ユニチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニチカ株式会社
Unitika Limited.
大阪御堂筋ビル.JPG
ユニチカ大阪本社がある大阪センタービル
(右、大阪市中央区
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3103
大証1部(廃止) 3103 2013年7月15日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:541-8566
大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目1番3号 大阪センタービル
本店所在地 郵便番号:660-0824
兵庫県尼崎市東本町1丁目50番地
設立 1899年明治32年)6月19日(有限責任尼崎紡績会社)
業種 繊維製品
代表者 代表取締役社長 安江健治
資本金 26,298百万円
発行済株式総数 572,960千株
売上高 単体:98,159百万円
連結:174,662百万円
営業利益 単体:7,774百万円
連結:9,579百万円
純利益 単体:286百万円
連結:1,297百万円
純資産 単体:31,187百万円
連結:32,207百万円
総資産 単体:224,739百万円
連結:268,486百万円
従業員数 単体 1,225〔322〕人
連結:4,745〔1,741〕人※1
決算期 3月31日
主要株主 那須功 4.66%
株式会社三菱東京UFJ銀行 4.07%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 3.49%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 2.72%
ユニチカ従業員持株会 1.95%
大同生命保険株式会社(常任代理人日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社) 1.39%
日本生命保険相互会社 1.34%
東京海上日動火災保険株式会社 1.13%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4) 1.00%
ユニチカ共栄会 0.98%
主要子会社 グループ主要企業参照
関係する人物 田代重右衛門
小寺源吾
原吉平
坂口二郎
菊池文吾
特記事項:経営指標は 2012年3月 第202期 有価証券報告書
※1従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員数を外数で記載。
東京本社は東京都中央区日本橋室町3丁目4番4号 JPビルに所在。
テンプレートを表示

ユニチカ株式会社(英称:Unitika Limited.)は、本店を兵庫県尼崎市 に、本社を大阪市中央区東京都中央区 に置く、繊維メーカーである。近年は繊維事業だけでなく高分子事業・生活食品分野・環境事業などにも進出している。三菱東京UFJ銀行系みどり会メンバー。

コーポレート・スローガンは We Realize It!

事業内容[編集]

  • 繊維事業
  • 高分子事業
同時二軸延伸ナイロンフィルム、生分解性ポリマー「テラマック」など
  • 環境・機能材事業
  • 生活健康事業
ハナビラタケの栽培など
  • その他

事業所[編集]

沿革[編集]

ユニチカ記念館(兵庫県尼崎市東本町)
(元 尼崎紡績株式會社本社事務所)
(登記上の本店所在地)
  • 1899年明治32年) 6月19日 - 尼崎の有志と大阪財界の出資により有限責任尼崎紡績会社を創立。(資本金50万円)。
  • 1900年(明治33年)12月 – 綿糸の製造を開始。
  • 1902年(明治35年) 2月 – 大阪株式取引所に株式上場。
  • 1904年(明治37年) 7月 - 商法施行に伴い尼崎紡績株式会社と改称。
  • 1909年(明治42年) 5月 - 綿布の製造を開始。
  • 1918年大正7年) 6月 - 摂津紡績株式会社を合併し、商号を大日本紡績株式会社と改称。
  • 1926年(大正15年) 3月 - 日本レイヨン株式会社を設立し、レーヨン糸の製造を開始。
  • 1933年昭和8年) 9月 - 羊毛紡績を開始。
  • 1949年(昭和24年) 5月 - 証券取引所再開により上場再開。
  • 1950年(昭和25年)10月 - ビニロン繊維の製造を開始。
  • 1955年(昭和30年)10月 - 日本レイヨン株式会社はナイロン繊維の製造を開始。
  • 1958年(昭和33年)12月 - 日本レイヨン株式会社は成型用ナイロン樹脂の製造を開始。
  • 1964年(昭和39年) 2月 - 日本レイヨン株式会社はポリエステル繊維の製造を開始。
  • 1964年(昭和39年) 4月 - 商号を大日本紡績株式会社からニチボー株式会社と改称。
  • 1966年(昭和41年) 4月 - 日本レイヨン株式会社は日本エステル株式会社を設立し、ポリエステル繊維の製造を移管。
  • 1968年(昭和43年) 7月 - 日本レイヨン株式会社はナイロン2軸延伸フィルムの製造を開始。
  • 1969年(昭和44年)10月 - ニチボー株式会社が存続会社として、日本レイヨン株式会社と合併し、商号をユニチカ株式会社と改称。初代社長は坂口二郎
  • 1969年(昭和44年)10月 - 住宅、不動産事業に進出。
  • 1970年(昭和45年) 6月 - 水処理設備、焼却炉など公害防止事業に進出。
  • 1971年(昭和46年) 6月 - ポリエステル不織布スパンボンドの製造を開始。
  • 1977年(昭和52年) 6月 - ユニチカ化成株式会社、ユニチカレーヨン株式会社を設立し、ビニロン事業、レーヨン事業を分離。
  • 1982年(昭和57年) 9月 - 抗血栓性カテーテルの製造を開始し、医療品事業に進出。
  • 1984年(昭和59年) 4月 - ユニチカウール株式会社を設立し、羊毛事業を分離。
  • 1985年(昭和60年) 6月 - アモルファス金属繊維、活性炭繊維の製造を開始。
  • 1989年平成元年)10月 - ユニチカ化成株式会社、ユニチカレーヨン株式会社、ユニチカウール株式会社の繊維事業3社及びユニチカビルディング株式会社、株式会社ユニチカ京都ファミリーセンター、株式会社ユニチカオークタウン、ユニチカ興発株式会社の不動産賃貸業4社を吸収合併。
  • 1999年(平成11年) 3月 - ユニチカテキスタイル株式会社を設立し、綿・羊毛事業を分離。
  • 1999年(平成11年)10月 - ユニチカファイバー株式会社を設立し、化合繊事業を分離。
  • 2002年(平成14年) 5月 - 日本酢ビ・ポバール株式会社に酢ビ・ポバール事業を分割。
  • 2003年(平成15年) 3月 - ユニチカロジスティクス株式会社、ユニチカスパンボンドプロダクツ株式会社、ユニチカセントラルサービス株式会社を設立し、物流事業、不織布製造事業、福利厚生・不動産賃貸業務の一部を分離。
  • 2004年(平成16年) 9月 - ユニチカ宇治プロダクツ株式会社、ユニチカリアルティ株式会社を設立し、樹脂及びフィルム製造事業、不動産管理業務の一部を分離。
  • 2005年(平成17年) 4月 - ユニチカグラスファイバー株式会社、株式会社ユニオンのガラス関連事業2社の営業・開発部門を本社に吸収。
  • 2007年(平成19年)10月 - ユニチカ宇治プロダクツ株式会社、ユニチカスパンボンドプロダクツ株式会社、株式会社ユニチカプロテック坂越の製造事業3社を吸収合併。
  • 2009年(平成21年)10月 - ユニチカファイバー株式会社の産業資材事業を分割により承継、ユニチカファイバー株式会社の衣料販売事業、ユニチカテキスタイル株式会社及びユニチカサカイ株式会社の販売事業を分割によりユニチカトレーディング株式会社に承継。 
  • 2010年(平成22年) 1月 - ユニチカビジネスサービス株式会社を吸収合併。
  • 2014年5月26日 - メインバンクに対し金融支援を要請[1]

ユニチカ(UNITIKA)の社名の由来[編集]

ニチボーと日本レイヨン(ニチレ)の合併時、旧社名には関わりのない新しい社名であること、及び、新社名がそのまま商標に使用できることを条件として、全社員から新社名の募集を行った。応募は約2万5000点に及んだが、その多くはすでに商標登録されており、特に3~4字のカタカナの名称で登録されていないものを選ぶのは難しかった。

そのため、両社は協議を行って、英語で「結合した」を意味する「ユナイテッド」(united)の『ユ』、両社の社名に共通する頭2文字の『ニチ』、英語で「会社」を意味する「カンパニー」(company)の『カ』を組み合わせ、ニチボーと日本レイヨンとが結びついた会社であることを意味する「ユニチカ」を社名とすることを決定した[2][3]

因みに、旧社名のニチボーは現在でもユニチカの登録商標である。[要出典]

スポーツ活動[編集]

かつては貝塚工場の女子バレーボール部が著名であった(後述)。

バレーボール部のみならず1975年世界選手権で準優勝を果たした日本代表の半数以上を輩出した平野工場(後に山崎工場)の女子バスケットボール部宇津木妙子が現役時代に所属したことで知られる垂井工場のソフトボール部、常盤工場の軟式庭球部。宇治工場の陸上競技部も強豪として知られた。

ニチボー貝塚[編集]

1954年昭和29年)にユニチカの前身である大日本紡績は、貝塚工場に全社統一の女子バレーボール部を設立した。それが日本女子バレー史に燦然と輝くニチボー貝塚である。

1961年(昭和36年)のヨーロッパ遠征では24戦全勝の戦績を残し東洋の魔女と呼ばれた。1962年(昭和37年)の世界選手権には単独チームで参加し優勝している。1964年(昭和39年)の東京オリンピックでもほとんどの日本代表を輩出し金メダル獲得に大きな貢献をした。長らく無敗であったが、1966年(昭和41年)に258連勝でストップした当時、この出来事は社会的な事象として取り扱われた。

1969年(昭和44年)からチーム名はユニチカ貝塚と変わったものの、日本女子バレーボールを牽引してきた。

1994年平成6年)に日本リーグがVリーグにリニューアルされてからはチームの愛称をユニチカ・フェニックスにした(女子バスケットボール部も同じ愛称)。企業業績の悪化を受け、2000年(平成12年)7月に活動を停止し、選手などは東レに完全移籍という形を取り、チームは東レアローズに生まれ変わった。

なお、「フェニックス」は2005年(平成17年)からユニチカラグビー部(トップウェストA所属)の愛称として再び使用されている。2007年度(平成19年度)より組織が改変され、トップウェストA1所属となる。

ユニチカマスコットガール[編集]

1974年昭和49年)に風吹ジュンを起用して以来、マスコットガールを企業シンボルとして採用している。任期は1-3年間で、これまでに手塚理美紺野美沙子大友みなみなどを選出している。2013年平成25年)のマスコットガールは松田莉奈

また1989年(平成元年)から水着キャンペーンモデルを採用していた。カイヤ夏川結衣本上まなみ米倉涼子北川弘美滝沢沙織と多くのタレント女優を輩出した。2000年(平成12年)よりユニチカマスコットガールに統合されている[4]

グループ主要企業[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]