であったり、土地自体が先住民から奪われて経営者に売られていたりなどするため、労働者人権が問題とされることがある。また水質汚染森林破壊農薬問題などの環境破壊が問題とされることも多い。

経済・飢餓の問題[編集]

コーヒー天然ゴムサトウキビヤシ綿綿花)その他果物全般などがプランテーション作物として良く知られている。プランテーション作物の多くは商品作物であり、国としてはこれを輸出することで外貨を稼がざるを得ないが、これに依存している度合いが高い国の場合、自然災害などの影響を受けると経済が立ち行かなくなってしまう。こういった経済構造はモノカルチャー経済とも呼ばれる。こうした構造が原因で国内で必要とされる食物の生産がおろそかになり、飢餓の原因の一つになっているとされる。また、特に中米のバナナ共和国と呼ばれる国々で見られるように、先進国のプランテーション企業が巨大な力を持ち、現地政府を牛耳ってしまう例も見られる。

プランテーション作物の主な生産国[編集]

サトウキビのプランテーション(インド

FAO生産年鑑 2002年

プランテーション作物の輸出の割合が多い国[編集]

のプランテーション(ケニア

貿易統計年鑑 2000年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『FAO農業生産年報 2002年版 1998‐2000』 国際連合食糧農業機関訳、国際食糧農業協会〈FAO統計シリーズ〉、2003年ISBN 978-4540022562
  • 『貿易統計年鑑 vol.49 2000』 国際連合統計局、原書房編集部訳、原書房、2003年ISBN 456203615X

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]