バラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラ科
Rosa rugosa Bluete.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
学名
Rosaceae Juss.1789
タイプ属
Rosa L.[1]
和名
バラ科
亜科

バラ科 (Rosaceae) はバラ目に属する植物の一つ。およそ90属2500種を含む[2]

特徴[編集]

科名の由来であるバラを始め、野草・栽培種とも多彩な種を含む。花弁・がくは5枚、雄蕊は10本ないし多数あり、雌蕊は1本のものから多数分立するものまで多様。葉は単葉または複葉で根元に托葉がある。

サクラウメモモなど日本で古くから親しまれている花木類、また、イチゴリンゴビワなど果実、アーモンドなど種子が食用であるものも多い。

分類[編集]

大きく3亜科に分けられる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Rosaceae Juss. Tropicos
  2. ^ rosaceae in apweb”. 2014年4月6日閲覧。
  3. ^ Potter, Daniel and Eriksson, Torsten and Evans, Rodger C and Oh, S and Smedmark, JEE and Morgan, David R and Kerr, Malin and Robertson, Kenneth R and Arsenault, Matthew and Dickinson, Timothy A and others (2007). “Phylogeny and classification of Rosaceae”. Plant systematics and evolution 266 (1-2): 5-43. doi:10.1007/s00606-007-0539-9. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]