オモダカ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オモダカ属
Sagittaria latifolia (flowers).jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: オモダカ目 Alismatales
: オモダカ科 Alismataceae
: オモダカ属 Sagittaria
学名
Sagittaria L.

本文参照

オモダカ属(オモダカぞく、Sagittaria)は、オモダカ科の属。湿地水田に生息する抽水植物が中心。水田雑草として扱われる種も含まれている一方、観賞用に栽培される種もある。矢尻型の葉を持つ種が多い。

世界に約20種が生育。日本には4種(変種を除く)が自生している。

[編集]

日本には以下の種が生育している。いずれも塊茎などで旺盛に繁殖するため、難防除雑草として知られている。ただしカラフトグワイ(絶滅危惧IA類)のように、絶滅危惧種に指定されている種もある。

そのほかに園芸種として以下のような種がある。

関連項目[編集]