絡み織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

絡み織(からみおり)は、2本の経糸を捩りながら横糸と織り込んだ目の粗い織物のこと。

概要[編集]

絡み織は、搦み織、捩り織(もじりおり)とも呼ばれる織物、またはその織り方のことで、2本の糸を捩った太い糸を経糸とするため粗い目が特徴の織物である。目が粗いため、通気性が良く、斜め方向の伸びがよい。このため、夏用シャツや夏用タオルケットに使用されることが多い。ただし、材質をかえることにより、吸水性を増したり、肌触りを大きく変えることができるため、夏用の商品だけでなくオールシーズン使える商品も作られている。

かつて三重県津地方で「津綟子(つもじ)」と呼ばれる絡み織が生産され、全国的に使われていたが、明治の頃から衰退してしまった。最近になって復元の試みがある。また古くから知られている「(しゃ)」や「(ろ)」も絡み織の一種である。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]