グッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッチ
Gucci
Gucci Logo.svg
本店所在地 イタリアの旗 イタリア
フィレンツェ
設立 1921年
業種 服飾及び革製品製造
売上高 増加 € 42億(2009年12月)
関係する人物 グッチオ・グッチトム・フォード
外部リンク gucci.com
テンプレートを表示

グッチ(Gucci)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci, 1881年 - 1953年)が1921年に創業したイタリアファッションブランド、および同ブランドを展開する企業(グッチ・グループ)である。ケリングの傘下にある。

バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計香水などを幅広く手がけている。

現在はケリングに属する。

概要[編集]

1921年、フィレンツェに鞄工房として創業。ブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られる。

ケリンググループの中核をなすブランドで、同系列にサン・ローランバレンシアガボッテガ・ヴェネタセルジオ・ロッシブシュロンプーマなどのブランドがある。以前は「グッチ・グループ」として、これら系列各社を代表する存在であったが、1990年代に創業家のお家騒動と外資の買収に翻弄された経緯(後述)が関係し、フランスの流通大手企業であるPPRの保有会社となった。2011年にグループそのものがPPRグループの100%子会社化されたことで、系列会社を含めて「PPRラグジュアリー・グループ」所属、また2013年の社名変更により「ケリンググループ」の構成企業となった。

歴史[編集]

グッチ店舗

創業者グッチオ・グッチ[編集]

1881年、グッチオ・グッチはフィレンツェで生まれた。その後ロンドンに移り、イギリス貴族の洗練された感性に刺激を受ける。1901年にフィレンツェへ帰り、第一次世界大戦後の1921年に起業する。以後、数年間で成功を収め、乗馬をモチーフとした皮革製品が人気となる。

第二次世界大戦が始まるとイタリアでも皮革は統制品となり革が使えなくなってしまったが、代用品としてキャンバス地にコーティングを施して使うことにし、その配色が思わぬ人気を博した。同時期に代用品として竹素材も使用され、こちらもバンブーの名でアイコンとして認識されている。

1953年夏、グッチオ・グッチは72年の生涯を閉じる。

パトリツィアによるたくらみとグッチ一族の崩壊、暗殺事件[編集]

1953年、グッチオの反対を押し切る形で息子のアルド・グッチがニューヨークに支店を出した。グッチオ亡き後、アルドの子でグッチオの孫のパオロが2代目社長に就任した。

マウリツィオ・グッチはパオロの甥にあたり、ルドルフォの独り息子であるが、そのマウリツィオに、貧乏育ちのパトリツィア・レッジアーノ(Patrizia Reggiani)という女が(財産目当てで)接近し、誘惑した。ルドルフォがいつか死ねば、ルドルフォの財産をマウリツィオが相続することを見込んで色仕掛けで近づいたと言われる。マウリツィオの父親ルドルフォは、独り息子を誘惑している女のパトリツィアの素性を見抜いて結婚に猛反対したものの、パトリツィアは誘惑しつづけ、結局父親の反対を押し切って二人は結婚することになり、ルドルフォは独り息子を怪しい女に奪われた形になった。

やがてルドルフォが死亡すると、ルドルフォが持っていたグッチの株式はマウリツィオに相続された。するとパトリツィアは夫にグッチを支配するようにそそのかし、そのそそのかしに乗ってマウリツィオはアルドの息子たちのひとりの所有する株式を買い取り、全株式の50%以上を所有し、恩人であったはずのアルドを経営の座から追放した。代わりに、あまり経営の才能があるとは言えないマウリツィオが代表権を持つようになった。

2代目パオロ・グッチの死去に伴い、マウリツィオはパオロの子たちに連衡策を働きかけ、結果的にグッチの株式を独占することになった。パトリツィアは当初の野望を成し遂げた形になり、グッチの女帝のように振る舞い始めた。例えば、デザインの才能もないのに、自分のオリジナルデザインのバッグを作らせたりしたもののほとんど売れなかった。

しかし、パトリツィアの野望どおりには事が進まなくなりはじめた。マウリツィオは妻パトリツィアが自分と結婚したのは自分への愛というより、財産やグッチそのものが目当てであったことにようやく気づき、パトリツィアに嫌気がさして別居、愛を求めて別の女性と暮らすようになった。また、経営の才があるとは言いがたいマウリツィオが経営した会社の売上は年々低下。やがてマウリツィオはアラブ資本にブランドを売ることになり、グッチ家は経営から締め出された。ただ、マウリツィオにはまだ多額の財産があった。

当初のたくらみ通りに行かなくなったパトリツィアはマウリツィオに「罰を与える」として、マフィアを雇い暗殺を依頼した。(事件発覚後押収されたパトリツィアの日記には「金で買えない犯罪は無い」と書かれていたという)。マウリツィオはある朝オフィスに入るところで暗殺された。拳銃で後ろから撃たれ、さらに倒れたところを頭部に向かって撃たれ、死亡した。パトリツィアはマウリツィオの暗殺実行のわずか数時間後には裁判所に行き、マウリツィオの住宅などの差し押さえの申請をしたという。そうしておいて、マウリツィオが愛した女性をその住宅から強引に退去させた。

事件は、暗殺犯が暗殺の報酬としてパトリツィアから受け取るお金(日本円にして7000万円相当)に関連して不満があったことが原因で発覚した。パトリツィアは逮捕され、裁判にかけられ、懲役29年の判決となった。パトリツィアのたくらみとグッチ一族の崩壊に関しては2010年現在映画化が進行中である。

2004年にはフランスを本拠地とする流通会社 Pinault-Printemps-Redoute(PPR)の傘下となり、グッチ・グループの株式の10%程度がLVMHに取得された。この結果、グッチ・グループは、グッチ家の手を離れた。

アルドの孫であるグッチオ(ジョルジオ・グッチの息子)はその後、2008年にTOBEGを設立。また、パオロの次男は「ハウス・オブ・フローレンス」を開業し、原点に戻って新たな品質の発信を図るが、グッチ売却の際に交わされた「グッチ家のブランドであるという宣伝を一切してはならない」と言う契約[1](日本の著作権契約にも近い縛り)により、世界展開を阻まれている。

グッチ家の本家が本社金庫の鍵を現在も所有しており、その返還を求める裁判が係争中である。

関連:グッチ盛衰記

デザイナーの変遷[編集]

日本での展開[編集]

主要販売代理店はケリングジャパン子会社のグッチ・ジャパン。メガネ、香水など、一部商品についてはライセンスを保有する企業が販売・流通を担っている。

  • メガネ、サングラス - サフィロジャパン
  • 香水 - ブルーベル・ジャパン
  • 時計 - ラグジュアリー・タイムピーシズ・ジャパン(同系列の子会社)

広告などメディア関連の事業はケリングジャパン一括で博報堂グループと契約して行っている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『グッチ家・失われたブランド―イタリア名門の栄光と没落』NHK出版、1998年、ISBN 4-14-080328-2
  • 『ザ・ハウス・オブ・グッチ』Sara Gay Forden, 講談社 (2004/09)
  • 『グッチ家の崩壊』Angelo Pergolini, Maurizio Tortorella,光進社 (1998/02)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHKスペシャル「家族の肖像」

外部リンク[編集]