レーヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーヨン (rayon) はに似せて作った再生繊維であり、昔は人絹(じんけん、人造絹糸)、テープル・ァイバーからスフとも呼ばれていた。レーヨンは光線(英:ray)と綿 (cotton) を組み合わせた言葉である。

パルプコットンリンターなどのセルロース水酸化ナトリウムなどのアルカリ二硫化炭素に溶かしてビスコースにし、の中で紡糸して(湿式紡糸)製造する。ポリエステルなど石油を原料とした化学繊維と違い、加工処理したあと埋めると土に還る。そのため、レーヨン自体は環境に負荷をかけない繊維とされるが、製造時の二硫化炭素の毒性や、強度が低いことなどが問題となっていたことと、日本においては原料パルプを針葉樹に求めていたため製造は中止された。その一方で、レンチングリヨセル社がN-メチルモルホリン-N-オキシドを溶媒としたリヨセル®を開発し、最近では高級品として広がりつつある。日本固有のセルロース繊維としてはキュプラがあり、コットンリンターを原料としたパルプを銅アンモニア溶液に溶かし、細孔から水中に押し出した再生繊維である。これは銅アンモニアレーヨンの一種である。絹に似た光沢・手触りが特徴。洋服の裏地などに用いられる。

初期のレーヨン[編集]

ニトロセルロースを揮発性の有機溶媒に溶かしたものをピロキシリンと呼ぶ。ピロキシリンは、その呼び名がギリシア語の pyr(火)とxylon(木)に由来したように燃えやすい化合物であった。ピロキシリンを小さい孔から噴出させると溶媒は瞬時に蒸発し、ピロキシリンの細い光沢ある繊維が得られた。これは最初の化学繊維で、1855年にフランスのイレール・ド・シャルドネ(Hilaire de Chardonnet)により「レーヨン」として特許が取得されているが、きわめて燃えやすく危険で、レーヨンのドレスを着た人間が火だるまになるという事故が続出し、第一次世界大戦前までには生産は中止された。その後燃えにくい繊維が開発され実用化されたので、ピロキシリンは原料として使用されなくなった。現在のレーヨンはセルロースそのものを再配列したもので再生繊維と呼ばれる。

また、ピロキシリンは化学繊維から医薬部外品に活躍の場を移し、数種の添加物を加えた上で液体絆創膏・水絆創膏として現在も販売されている。

特徴[編集]

  • 肌触りがなめらかである。
  • 吸湿、放湿性がよい。
  • 光沢があり美しい。
  • よく染まる。
  • 熱に強い。
  • 静電気を起こしにくい。
  • 焼却した場合でも有害物質の発生がほとんどない。
  • 着用地に擦れると白色化しやすい。
  • 濡れると強度が1/3に低下する。
  • 水ジミができやすい。
  • 洗濯で縮みやすい。

関連項目[編集]