ボッテガ・ヴェネタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
業種 ファッション
設立 1966
本拠所在地 イタリアヴィチェンツァ
事業地域 全世界
製品 服飾、レザーグッズ、宝飾品・時計、家具、雑貨
所有者 グッチ・グループ

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地とするファッションブランドである。グッチを筆頭とするケリンググループの一企業で、バッグ・財布などの特徴的な皮革製品を手がける。

1966年、ミケーレ・タッデイ(Michele Taddei)とレンツォ・ゼンジアーロ(Renzo Zengiaro)によって設立された。ブランド名は「ベネチアの工房」を意味する。

2011年現在のデザイナーは、レディース・メンズともにトーマス・マイヤーである。

現在はケリングに属する。

特徴[編集]

ボッテガ・ヴェネタのモットー「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough)には、個性と自信を尊重するブランド哲学が表現されており、現在では、レディースおよびメンズのプレタポルテ宝飾品家具など、ボッテガ・ヴェネタの様々な製品に反映されている。

ボッテガ・ヴェネタでは職人とデザイナーが協力し合い、ともにインスピレーションを高めていくというアプローチをとっている。また、職人たちが熟練の伝統技能と革新性を組み合わせ、その技を発揮するアトリエを大切に守り続けている。職人技の重要性を認識するとともに、伝統的な生活様式が壊れていくことを危ぶみ、2006年夏には、次世代の革職人を養成し、支援するための学校を開校した。

2001年2月にグッチ・グループの傘下となり、同年の6月にクリエイティブ・ディレクターとしてトーマス・マイヤーが就任。マイヤーによる初のコレクションとなる2002年S/Sコレクションは評論家から高い称賛を得た。グッチ・グループが2004年7月にPPR社の傘下に入ってからは、宝飾品、時計、家具など、服飾・バッグ・小物類以外の分野でもコレクションの幅を広げている。2011年にはインター・パルファム社(日本での販売代理店はブルーベル・ジャパンおよびコティ・プレステージ・ジャパン)によるライセンス生産で香水の展開を開始した。

ブティック[編集]

神戸旧居留地のブティック

ボッテガ・ヴェネタの販売網はヨーロッパからアジア北米を囲むように全世界に及ぶ。日本では直営店および厳選された百貨店にて展開をしている。国外ではイタリア、スペインフランスイギリススイスドイツギリシャロシアトルコデンマークスウェーデンリトアニアウクライナ、中国、日本、香港グアム韓国台湾シンガポールインドネシアフィリピンタイクウェートインドマレーシアアラブ首長国連邦オーストラリアサウジアラビアにて販売を行っている。

広告キャンペーン[編集]

これまで数多くのアーティストがボッテガ・ヴェネタの広告撮影を手がけている。現在までにスティーブン・マイゼル2009年秋冬)、ラリー・サルタン(2009年春)、トッド・エバリー(2009年クルーズ)、ニック・ナイト2008年秋冬)、サム・テイラー・ウッド(2008年春夏)、アニー・リーボヴィッツ2007年秋冬)、ティナ・バーニー(2007年 春夏)、スノードン卿(2006年秋冬)、スティーブン・ショアー(2006年春夏)、フィリップ・ロルカ・ディ・コルシア2005年秋冬)といったアーティストらとコラボレーションを行っている。

外部リンク[編集]