出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海浜の砂
Sand from Pismo Beach, California.

(すな、: sand[1])は、砕屑物のうち、シルトの中間(粒径が2~1/16mm (62.5μm) の粒子)のものをいう[2]岩石風化浸食運搬される過程で生じた岩片や鉱物片などの砕屑物(砕屑性堆積物)から構成され、サンゴ貝殻などの石灰質の化石片を含むこともある。河川の下流、河口海岸海底など、様々な堆積環境下で観察される。

また、岩石を人工的手段で破砕した破砕物のうち、上記定義に該当する粒度のものを指す場合もある。

分類[編集]

地質学の分野においては、砂は粒度、構成鉱物、円摩度、成因、堆積環境等で分類される。

粒径による分類では、以下のように細かく分けられる。粗砂(2〜0.2mm)と細砂(0.2〜0.02mm)に分ける場合もある。

名称 英名 粒径
極粗粒砂 very coarse sand 2〜1mm
粗粒砂 coarse sand 1〜1/2mm (1,000〜500μm)
中粒砂 medium sand 1/2〜1/4mm (500〜250μm)
細粒砂 fine sand 1/4〜1/8mm (250〜125μm)
極細粒砂 very fine sand 1/8〜1/16mm (125〜62.5μm)
Seasand coarse.jpg

粗粒砂

Seasand medium.jpg

中粒砂

Seasand fine.jpg

細粒砂

構成鉱物による分類では、主に石英長石、岩片、有色鉱物に着目して行われる(石英砂など)。構成鉱物の比率は、砂の供給源となった母岩を推定する上で重要な手がかりとなる。

山砂や川砂、火山砂など、堆積環境や成因に着目した分類も行われる。

砂による地形[編集]

  • 砂の堆積する海岸を「砂浜」と呼ぶ。
  • 珊瑚礁などに見られる砂浜などは珊瑚の破砕物である。
  • 砂が丘状に堆積する地形を「砂丘」と呼ぶ。
  • 砂が海に堆積してできる、くちばし型の地形を「砂嘴」と呼ぶ。
  • 砂が海に細長く堆積して出来る地形を「砂州」と呼ぶ。

主な利用法[編集]

別名など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、143頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 『地学事典』 地学団体研究会新版地学事典編集委員会編、平凡社1996年、新版。ISBN 4-582-11506-3

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示