蜜蝋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「蜜蠟」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
蜜蝋

ミツロウ蜜蝋、Beeswax、Cera alba)はミツバチ(働きバチ)の巣を構成するを精製したものをいう[1]。蝋は働きバチの蝋分泌腺から分泌され、当初は透明であるが、巣を構成し、巣が使用されるにつれ花粉プロポリス、幼虫の繭、さらには排泄物などが付着していく[1]養蜂においてミツロウ以外のものを基礎として巣を構築させた場合、それらがミツロウに混入する可能性もある[1]。精製の方法には太陽熱を利用する陽熱法と、加熱圧搾法とがあり、効率の点では加熱圧搾法のほうが優れている[2]

成分・性質[編集]

融点は摂氏62ないし65度、酸価17ないし24、エステル価70ないし80、ケン化価90ないし100、比重0.93ないし0.97[1]。融点の高さを活かし、化粧品の原料として用いられることが多い[3]ジエチルエーテルクロロホルム四塩化炭素植物油に溶け、鉱物油には溶けない[1]

一般に化学組成は複雑で、重量にして1%以上を占める成分は21種類あり、代表的なものはモノエステル(35%)、炭化水素(14%)、ジエステル(14%)、遊離酸(12%)、ヒドロキシモノエステル(8%)である。[2]。成分の多くは精製の過程で生じる可能性がある[2]。巣を作ったミツバチの種類によって成分の比率に違いが生じる[† 1][2]

香りの成分はアルデヒド類(ノナナールデカナールなど)、ケトン類(2-ウンデカノンなどの)など数十種類を数える[3]

色は、ミツバチが持ち運んだ花粉の色素の影響を受け、鮮黄色ないし黄土色をしている[2]

用途[編集]

化粧品[編集]

最大の用途はクリームや口紅など化粧品の原料で、ろうそく、ワックスクレヨン、接着剤、ガムリトグラフエッチングろうけつ染めなどにも用いられる[3]。ろうそく作りにおいては、パラフィンワックス製のものに融点を高める目的で混ぜられる場合も多い[3]

蝋燭[編集]

養蜂においては、巣礎の材料となる[4]。巣礎とはロウでできた板で、ミツバチはこの上にミツロウを盛り、巣房(ミツバチの巣を構成する六角形の小部屋)を構成する[5]。中世ヨーロッパでは教会用のろうそくの原料として盛んに用いられた[3]

医療用途[編集]

サラシミツロウ(white beeswax)として、整形外科手術などで切除した骨の断端に詰めるなどして利用する。


参考文献[編集]

  • 佐々木正己 『養蜂の科学』 サイエンスハウ〈昆虫利用科学シリーズ5〉、1994年ISBN 4915572668
  • 角田公次 『ミツバチ 飼育・生産の実際と蜜源植物』 農山漁村文化協会〈新特産シリーズ〉、1997年ISBN 4540961160

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ たとえば、セイヨウミツバチのミツロウはトウヨウミツバチのものよりも酸価が高く、エステル価が低い[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 佐々木1994、122頁。
  2. ^ a b c d e f 佐々木1994、123頁。
  3. ^ a b c d e 佐々木1994、124頁。
  4. ^ 角田1997、164頁。
  5. ^ 角田1997、51-52頁。