ボケ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボケ
ボケ
満開のボケの花(2007年4月13日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Amygdaloideae
: リンゴ連 Maleae
: ボケ属 Chaenomeles
: ボケ Chaenomeles speciosa
学名
Chaenomeles speciosa
(Sweet) Nakai[1]
シノニム

Chaenomeles lagenaria Koidz.[2]

英名
flowering quince

ボケ(木瓜、学名: Chaenomeles speciosa)は、バラ科ボケ属落葉低木果実に似ており、になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも言われる。

学名の speciosa は、「美しい」、「華やか」、Chaenomeles は「chaino(開ける)+ melon(リンゴ)」が語源

日本に自生するボケは、クサボケといわれる同属の植物。

形態・生態[編集]

樹高は1 - 2m。若枝は褐色があり、古くなると灰黒色。樹皮は縦に浅く裂け、小枝はとなっている。

は長楕円形・楕円形。長さ5 - 9cmで、鋭頭でまれに鈍頭。基部はくさび形で細鋭鋸歯縁。

は3 - 4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。

分布・生育地[編集]

原産地は中国大陸

日本では帰化植物平安時代)。本州から四国九州にかけて植栽、または自生。温暖地でよく育ち、北海道南部では種類が限定される。

人間との関わり[編集]

庭園樹としてよく利用され、添景樹として花を観賞する目的で植栽される。盆栽にも用いられる。好陽性で土壌を選ばず、移植は容易だが、大気汚染潮害にはさほど強くない。

果実を果実酒などにすることもある。

花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」。

クサボケ[編集]

クサボケ(草木瓜、学名: Chaenomeles japonica: Japanese quince)は、バラ科ボケ属の一つ。50cmほど。実や枝も小振り。本州や四国の日当たりの良い斜面などに分布。シドミ、ジナシとも呼ばれる。花は朱赤色だが、白い花のものを白花草ボケと呼ぶ場合もある。果実はボケやカリン同様に良い香りを放ち、果実酒の材料として人気がある。減少傾向にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Chaenomeles speciosa”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月5日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Chaenomeles lagenaria”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花1』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、645頁。ISBN 4-635-07003-4
  • 林将之 『葉で見わける樹木 増補改訂版』 小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、62-63頁。ISBN 978-4-09-208023-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]