線ファスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原理
拡大写真

線ファスナー(せんファスナー)は、線状のファスナー(開閉可能な留め具)である。古くはスライドファスナーなどとも言ったが、現在は単にファスナーと呼ぶことが多い。ジッパーチャック元は登録商標である。

主に衣類類、小銭入れなどに取り付けられており、着脱や出し入れを容易にする役目を果たしている。

名称[編集]

ジッパーは米B.F.グッドリッチ(現グッドリッチ)社の登録商標、チャックは日チャック・ファスナー[1](一説にKKKファスナー)社の登録商標だった。ただしいずれも、少なくとも現在の日本では登録されていない。

各国には以下のような名称がある。

  • チャック(chack) - 日本での商品名に由来する。巾着が語源であり、固定を意味するチャック (chuck) とは無関係。
  • ジッパー(zipper)またはジップファスナー(zip fastener) - アメリカをはじめ広く世界で使用されている。「ジップ」は速さを表す擬音である。
  • スライドファスナー(slide fastener) - イギリスをはじめ広く世界で使用されている。
  • シェレス・レランパゴス(cierre relámpago) - 中南米で使用されている。稲妻を表す言葉。
  • フェルメチュール・ア・グリシェール (fermeture à glissière) - フランス語。
  • ライスフェアシュルス(Reißverschluss) - ドイツ語。
  • キウズーレ・ランポ(chiusure lampo) - イタリア語。chiusuraは閉める、lampoは電光の意味。
  • ラーリェン(拉鏈, 拉链) - 中国語などがある。

構造[編集]

テープエレメント(務歯)スライダー(開閉部品)で構成される。

務歯(むし)またはエレメントと呼ばれる歯をテープ状の基材に並べて取り付けたもので、左右対になった一組の間でスライダーを動かすことで、左右の務歯同士が順に組み合わさってゆき、自在に開閉できる構造になっている。開いている状態からスライダーを引っ張って動かせば、動かした位置まで閉まり、逆に、閉まっている状態からスライダーを引っ張って動かせば、動かした位置まで開く仕掛けになっている。

部品[編集]

テープ
現在はポリエステルが主体となっているが、用途によっては合繊テープや綿テープも用いる。特殊なものには撥水性の物や電磁波を通さないものなどもある。エレメントが固定される端部は厚くなっているものが多く、その厚みを増した部分は特に「芯紐」と呼ばれる。
エレメント(務歯)
エレメントの噛み合う部分を務歯頭部といい、これが噛み合うことでファスナーの働きをする。
スライダー
ファスナーを開閉する時に、エレメントをかみ合わせたり離したりする役目をする。金属製の場合はプレス製ダイカスト製の物が代表的。務歯およびスライダーはプラスチックで作られることも多い。「引き手」が付いていて指先でつまみ易くなっている。引き手が取り付けられている穴を作るための突起部は「柱」と呼ばれる。

エレメントの並んだ上下端部には「上止」と「下止」があり、スライダーが跳び出すのを防ぐと共にエレメントの固定を助けている。上止は左右のテープの端で別々に取り付けられていて、下止は常に左右のテープを繋ぎ止めている。

一般的な「止製品」では以上の構造で終わるが、より複雑な「開製品」や「逆開製品」では、止製品の構造に加えて「箱」「箱棒」「蝶棒」が増える。開製品では下止の代わりに箱、箱棒、蝶棒が付いていて、蝶棒が箱から抜けることで左右のテープが完全に分かれることが出来る。逆開製品では下止だけでなく上止の部分にも箱、箱棒、蝶棒が付いていて、上下のいずれからでもスライダーによって左右を繋ぐことが出来る。

使い方[編集]

スライダーに付いた引き手を摘んで開閉する。

ファスナーはその構造上、テープに外向きの力が加わるとスライダーが滑ってファスナーが開いてしまうが、これを防ぐためのロックつきのスライダーもある。ロックつきのスライダーは、引き手を引いたときだけロックが解けてスライダーが動くようになっている。

劣化[編集]

エレメントが磨耗すると噛み合わせが緩くなり、スライダーを動かさなくても外れてしまうようになる。

ゴムや安全ピンで留める応急処置もあるがほとんどの場合は交換するしかない。

素材[編集]

左:金属ファスナー、中:プラスチックファスナー、右:コイルファスナー

務歯を持つスライドファスナーは、素材と成型方法から大きく分けて3つの種類に分類される。

金属ファスナー
務歯が金属でできているもの。アメリカのTALON社(en:Talon Zipper)が開発したプレスタイプとCROWN社が開発した鋳造タイプがある。アルミ洋白真鍮製が多い。
コイルファスナー(樹脂ファスナー)
ナイロンもしくはポリエステルのモノフィラメント(単線)をコイル状に成型し、務歯としたもの。ドイツのOPTI社が開発した。第2次世界大戦を機に開発された商品で、それまでの金属製より耐久性に優れ軽い商品として、急速に軍事目的に採用された。目が細かいのでその分飛ばしてかみ合う危険性は高い。
プラスチックファスナー
テープ上にポリアセタールなどを射出成型して付け、務歯としたもの。製造コストが安いので、ファスナーが普及するきっかけになった。プラスティックファスナーは昔デルリンファスナーとも呼ばれていた。(デルリンは素材名でデュポン社の登録商標)

このほか、保冷バッグや洗面具入れなどに使われるレール状のポリ塩化ビニルポリエチレン製のレールファスナー、海中深くでつかう潜水服、宇宙服、青函トンネルなど使用されている、全く水や空気を通さない水密気密ファスナーなど様々なタイプが存在する。

最近では再生樹脂や生分解性材料を用いたリサイクルファスナーなども開発されてきている。

歴史[編集]

  • 1891年 - アメリカでウィットコム・L・ジャドソン氏が靴紐の代りとして考案したのが起源とされている。
  • 1893年 - 「コロンビア博覧会」に出品され、「ユニバーサルファスナー会社」が設立され、ファスナーの生産が開始された。商品名は「Cキュリティ」、当時は噛み合わせが悪く、開いたり、絡まるなどの問題が多かった。
1914年にサンドバックが出願したファスナーの図面
  • 1913年 - ギデオン・サンドバックにより、歯の裏側にへこみが作られ、噛み合わせが大幅に改良された。
  • 1921年 - B.F.グッドリッチ(現グッドリッチ)社が「ジッパー」という商品名でオーバーシューズに採用。それ以後アメリカでは「ジッパー」と言う呼び方が定着した。
  • 1927年頃 - 日本でも広島県御調郡向島日本開閉器工場(日本開閉機会社、日本開閉器商会とも)がファスナーの製造を開始し、その分派会社の「チャック・ファスナー」社が、巾着をもじった「チャック印」という商標で販売した[1]。日本でファスナーが「チャック」と呼ばれるのはこのためであり、外来語ではなく日本独自の呼び方である。
  • 1950年 - 吉田工業株式会社(現在のYKK)が自動植付機(チェーンマシン)をアメリカから4台のみ輸入。輸入のために日本興業銀行から1,200万円の借り入れをした。

同社は、このチェーンマシンと同種の機械を100台、日立精機に1台12万円、支払いは30台ずつの条件で発注した。 発注した機械は、1951年5月に10台、8月に20台、1953年の7月に100台目が納入された。

  • 1951年 - ドイツ・OPTI社により開発されたコイルタイプのジッパーが日本で発売開始された。当時、このタイプのジッパーは、軽くて、壊れない、強力であるという、他と一線を画する利点の有る画期的な商品であった。そのために夢のジッパーと言われていた。その後、OPTI社の正規ライセンス契約を神奈川県の日本シンプ社が取得し、このジッパーが鞄、服を問わず、大掛かりに普及することとなった。

しかし1960年頃までは、当時のTALON社の米国での生産シェアは90%前後であった。これに対して、世界でのTALONのシェアは50%以上を確保していた。ヴィンテージものの衣服やかばん雑貨品などに使われているジッパーにTALONブランドのファスナーが採用されているのは、このためである。

その後の日本国政府の輸入規制によって(1990年以前頃まで)、外国製品の輸入が抑えられたことから、日本国内の市場に外国製品は流通しなかった。

主要メーカー・ブランド[編集]

日本のYKKが金額ベースで約45%の世界シェアを占める。残りのほとんどは1,000社以上もあるとされる中国メーカーが生産しているとされる[2]

  • YKK - 日本企業。世界シェアは金額ベースで約45%、数量ベースで20%と第1位[3]
  • Talon Zipper - アメリカ合衆国の企業。発明者であるウィットコム・L・ジャドソンらによって設立された企業。1937年にHookless Fastener Companyから社名を変更した[4]。2003年時点の世界シェア7-8%[2]
  • Optilon - ドイツの企業。2003年時点の世界シェア7-8%[2]
  • エスケィオー - 日本企業。大阪に本社を置く。

出典[編集]

  1. ^ a b ファスナー・ジッパー・チャック・の疑問 広島ホームテレビ(取材元 YKK広島出張所・日伸精機)では、「チャック」の商標権を所有し「チャック印」を販売したのは日本開閉器工場から枝分かれした「チャック・ファスナー」としている。
  2. ^ a b c Zipping Up the World Forbes、2003年11月24日
  3. ^ 組織に一石を投じる「嫌な会長」 日経ビジネスオンライン、2014年8月26日
  4. ^ Zip It Up: Talon Zippers The Pennsylvania Center for the Book

外部リンク[編集]