カラフトグワイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラフトグワイ
Fig. 06 Sagittaria natans.jpg
カラフトグワイ
保全状況評価
絶滅危惧IA類環境省レッドリスト
Status jenv CR.png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: オモダカ目 Alismatales
: オモダカ科 Alismataceae
: オモダカ属 Sagittaria
: カラフトグワイ S. natans
学名
Sagittaria natans
Pallas.
和名
カラフトグワイ

カラフトグワイSagittaria natans)は、オモダカ科オモダカ属水生植物である。

分布[編集]

日本ユーラシア大陸湖沼に生息している[1]。主に寒冷地に生育し、日本では釧路地方などに生育しているが、数は少ない。然別湖での記録もあるが、絶滅した可能性がある[1]

形態、生態[編集]

は根生で、発生初期は沈水性の線形葉をつけ、次第に矢尻型の浮葉を展開する。葉柄の長さは10-45cm[1]。花期は7-8月で、花茎は長さ25-40cmで、1個体当たり1,2本[1]。3枚の白い花弁をもつ花をつける。果実は倒卵形[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 角野康郎 『日本水草図鑑』 文一総合出版1994年 p.20