鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鋳造の様子

鋳造(ちゅうぞう、: casting)は、材料(主にアルミ合金真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法である。

鋳造に使用する型のことを鋳型(いがた)といい、鋳造でできた製品のことを鋳物(いもの)という。英語で casting といえば、鋳造と鋳物の双方を指す。

概要[編集]

古代からある加工方法で、を型に利用した砂型鋳造は寺の梵鐘の製造などで用いられていた。現在でも、大量生産品の鋳造に幅広く用いられている。砂型で製造したものは表面のざらつきが大きく、そのまま、機械部品として使えないため、仕上げ加工を行うことが一般的である。 一方、工芸品等の製作では、石膏型を使うことが多い。石膏型では原形を蜜蝋等の高温で溶ける材料で制作し、原形を石膏で塗り固めた後、原形を除去して材料を流し込む。この方法では砂型に比べて表面のざらつきが小さく、型の合わせ目がないため、後処理が容易になる。

改鋳[編集]

金属製品は長期の使用は保存に耐えうる性質に優れるが、それでも劣化により用をなさなくなったときは、既存の鋳物を原料に再び鋳造して製品とすることがよく行われる。これを改鋳吹替えと呼ぶ。梵鐘など歴史的な鋳造品は劣化(亀裂、焼損)に伴いしばしば改鋳される。

硬貨の「鋳造」と「改鋳」[編集]

富本銭と鋳棹(複製品、貨幣博物館

硬貨の製造も「鋳造」する(: minting)と表現するが、これは砂金や地金を重量によって取引する秤量貨幣に対する、額面保証の刻印を有する鋳造貨幣[1][2]の製造を指す。鋳貨は古くは実際に鋳物として製造されたが、現代の硬貨では鋳造は原料インゴットの製作工程に留まり、圧延・円形打ち抜き・図像のプレス加工によって成形される[3]

硬貨の品位量目の変更も鋳物の作り直しと同様に改鋳(: remint)と呼ばれる。

鋳造法の種類[編集]

以下のようなものがある

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鋳造貨幣, コトバンク, 2014年7月18日閲覧.
  2. ^ 金属貨幣, Weblio, 2014年7月18日閲覧.
  3. ^ 貨幣の製造工程(その1), 貨幣の製造工程(その2), 独立行政法人造幣局ウェブサイト, 2014年7月18日閲覧.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]