サンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンゴ
Coral Outcrop Flynn Reef.jpg
様々なサンゴ
分類
: 動物界 Animalia
: 刺胞動物門 Cnidaria
: 花虫綱 Anthozoa
和名
サンゴ
英名
Coral
下位分類

刺胞動物門を参照

サンゴ珊瑚)は、刺胞動物門花虫綱に属する動物(サンゴ虫)のうち、固い骨格を発達させるものである。宝石になるものや、サンゴ礁を形成するものなどがある。英語からコーラル (coral) とも。鉱物ではない。

生態・形態[編集]

サンゴは、ポリプと呼ばれる構造をもつ。このポリプが単体で生活するものを「単体サンゴ」、一つのポリプが分裂や出芽を繰り返して生じたクローンが多数集まって生活するものを「群体サンゴ」と呼ぶ。

サンゴの中には体内に褐虫藻という藻類を共生させているものがいる。そのようなものは造礁性サンゴと呼ばれる。造礁性サンゴは褐虫藻から光合成産物を供給されるため比較的成長が早く、サンゴ礁を形成する。造礁性サンゴは光合成により多くのエネルギーを得ているため、光量の多い浅海域に生息する。

褐虫藻と共生を行わないものは非造礁性サンゴと呼ばれる。光合成によるエネルギーを得ないため、非造礁性サンゴには深海に生息するものもいる。

分類[編集]

宝石サンゴ[編集]

元来、珊瑚と呼ばれたのは宝石として使われるサンゴである。深海に生息し、樹枝状の群体を作る。骨格は石灰質で、緻密で固い骨格を作る。花虫綱八方サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科に属し、アカサンゴ、シロサンゴ、モモイロサンゴなどがある。専用の網で漁獲されるが、乱獲による産減が激しいという。

主な宝石サンゴの分類学的な位置づけは以下のとおり。

  • 花虫綱 Anthozoa
    • ウミトサカ亜綱 Alcyonaria (八放サンゴ亜綱 Octocorallia)
      • ヤギ目 (海楊目) Gorgonacea
        • サンゴ亜目 (骨軸亜目,石軸亜目) Scleraxonia
          • サンゴ科 Coralliidae
            • Paracorallium
              • アカサンゴ P. japonicum
            • Corallium
              • ベニサンゴ C. rubrum - 地中海
              • モモイロサンゴ C. elatius - 太平洋
              • ボケサンゴ C. elatius - 英語名 Angel's Skin モモイロサンゴと同種であるが、宝石としては別扱い。
              • シロサンゴ C. konojoi - 浅い海
              • イボモモイロサンゴ C. uchidai - 高知県で採取の希少種
              • ゴトウモモイロサンゴ C. gotoense - 長崎県五島列島
サンゴの骨格

石サンゴ[編集]

六放亜鋼イシサンゴ目のものは、イソギンチャクに似たポリプの構造であるが、隔膜の間に石灰質の骨格を発達させる。群体のものが多いが、単体のものもある。造礁サンゴの大部分がこれに含まれるが、共生藻を持たない非造礁サンゴの種もある。

ヒドロサンゴ[編集]

サンゴモドキ、あるいは偽珊瑚とも。サンゴモドキ目とアナサンゴモドキ目に分ける場合が多い。いずれもヒドロ虫であるが石灰質の骨格を発達させる。特にアナサンゴモドキ類には大きな骨格をつくり造礁サンゴと見なされるものがある。

軟質サンゴ[編集]

大きな群体を作り、骨格を作るものの、細かな骨格がバラバラに入っているような、柔らかな群体を作るものを軟質サンゴ、または英語そのままにソフトコーラルと呼ぶ。

軟質サンゴには、3つのグループがある。

  • ヤギ目のものは、骨質の骨格を持ち、枝状の群体を作り、ヤギ類と呼ばれる。比較的深いところに産し、赤や黄など、鮮やかな色をしているものが多い。取り上げて乾燥させると、簡単にその表面が崩れてしまう。
  • ウミトサカ目は、細かな石灰質の骨片を持つものは、塊状の群体を造る。ウミトサカ、トゲトサカ、ウミキノコなどがある。柄があって、その先にひだ状や、やや樹状の部分があり、ここに個虫が並ぶ。サンゴ礁の海域にも多数生息している。
  • ウミエラ目のものは、砂や泥の海底に足を差し込んで、海底から立ち上がり、多数のポリプを並べる。

進化[編集]

サンゴはカンブリア紀(約5億4200万年前)に出現した。この頃、サンゴはそれほど栄えてはいなかった。オルドビス紀になると床板サンゴや四射サンゴが出現し、分布を広げた。床板サンゴはシルル紀中期から衰退を始め、ペルム紀末に絶滅した。四射サンゴはシルル紀中期まで繁栄し、三畳紀初頭に絶滅した。六射サンゴはオルドビス紀から存在が確認されている。 床板サンゴや四射サンゴの骨格はカルサイトで構成されている。これに対し、六射サンゴの骨格はアラゴナイトで構成されている。それ故、六射サンゴの方が新しい時代に生きていたにもかかわらず、化石記録は床板サンゴや四射サンゴの方が豊富である。

サンゴの危機[編集]

サンゴの生育環境には悪化がみられ悪影響を与えている要因として自然的要因と人為的要因がある[1]

白化現象[編集]

近年、沖縄県八重山諸島近海や世界遺産に認定されたサンゴ礁であるオーストラリアグレートバリアリーフでは海水温の上昇が原因とみられるサンゴの白化現象が発生し、大きな問題となっている。サンゴは海水温が30度を越すと、サンゴと共生する褐虫藻が減少し、白化現象が発生する。サンゴは、この褐虫藻の光合成に頼ってエネルギーを補給しているが、これが失われるとサンゴは白化し、長期間続くとサンゴは死滅する。この被害が顕著であった1998年2007年はマスコミからも大きく取り上げられ、サンゴの危機が全国に報じられた。この海水温上昇の原因は地球温暖化が関係しているとされているが、1998年と2007年は東南アジアからフィリピンの東沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象が発生しており、八重山諸島近海の海水温も平年より高い状態であり、30度を越す海域も例年以上に広かったことも原因として挙げられている。

また、日焼け止めに含まれるパラベンなどの成分が引き金となり低濃度でもサンゴの白化を誘発することが確かめられており、また、藍藻に有害なウイルスの増殖の誘発が同時に確認されているという[2]。 しかし、サンゴの専門家であるRobert van Woesikによれば、この研究は実際の環境を反映しておらず、サンゴは白化を起こすほどの濃度にさらされないだろうとしている[3]

食害被害[編集]

サンゴを食害する生物はオニヒトデ、近年では熱帯産の巻貝であるヒメシロレイシガイダマシが知られている。南西諸島以外でも西日本の太平洋側にもサンゴは分布しているが、南九州四国地方では1980年代後半頃からヒメシロレイシガイダマシの増加に伴って西日本のサンゴが大きな被害を受けている。宮崎県日向海岸や高知県沖では壊滅的な被害を受けたサンゴ礁もあり、これらのサンゴ礁を保全するために駆除活動が行われている。

飼育[編集]

人工海水を用いたアクアリウムで飼育されているサンゴ(京都水族館

観賞用・研究用などの目的で、サンゴを飼育しているケースがある。

清浄な海を再現するために、人工海水やろ過装置を用いたアクアリウムで飼育される。高温を嫌う動物のため、夏場に水温を下げるクーラーを設置する場合も多い。共生する褐虫藻の光合成が飼育上重要であるため、メタルハライドランプなどの強力な光源を使用することも多い。設備さえ揃えれば、一般家庭での飼育も可能であり、アマチュアのマリンアクアリストでも、サンゴを飼育している人がいる。

リーフ・アクアリウム[編集]

サンゴをメインとした水槽を「リーフアクアリウム」と呼ぶ。サンゴだけではなく、サンゴ礁に住む水生生物も一緒に飼育される場合が多い。サンゴを含むサンゴ礁の生物は、清浄な海水を好むものが多いため、飼育設備には「ベルリン式アクアリウム」「モナコ式アクアリウム」など、濾過能力が高い特殊な設備が用いられる場合が多い。これらのシステムは、「ライブロック」と呼ばれるサンゴ礁から採集された石や、サンゴ砂、ろ過材などを大量に使用し、自然界の浄化システムを再現した循環システムである。これらのシステムが用いられた水槽は、長期間(数ヶ月から一年以上)の間、水換えが不要なものも存在する。

飼育されるサンゴ[編集]

ミドリイシ、アワサンゴ、ディスクコーラル、ヒユサンゴ、ナガレハナサンゴなどが飼育されている。

飼育用に海洋資源を採集することの問題点[編集]

飼育するためにサンゴを採集すること、特に、一般愛好家のためのペットとしてサンゴを採集することには、環境保護・生物種保護の観点から批判されることがある。沖縄県漁業調整規則では、沖縄海域における造礁サンゴ類の採捕を禁止しているが、沖縄海域固有のサンゴ類が外国産などとして国内の観賞魚店などで販売されていた例がある。同規則では、規則に反して採捕されたサンゴ類の所持・販売も禁止している。

移植・植付け[編集]

環境保護活動や環境教育イベントとして、「サンゴを植える」サンゴの移植が行われることが多いが、地域ごとの遺伝的多様性の観点から、現地遺伝子を守るため異なる地域からのサンゴの移入には慎重であるべきであること、移植した海域の環境条件がサンゴの育成にとって好ましくなければ、結局そのサンゴは死滅してしまうこと、親サンゴ(ドナー)を損傷する恐れがあることなどから、日本サンゴ礁学会ではサンゴの移植を奨励していない。このことから、2004年11月、日本サンゴ礁学会は造礁サンゴの移植に関してのガイドラインを発表した。

2010年には養殖したサンゴの移植を題材とした映画てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜」が公開されている。

宝石としてのサンゴ[編集]

日本の宝石協会においては3月誕生石である。結婚35周年を珊瑚婚式ともいう。仏教における七宝の一つ。

古くから珊瑚が珍重され密輸や乱獲が大きな問題となっている中国の申し入れにより、Paracorallium japonicum (アカサンゴ), Corallium elatius (モモイロサンゴ), Corallium konjoi (シロサンゴ), Corallium secundum (ミッドサンゴ)の四種が「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」によりワシントン条約附属書Ⅲ類に掲載され、2008年7月1日より国際輸出の際は輸出国管理当局が発行する輸出許可書、または原産地証明書等が必要とされている。

ギリシア神話によると、英雄ペルセウスが怪物メドゥーサの首を掻き切った時、溢れた血からペガサスが、地中海に滴り落ちた血の雫から珊瑚が生まれたとされている。 ローマ時代から護符として愛用された。 12世紀カスティリヤアルフォンソ10世がまとめた『宝石誌』には、珊瑚は金星と月に結びついた宝石と書かれており、イタリアの農婦の間の俗信では持ち主の女性の月経の間は珊瑚の色が褪せると考えられていた。伝統的に金星は肉体的な愛を司るヴェヌス、月は妊娠をつかさどるダイアナに結びつく惑星とされている。 イタリアでは古くから地中海の珊瑚C. rubrum(ベニサンゴ)を使った工芸が発達し、海にちなむことから船乗りや血のような赤い色から妊婦の厄除けとして珍重されてきた歴史がある。 赤い珊瑚で角を象った「コルノ」という護符は厄除けとして現在でもよく好まれる。中世の夢判断においては夢に珊瑚が現れると病から回復する予兆であるとされた。

一方で、珊瑚の色が褪せることは持ち主の健康が脅かされている予兆だと恐れられていた。 1584年にイワン雷帝に謁見したサー・ジェローム・ホーシーは、皇帝が美しい珊瑚をホーシーの手に取らせて間違いなく美しい色合いをしていると確認させた後、自分の手に乗せた珊瑚が「棺衣の色」に白く褪せて自分の死を予知している。と言ったと記録している。三年前に癇癪から妊娠中の皇太子妃を蹴り殺し、妻を助けようとした皇太子を撲殺、皇太子妃の身ごもっていた初孫をも殺害しており失意の底にあった皇帝は、ホーシーが謁見して間もない1584年の3月18日に自らの言葉通り発作を起こして死んだ。

日本では、奈良時代以来シルクロードを渡ってきた地中海産珊瑚を珍重していたが、産地イタリアでは地中海珊瑚は乱獲が原因により絶滅に近い状態に陥り代替品が求められていた。 19世紀、土佐沖でシロサンゴが発見されるや否や、インドに駐留していたイタリア商人が中国商人を通じて買い付けイタリアに送った。次いで、土佐沖でアカサンゴ・モモイロサンゴが発見されるにいたり、日本が開国を決めるとイタリアの珊瑚商人が自ら買い付けに土佐に乗り込みイタリアの人々は久方ぶりに輝くような赤や桃色の珊瑚を手に取れるようになった。

日本産珊瑚のうち、日本、中国、台湾で最も人気があるのはアカサンゴで、そのうちでも深みのある赤を市場では血赤珊瑚(アメリカでは「オックスブラッド」ヨーロッパでは「トサ」などの名称で呼ばれることがある)と呼んで最高ランクとされ、台湾や中国の富裕層に人気が高く2国の発展に伴い値段の高騰が激しい。 モモイロサンゴは桃色の名を冠するものの朱色から桜色まで色調が広くアカサンゴより大型のものが多いので広く使われる。ヨーロッパではアカサンゴより本種が人気。本種も含め透明感のある淡いピンク色のものは市場では天使の肌という意味の「エンジェルスキン」とロマンチックな名で呼ばれるが、日本の流通業界では「ボケ」と呼ばれている。一般的に植物のボケの花の色に由来するといわれるが、商売上手のイタリア人が日本人や中国人の仲買人を騙すために「色がぼけていて安価でしか買いとれない」と嘘をついて安く仕入れて大もうけしたという俗説もあり、正確な語源はいまだに不明。

その他の利用[編集]

  • 基本的な主成分が炭酸カルシウムである風化サンゴ粒は、浄水剤や天然カルシウムの食品添加物として1980年代から使われている。また、人工骨の素材としても利用されている。
  • 風化サンゴ粒をセラミック化し、摩擦力、圧力、超音波振動エネルギーなどを与えると、マイナスイオン空気を発生させることができる、などと謳った商品がいくつか発売されている。

サンゴに由来する命名[編集]

2005年4月1日、沖縄県具志川市石川市中頭郡勝連町与那城町の2市2町が合併してうるま市が誕生した。新市名はウチナーグチ(沖縄方言)の「サンゴ(ウル)の島(マ)」、「宇流麻(うるま)」に由来する。ただし、「宇流麻」は、鬱陵島台湾のことであるとも言われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g サンゴ礁の望ましい水質を考える”. 沖縄県衛生環境研究所. 2013年5月16日閲覧。
  2. ^ “日焼け止めでサンゴが白化 伊大学、実験で確認”. 共同通信. (2008年2月16日). http://www.47news.jp/CN/200802/CN2008021601000147.html 2013年1月11日閲覧。 
  3. ^ “Swimmers' Sunscreen Killing Off Coral”. National Geographic. (2008年1月29日). http://news.nationalgeographic.com/news/2008/01/080129-sunscreen-coral.html 2013年1月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]