パイル織物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パイル織物は、平織か綾織で編地の片面または両面にパイルを織り出した織物の総称。添毛織り(てんもうおり)。

パイルとは下地から出ている繊維のことで、織った後の処理により2種類に分類される。パイルをループのままにしたものをループパイル(輪奈)またはアンカットパイルといい、ループをカットしたものをカットパイル(切毛)という。

また、パイルの織り出し方には2種類あり、たて糸でパイルをつくったものと、よこ糸でパイルをつくったものがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]