小泉源一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小泉源一(前)。奥は竹内敬

小泉 源一(こいずみ げんいち、1883年11月1日[1] - 1953年12月21日[2])は、日本植物学者日本植物分類学会の創立者で、日本の植物分類学の基礎を築いた一人である。

概要[編集]

1905年、東京帝国大学(現:東京大学)に、選科生として入学。松村任三に師事し植物分類学を学んだ[1]。1908年に卒業、1916年に理学博士を取得[1]

東京大学の嘱託教員を経て、1919年から京都大学の助教授となり、植物学教室を創設[1]、のちに教授となる。1927年には、中井猛之進とともに『大日本樹木誌』を刊行。

1943年に還暦を迎えたことを記念して、その翌年の1944年、日本植物分類学会の機関紙『植物分類・地理』から、「小泉博士還暦記念号」が刊行された。また同じ頃、定年のため京都大学を退官[2]

1953年12月20日に、脳血管破裂で意識不明となり、その翌日に死去[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 北村四郎(1982)「小泉源一先生(1883-1953)を思う」植物分類・地理 33 p.4
  2. ^ a b c 北村四郎(1954)「小泉源一先生を追悼する」植物分類・地理 '15(4) pp.97-98

関連項目[編集]