カリン (バラ科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリン
カリンの花
カリン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : ナシ亜科 Maloideae
: ボケ属 Chaenomeles
: カリン C. sinensis
学名
Chaenomeles sinensis
和名
カリン(榠樝、花梨)
果実
二つ割にしたカリン

カリン(榠樝、学名:Chaenomeles sinensis)とはバラ科落葉高木である。その果実はカリン酒などの原料になる。マメ科のカリン(花梨)とは全くの別種である。ボケ属(Chaenomeles)としての表記が多いが,C. K. Schneider はカリン属(Pseudocydonia)として一属一種説を発表している[1]。マルメロ属(Cydonia)の果実も「かりん」と称されることがあるが,正しくはマルメロである。見分け方は下掲の外部リンクなど参照。

別名、安蘭樹(アンランジュ)。中国では「木瓜」と書く。ボケ属の学名は,ギリシャ語の「chaino(開ける)+melon(リンゴ)」が語源で、「裂けたリンゴ」の意味。果実は生薬名を和木瓜(わもっか)という(但し和木瓜をボケクサボケとする人もあるし、カリンを木瓜(もっか)とする人もいる。これらカリン、ボケ、クサボケは互いに近縁の植物である)。 なお,日本薬局方外生薬規格においてカリンの果実を木瓜として規定していることから,日本の市場で木瓜として流通しているのは実はカリン(榠樝)である[2]

特徴[編集]

原産は中国東部で、日本への伝来時期は不明。花期は3月〜5月頃で、5枚の花弁からなる白やピンク色の花を咲かせる。葉は互生し倒卵形ないし楕円状卵形、長さ3〜8cm、先は尖り基部は円く、縁に細鋸歯がある。

未熟な実は表面に褐色の綿状の毛が密生する。成熟した果実は楕円形をしており黄色で大型、トリテルペン化合物による芳しい香りがする。10〜11月に収穫される。実には果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含む。適湿地でよく育ち、耐寒性がある。

花・果実とも楽しめ、さらに新緑・紅葉が非常に美しいため家庭果樹として最適である。語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いとも言われる。

利用[編集]

カリンの果実に含まれる成分はなど炎症に効くとされ、のど飴に配合されていることが多い。渋く石細胞が多く堅いため生食には適さず、砂糖漬けや果実酒に加工される。加熱すると渋みは消える。

加工[編集]

  • 砂糖漬け
  • 果実酒1 アルコール度数の高い酒にスライスしたカリンを漬け込む。

薬用[編集]

木材[編集]

比較的固い事から、材木として利用される。

生産地[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Schneider, C. K. (1906) Species varietatesque Pomacearum novae. Repertorium novarum specierum regni vegetabilis 3: 177-183.
  2. ^ 漢方のくすりの事典 -生薬・ハーブ・民間薬-,医歯薬出版株式会社,2004年 第1版第7刷発行
  3. ^ 話題の食品成分の科学情報:アミグダリンについて” (日本語). 国立健康・栄養研究所 (2009年2月19日). 2011年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]