花虫綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花虫綱
Scheibenanemonen (Actinodiscus spec).jpg
イシサンゴの一種(Scleractinia
分類
: 動物界 Animalia
: 刺胞動物門 Cnidaria
: 花虫綱 Anthozoa
学名
Anthozoa
Ehrenberg、1831年
亜綱
カリフォルニアのGiant green anemone

花虫綱(かちゅうこう、Anthozoa)は、イソギンチャクサンゴを含む、刺胞動物門の一分類。他の刺胞動物と異なり、花虫綱は、その発生の段階においてクラゲの時期を経ない。その代わりに、精子卵子を放出してそれらがプラヌラを形成し、基質に付着して成長する。出芽などにより無性生殖で増えるものもある。

刺胞動物門の動物は、刺胞で食物を捕捉する。イソギンチャクは魚を食べ、サンゴはプランクトンを食べる。造礁サンゴなどのように藻類渦鞭毛藻共生する種もいる。褐虫藻はホストが排出する窒素化合物二酸化炭素を得、その代わりにホストは光合成の能力を得たり炭酸カルシウムの生産量を増やしたりできる[1]

イソギンチャクやある種のサンゴは単独で生活するが、多くのサンゴは遺伝的に同一のポリプからなる群体を作る。そのようなポリプは形態的にはイソギンチャクによく似ているが、遙かに小さい。

分類[編集]

系統[編集]

 六放サンゴ亜綱 

ハナギンチャク目




イソギンチャク目



ツノサンゴ目



ホネナシサンゴ目



イシサンゴ目



スナギンチャク目




 八放サンゴ亜綱 

ウミトサカ目



アオサンゴ目



ウミエラ目



花虫綱の系統

花虫綱は、八放サンゴ亜綱六放サンゴ亜綱に分類される。これらは単系統群で、ポリプの構造が8軸または6軸で対称である[2]。かつてはハナギンチャク目も亜綱の1つだと考えられていたが、ハナギンチャク目クロサンゴ目は、現在では六放サンゴ亜綱に含められている。六放サンゴ亜綱にはその他にイソギンチャク目スナギンチャク目イシサンゴ目などが含まれる。リボソームDNAの研究によると、ハナギンチャク目は単系統群で最も古い[3]

八放サンゴ亜綱は、ウミエラ目ウミトサカ目アオサンゴ目を含む。ウミウチワウミトサカ目の一種であるが、以前は別の目に分けられていた[4]

多くの絶滅したサンゴは、カルシウムの殻の化石によって分類される。現在のイシサンゴ目と似た祖先を持っていると考えられ、5億7000万年前から2億4500万年前の古生代の頃から生息していた[5][6]

  • Numidiaphyllida †
  • Kilbuchophyllida †
  • Heterocorallia †
  • Rugosa †
  • Heliolitida †
  • Tabulata †
  • Cothoniida †
  • Tabuloconida †

出典[編集]

  1. ^ Contribution to the BUFUS Newsletter, Field excursion to Milne Bay Province - Papua New Guinea, Madl and Yip 2000
  2. ^ France, S. C., P. E. Rosel, J. E. Agenbroad, L. S. Mullineaux, and T. D. Kocher (March 1996). “DNA sequence variation of mitochondrial large-subunit rRNA provides support for a two subclass organization of the Anthozoa (Cnidaria)”. Molecular Marine Biology and Biotechnology 5 (1): 15–28. PMID 8869515. 
  3. ^ Chen, C. A., D. M. Odorico, M. ten Lohuis, J. E. N. Veron, and D. J. Miller (June 1995). “Systematic relationships within the Anthozoa (Cnidaria: Anthozoa) using the 5'-end of the 28S rDNA”. Molecular Phylogeny and Evolution 4 (2): 175–183. doi:10.1006/mpev.1995.1017. PMID 7663762. http://www.sciencedirect.com/science?_ob=MImg&_imagekey=B6WNH-45R889V-14-1&_cdi=6963&_user=10&_orig=search&_coverDate=06%2F30%2F1995&_qd=1&_sk=999959997&view=c&wchp=dGLbVzz-zSkzV&md5=531282d4acffe5b53431d2dcb91df8a8&ie=/sdarticle.pdf. 
  4. ^ Daly, M.; Brugler, M.P., Cartwright, P., Collins, A.G., Dawson, M.N., Fautin, D.G., France, S.C., McFadden, C.S., Opresko, D.M., Rogriguez, E., Romano, S.L. & Stake, J.L. (2007). “The phylum Cnidaria: A review of phylogenetic patterns and diversity 300 years after Linnaeus”. Zootaxa 1668: 1-766. ISSN 1175-5326. http://www.nhm.ku.edu/inverts/pdf/daly%20et%20al%20Zootaxa.pdf. 
  5. ^ Oliver, W. A., Jr. (1996). “Origins and relationships of Paleozoic coral groups and the origin of the Scleractinia”. In G. D. J. Stanley (ed.). Paleobiology and Biology of Corals. Columbus, Ohio: The Paleontological Society. pp. 107–134. 
  6. ^ Ben Kotrc (2005年). “Anthozoa: Subgroups”. Fossil Groups. University of Bristol. 2009年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]