ボゴール植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


ボゴール植物園
Kebun Raya Bogor
(means; Great Garden of Bogor)
Bbg001 small.jpg
施設情報
専門分野 主として熱帯植物
(栽植種約15,000種)
開園 1817年5月18日
所在地
インドネシア、ボゴール市
テンプレートを表示

ボゴール植物園(インドネシア語:Kebun Raya)は、インドネシアボゴール市内にある植物園ボゴール宮殿と併設されている。植物園の面積は80ha以上あり、15,000種以上の植物を見ることができる。

概要[編集]

インドネシアジャワ島中西部・ボゴール市に在る、東洋最大規模最大栽植種を誇る植物園。農業・園芸分野における 19世紀の世界的プロモーション・センターとして機能した。オランダという 狭小・低資源国の植民地経営がもたらした、アジアにおける 輸出産品・育種研究の歴史的(負ではなく正の遺産である。 キャッサバ芋、キニーネ薬、タバコ、コーヒー等の普及は、 この植物園なくしては語れない。

Bbg002.jpg

歴史[編集]

オランダ語名称=「無憂」を意味するボイテンゾルグは、「風土病の憂い無し」という含意で、オランダ人居留地として発展、蘭印総督府(イスタナ)が置かれた。もともと植物園はなく、総督府の庭園だった。ナポレオン戦争でジャワ島支配がイギリスに移った1812~1816年の間、(ラフレシアで知られる)ラッフルズ総督が当地に居住、庭園も改造して、イギリス風庭園とした。夫人である、オリヴィア・マリアンヌは英国より草本を取り寄せ整備を図り、今もこの地に眠る。

オランダの所管に戻った1817年、ジャワ島及び周辺諸島・農工業技術総監として、44歳のラインヴァルトが着任する。アムステルダム在住の、植物学ならびに化学を専攻するドイツ人である。彼は、ジャワ人が家庭あるいは医術で使用する、あらゆる植生の収集に乗り出した。農業と園芸におけるプロモーションを目的に、整備が進んだ。

同年5月18日に、初めて「植物園」を開園、ラインヴァルトが初代園長となる。彼は在任中の1822年までに、約900種を47ヘクタールの敷地に栽植・整備した。

第2代園長のC.L.ブルーメ(1822-1826在任)は、栽植種の914種をカタログとして記述、これが現在でもベーシックな目録として機能している。

1830年に、ヨハネス・エリアス・テイスマンという庭園技師が、植物園のキューレターに就任し、50年以上をその整備に費やした。彼は、植物分類学による配置換えを敢行したのである。困難な巨木の移植さえ厭わなかった。

Teysmann Garden.jpg

彼をアシストするジュストゥス・カール・ハスカールは、1842年に図書館'(Bibliotheca Bogoriensis)を設立、1844年には薬草園'(Herbarium Bogoriense)を別設した。同44年、彼は第2のカタログを作成し、2800種以上を記載するに至った。

第3代園長のR.H.C.C.スヘッフェル(1869-1880在任)は、農業発展を目的として植物園を科学的活用の装置とした。ユーカリ、タバコ、トウモロコシ、リベリア・コーヒーなどの育種と輸出を為した。

1880年に、メルキオル・トロイプ博士が園長となり、つづく30年間は、その後の関連研究機関の基盤が整備された。 コーヒー葉を侵す寄生菌病やサトウキビを侵すセレ・ウィルス病などに対して、病理学の実効力を発揮して対処を可能にした。

1892年に、60ヘクタールに拡張。

1914年に、トロイプ研究所が開設された。これは、トロイプ博士が旧病院棟を研究棟に改築(1884年)したことに端を発する。多くのヴィジターが研究できるよう徐々に拡張した施設も、第1次大戦下の財政難に際しては、主要な資金源として機能した。それでも、両大戦にわたる時期は、財政難が慢性化していた。

1930年に、網羅的なカタログがダッカス(Dukkus)により作成された。(その後、1957年及び1963年に改訂)

1942年3月に日本がジャワ島を掌握。植物園と薬草園ともに、中井猛之進が園長として就任(1943-1945)。 日本軍部の伐採要請を拒否して、園を守った。

1945年から、再びオランダが管理したが、1949年のインドネシア独立により、「クブン・ラヤ」と改称、クスノト・スティオディウォルジョが斯国・初キューレターに就任。1959年に園長となるも、資金を含め不安定な時期を迎えた。

1962年に、植物園は“LBN”(=National Biological Institute)の傘下に入る。オットー・スマルウォト主導の施策は、のちに農業と製薬事業の発展に貢献することになる。

1967年、スハルト大統領が5ヵ年計画として Repelita I を開始。 “LBN”も、農薬研究を中心に増産農業体制をサポートする。 1974年からは Repelita II が開始され、果樹栽培研究が進む。 分園として、 Kebun Botani Serpong の350ヘクタールが、1978年から オレンジ、ランサット、ランブータン、グアヴァ、マンゴスチン、アヴォカド、マンゴ、ドリアンなどの栽培研究にあたる。この研究がむしろ主力となったことで、1983年には本体の Kebun Raya のほうが大臣発令で「付属」扱いに。

1980年代に“LBN”は、“Puslitbang Biologi” (Research and Development Centre for Biology)及び植物園自体を分割。

1994年に、“INetPC” (The Indonesian Network for Plant Conservation)が設立され、以降、国内と国際的両面での連携協力を、ボゴール植物園を基点として図っている。

栽植種の一例[編集]

Upas tree.jpg
Mengaris.jpg
Amorphophallus .jpg

園長及び関係者の就任期間など[編集]

創立者 Olivia Marianne, Lady Raffles 1812-1814
初代 カスパー・カール・ゲオルク・ラインヴァルト (1817-1822)
第2代 カール・ルードヴィッヒ・ブルーム (1822-1826)
学芸員 Johannes Elias Teysmann 1830-
学芸員 Justus Karl Hasskarl 1837-
3代 R.H.C.C. Sheffer 1869-1880
4代 Melchior Treub 1880-
中井猛之進 (1943-1945)
  • “Kebun Raya” と改称, 1949-
最初のインドネシア人学芸員 Kusnoto Setyodiworjo 1949-
園長 Kusnoto Setyodiworjo 1959
  •  "Lembaga Biologi Nasional”の一部 Otto Soemarwoto 1964-
  • “Puslitbang Biologi”の一部 Suhirman 1990-

参考文献[編集]

茂木靜夫 『ボゴール植物園』 日本図書刊行会/近代文芸社, 1998.


外部リンク[編集]