梵鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
滋賀園城寺(三井寺)の「弁慶引き摺り鐘」(奈良時代

梵鐘(ぼんしょう)は、東アジア寺院などで使用される仏教法具としての釣鐘(つりがね)。撞木(しゅもく)で撞(つ)き鳴らし、重く余韻のある響きが特徴。一般には除夜の鐘で知られる。別名に大鐘(おおがね)、洪鐘(おおがね、こうしょう)、蒲牢(ほろう)、鐘(げいしょう)、巨鯨(きょげい)、華鯨(かげい)などがある。

概要[編集]

「梵」は梵語(サンスクリット)の Brahma (神聖・清浄)を音訳したものである。作られた国によって中国鐘、朝鮮鐘高麗鐘・新羅鐘)、和鐘(日本鐘)と呼ばれる。

仏教インドに起源を持ち、アジア各地に広まった宗教であるが、梵鐘に関してはその祖形をインドに求めることは困難であり、中国古代青銅器にその源流が求められる。時代から制作されている「編鐘」(へんしょう)という青銅器が梵鐘の源流と推定されているが、この「鐘」は全体に小型で、その断面形状は後世の梵鐘のような円形ではなく、杏仁形(アーモンド形)である[1]。中国製の梵鐘の古例としては、奈良国立博物館所蔵の太建7年(575年)の銘をもつ作品がある。この太建7年銘鐘は、断面が円形であること、縦横の帯で鐘身を区切ること、鐘身を懸垂するフックの部分を龍身とすること、撞座を蓮華文とすることなどが後世の日本の梵鐘と共通しており、その祖形と目される。ただし、「乳」と呼ばれる突起状の装飾を付けない点は日本の梵鐘と異なっている。

梵鐘の日本への渡来については、日本書紀に大伴狭手彦(おおとものさでひこ)が562年、高句麗から日本に持ち帰ったとの記録が残っているが、現存遺品でこの時代にまでさかのぼるものはない。京都妙心寺の梵鐘(国宝)は、内面に戊戌年(698年)筑前糟屋評(現在の福岡市東区か)造云々の銘があり、製作年代と制作地の明らかな日本製の梵鐘としては最古のものとされている。

高麗時代以前の朝鮮鐘は朝鮮半島のほか日本にも多数伝来し、福井県常宮神社の鐘が年代の明らかなものとしては最古(唐の大和7年・833年)とされている。日本の梵鐘は中国の様式を倣ったものが大半で、朝鮮鐘を倣ったものはごく例外的なものとされている。

梵鐘の主な役割は本来は法要など仏事の予鈴として撞(つ)く仏教の重要な役割を果たす。朝夕の時報(暁鐘 - ぎょうしょう、昏鐘 - こんしょう)にも用いられる。ただし、梵鐘は単に時報として撞かれたものではなく、その響きを聴く者は一切の苦から逃れ、悟りに至る功徳があるとされる。こうした梵鐘の功徳については多くの鐘の銘に記されている。

青銅製が多いが、小型のものにはまれに製もある。小型のもの(一説には直径1尺7寸以下)は半鐘(喚鐘、殿鐘)といい、高い音で、用途も仏事以外に火事などの警報目的でも使われる。

響きをよくするために鋳造の際、指輪)を入れることがあるといわれ、江戸時代には小判を鋳込んだ例もある。雅楽と鐘の関係を記す文献もある。

日本では第二次世界大戦時に出された金属類回収令により、文化財に指定されているものなど一部の例外を除き、数多くの梵鐘が供出され、鋳潰された。これにより、近代や近世以前に鋳造された鐘の多くが溶解され、日本の鐘の9割以上が第二次世界大戦時に失われたという[2]

最近では特に都市部で梵鐘の音を騒音と捉えた人から寺や警察に梵鐘を付く事をやめるよう苦情が来ることが増え、撞き手がいない寺が増えていることもあって、除夜の鐘も含めて梵鐘を撞く寺が減ってきている。

撞き手に代わる策として、奈良県の上田技研産業株式会社が開発した自動撞木を導入する寺が増えている。この装置は、撞木の中にモーターとバネが組み込まれており、鐘を撞く時間が近付くとモーターがバネを圧縮し、解放した時に発生する力を利用して、押し出す形で撞くようにできている。ただし、これだけでは撞木が揺れ動いたままなので、バネの圧縮と同時に上部に取り付けられたアームが下がり、先端のローラーで撞木を上から押さえ付けて、鐘を撞いた後の動きを抑制し、すぐにまた鐘が撞けるようにしている。もちろん、これまで通りに撞き紐で撞くことも可能である。

和鐘の形式[編集]

和鐘の場合、鐘身は上帯・中帯・下帯と称される3本の横帯で水平方向に区切られるとともに、垂直方向にも縦帯と称される帯で区切られる。縦帯は通常4本で、鐘身を縦に4分割する(近世の鐘には5本の縦帯をもつものもある)。上帯と中帯の間の空間は、上部を「乳の間」(ちのま)、下部を「池の間」と称する。「乳の間」には「乳」と称する突起状の装飾を並べる。「池の間」は無文の場合もあるが、ここに銘文を鋳出(または刻出)したり、天人像、仏像などの具象的な図柄を表す場合もある。中帯と下帯との間のスペースは「草の間」と呼ばれる。鐘身の撞木が当たる位置には通常2箇所の撞座(つきざ)が対称的位置に設けられる(まれに4箇所に撞座を設ける例もある)。撞座の装飾は蓮華文とするのが原則である。

和鐘の基本的形状は奈良時代から江戸時代まで変わりがないが、細部には時代色が表れている。梵鐘の時代を判別する大きなポイントの1つは撞座と龍頭[3]との位置関係である。奈良時代から平安時代前期の鐘では、2つの撞座を結ぶ線と龍頭の長軸線とは原則として直交している。すなわち、鐘の揺れる方向と龍頭の長軸線とは直交する。これに対し、平安時代後期以降の鐘においては龍頭の取り付き方が変化しており、2つの撞座を結ぶ線と龍頭の長軸線とは原則として同一方向である。すなわち、鐘の揺れる方向と龍頭の長軸線とは一致している(若干の例外はある)。また、奈良時代から平安時代前期の鐘では撞座の位置が高く、鐘身の中央に近い位置にあるのに対し、平安時代末期以降の鐘では撞座の位置が下がる傾向がある。

日本の著名な梵鐘[編集]

国家安康の鐘とその銘文(京都方広寺

奈良時代の梵鐘[編集]

梵鐘研究家の坪井良平は以下の16口を奈良時代鐘としている[4]

国宝の梵鐘[編集]

その他の著名な梵鐘[編集]

  • 東京・品川寺(鐘楼) - 四代将軍徳川家綱寄進。幕末に万博出品されるも行方不明となり、昭和5年に返還された。
  • 東京・浅草寺(弁天山) - 「花の雲 鐘は上野か浅草か」(松尾芭蕉)の句で有名。
  • 愛知・久国寺(天長山) - 芸術家・岡本太郎が製作。
  • 滋賀・園城寺(三井寺)(鐘楼) - 「三井の晩鐘」の別名あり。音色の良さで知られ、三大梵鐘ともいわれる。
  • 滋賀・園城寺(三井寺) - 通称「弁慶の引き摺り鐘」
  • 京都・方広寺(鐘楼) - 銘文中の「国家安康」の句が徳川家康の豊臣への怒りを買ったとされる。
  • 京都・知恩院(鐘楼)
  • 兵庫・佛教之王堂[念仏宗 総本山](北鐘楼・南鐘楼) - 重さ48t[6]の大梵鐘が2口 ㈱老子製作所 第12代老子次右衛門が製作。
  • 熊本蓮華院誕生寺(鐘楼) -  大きさ、重量ともに世界一[要出典]の大梵鐘がある。口径九尺五寸、高さ十五尺、重量一万貫。昭和五十二年鋳造。鋳造元は岩澤の梵鐘
  • 和歌山県日高郡日高川町道成寺:梵鐘がないことで有名、安珍・清姫伝説に基づく。
  • 静岡・紇哩岡寺?(袋井市) - 1983年に茶畑から出土した。平治元年の銘文があり、銘文がある梵鐘としては全国で12番目の古さ。[1]

文学の中の梵鐘[編集]

歌川国芳の「弁慶比叡山へ引き摺り上げる図」(滋賀県大津市三井寺所蔵)

梵鐘に関わる音楽[編集]

  • 涅槃交響曲黛敏郎) - オーケストラと合唱のための作品だが、オーケストラで梵鐘の響きを表現しようとしている。

鐘楼[編集]

鐘楼(しょうろう・しゅろう)は鐘突堂(かねつきどう)、釣鐘堂(つりがねどう)とも呼ばれ、梵鐘を設置して撞く専用の建造物である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 発掘された古代遺物として編鐘は有機音工房/編鐘のページを参照のこと。ギャラリー中に示すウィキペディアのストック画像の編鐘は後世に楽器として製作されたもので、断面が杏仁形をしていない。
  2. ^ 坪井良平『梵鐘と古文化』ビジネス教育出版社、1993、p5
  3. ^ 鐘を吊るための上部の突起、フック。本来は蒲牢をかたどっている。詳細は蒲牢の項目を参照。
  4. ^ 坪井良平『梵鐘と古文化』ビジネス教育出版社、1993、による
  5. ^ 1980年(昭和55年)11月25日発売の60円普通切手の意匠となった。
  6. ^ a b 製作者の㈱老子製作所 会長の記事より (北日本新聞〔平成21年5月4日 9頁〕)

参考文献[編集]

  • 坪井良平『梵鐘と古文化』ビジネス教育出版社、1993年10月、ISBN 4828308105

関連文献[編集]

  • 安倍李昌『雅楽がわかる本』
  • 浦井祥子『江戸の時刻と時の鐘』岩田書院、2002年2月、ISBN 4872942434
  • 姜健栄『梵鐘をたずねて 新羅・高麗・李朝の鐘』アジアニュースセンター、1999年3月
  • 姜健栄『李朝の美 仏画と梵鐘』明石書店、2001年2月、ISBN 4750313734
  • 川端定三郎(編)『岡山の梵鐘』日本文教出版、1984年9月、ISBN 4821251124
  • 小泉功、青木一好(共著)『大江戸・小江戸川越時の鐘ものがたり』子どもと教育社、2001年8月、ISBN 4901313045
  • 坂内誠一『江戸最初の時の鐘物語』流通経済大学出版会、1999年2月、ISBN 494755312X
  • 笹本正治『中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界』名著出版、1990年11月、ISBN 4626013910 / 2003年3月、ISBN 4626016693
  • 坪井良平『梵鐘と考古学』ビジネス教育出版社、1989年10月、ISBN 4828308040
  • 坪井良平『梵鐘の研究』ビジネス教育出版社、1991年7月、ISBN 4828308059
  • 坪井良平『永遠に生き続ける文化遺産 歴史考古学の研究』ビジネス教育出版社、1984年10月、ISBN 482838409X
  • 坪井良平『忘れられた文化財を探る 梵鐘の研究』ビジネス教育出版社、ISBN 4828308059
  • 奈良国立文化財研究所編『梵鐘研究資料の集大成 梵鐘実測図集成』(全二巻)、ビジネス教育出版社、ISBN 4828308679
  • 長谷進『寒雉 鋳物師宮崎三代』能登中居鋳物館、2000年9月、ISBN 4833011190
  • 眞鍋孝志・花房健次郎(共著)、日本古鐘研究会編『梵鐘遍歴 霊場の古鐘をたずねて』ビジネス教育出版社、2001年10月、ISBN 4828308210 / 第二刷: 2002年4月、ISBN 4828308237
  • 吉村弘『大江戸時の鐘音歩記』春秋社、2002年12月、ISBN 4393934741

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

除夜の鐘