鮫皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鮫皮 (さめがわ)沙皮とも書き、梅花皮(かいらぎ)ともいう。と名前につくものの、実際は南シナ海インド洋に生息するエイの一種であるツカエイなどの「真鮫」と呼ばれる魚の背面中央部の皮をはがし、乾燥させたもの。チョウザメの皮とも伝えられるが、誤りである。

用途[編集]

主に刀剣の柄や防具(鮫胴) 、上等でキメの細かいおろし金山葵おろし器)に用いられる。鞘に使われる場合は表面の凹凸がなくなるまで研磨され、着色した後に漆で仕上げられる。このときまるで梅の木の皮に似た模様になるため、梅花皮の名前がある。