植物社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

植物社会学とは植物群落の構成や発展、互いの連関を研究対象とする科学の一分野を指す。植物社会学システムとは、これらのコミュニティを分類するシステムのことである。

手法[編集]

植物社会学は、植生単位を特徴づける植物分類群の組み合わせにより、植生のモデルを確立することを目指している。これらの植生単位は"syntaxa" (単数形 "syntaxon")と呼ばれ、"synsystem"と言われる階層型システムに分類することができる。 こうした分類の作業を"syntaxonomy".と称する。国際植物社会学命名規約(An International Code of Phytosociological Nomenclature)は植生単位"syntaxa"’の命名規則を定めたもので、植生学研究者の間での利用が増えている [1]

分類[編集]

植生単位の基本区分となるのは「群集」である。群集はより大きな生態学的単位(syntaxa)である「群団」に統合される。さらに群団は「群目(オーダー)」、群目は「群綱(クラス)」に統合される。これ等のsyntaxonは生物分類に於ける種・属・科・目・綱・門・界といったtaxonに相当するものである。syntaxonの学名優先種などの学名を用いて作られる。

生態学的単位(syntaxa) 語尾
群集(Assoziation) -etum
群団(Verband) -ion
群目(Ordnung) -etalia
群綱(Klasse) -etea

歴史と評価[編集]

19世紀後半からCharles Flahault (1852–1935) によるこのような分類の試みの例はあるものの、この学問をヨーロッパで開始したのはスイスの植物学者 Josias Braun-Blanquet (1884–1980) である。

今日、植物社会学者たちはより複雑な植生体系の構築に取り組んでいる。

植物社会学的方法は、植物の分類が系統だてて記述されることと、植物の出現の仕方が予測しやすい性質をもつこと、また、環境保全問題解決に役立てやすいため、多くの専門家により近代の植生学において主流となりうる手法だとみなされている。一方で、方法論的アプローチの限界を疑問視する声もある。

References[編集]

  1. ^ Weber, H.E., Moravec, J. & Theurillat, J.-P. (2000) 'International Code of Phytosociological Nomenclature'. 3rd edition Journal of Vegetation Science l 1: 739-768, 2000 ? IAVS; Opulus Press Uppsala.

External links[編集]